真鳥類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真鳥類
生息年代:
白亜紀初期現在,[1] 130.7–0 Ma
Fossil specimen (DNHM D2945 6) of Hongshanornis longicresta.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
階級なし : 真鳥類 Euornithes
学名
Euornithes Cope1889
下位グループ

真鳥類(Euornithes、ギリシャ語で「真の鳥」を意味する)あるいは真鳥亜綱(しんちょうあこう)は、シノルニス(Sinornis )より現生鳥類に近縁である鳥群の最も近い共通の祖先含むクレードである。白亜紀前期頃に分岐したと見られる。知られている最古の種は、白亜紀前期(1億1000万年前ごろ)のガンスス (Gansus) という水鳥である。白亜紀後期のイクチオルニスヘスペロルニス、及び、現生鳥類を含む。

イクチオルニスやヘスペロルニスの系統は白亜紀末に絶滅しており、現生鳥類の祖先ではない。

説明[編集]

クラーク(2006)らは、現在知られている最も原始的な真鳥類(Yanornithiformes)は、現生鳥類と同じような機能と原始的な機能を合わせ持っていた。これらの種は腹肋骨と恥骨結合のような原始的な特徴を持ちつつ、現生鳥類で見られる尾端骨が初めて見られた。Yixianornis (IVPP 13631)のタイプ標本では、現生鳥類と同じ配置で8本の細長い尾羽が保存されていた。これより以前の尾端骨類(Pygostylia)では、この尾羽を持った種は知られていない。その代わり、対になった羽毛または短い羽の房が見られた[2]

分類[編集]

真鳥類の名は、1889年にエドワード・ドリンカー・コープによって初めて命名された。ポール・セレーノは、1998年に真鳥類をエナンティオルニス類(シノルニスなど)より鳥類に近縁であるすべての動物のクレードとして定義した。この定義は、別の広く使われている名前である真鳥形類(Ornithuromorpha)を包括している。真鳥形類は、1999年にルイス・キアッペ(Luis M. Chiappe)によって、PatagopteryxヴォロナOrnithuraeに加えてそれらの子孫のすべての共通の祖先として命名かつ定義された。









体系図[編集]

以下の体系図は、 Leeらにより分析された結果に基づいたものである[3]

鳥胸類

エナンティオルニス類


真鳥類

Archaeorhynchus




Jianchangornis




Zhongjianornis




Chaoyangia




Schizooura


真鳥形類


Patagopteryx



ヴォロナ





Ambiortus




†Songlingornithidae




†Hongshanornithidae




Apsaravis




Gansus




Hollanda


オルニトゥラエ類

イクチオルニス




ヘスペロルニス




Limenavis



現生鳥類


















真鳥類に属する鳥類[編集]

以下のリストは原始真鳥類の属名である。特に断りのない限り Holtz (2011) による[4]

  • Alamitornis
  • Changmaornis[5]
  • Changzuiornis[6]
  • Dingavis[6]
  • Gargantuavis
  • Horezmavis
  • Iteravis[6]
  • Hulsanpes?
  • Juehuaornis[6]
  • Jiuquanornis [5]
  • Platanavis
  • ウィレイア?
  • Yumenornis[5]
  • Xinghaiornis[6]
  • Zhyraornis

Holtzは Eurolimnornis属とPiksi属を真鳥類に含めたが、それらは、翼竜として再配置されている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Min Wang, Xiaoting Zheng, Jingmai K. O’Connor, Graeme T. Lloyd, Xiaoli Wang, Yan Wang, Xiaomei Zhang and Zhonghe Zhou (2015). “The oldest record of Ornithuromorpha from the Early Cretaceous of China”. Nature Communications 6: Article number 6987. doi:10.1038/ncomms7987. PMID 25942493. 
  2. ^ Clarke, Julia A.; Zhou, Zhonghe; Zhang, Fucheng (2006). “Insight into the evolution of avian flight from a new clade of Early Cretaceous ornithurines from China and the morphology of Yixianornis grabaui. Journal of Anatomy 208 (3): 287–308. doi:10.1111/j.1469-7580.2006.00534.x. PMC 2100246. PMID 16533313. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2100246. 
  3. ^ Lee, Michael SY; Cau, Andrea; Darren, Naish; Gareth J., Dyke (2013). “Morphological Clocks in Paleontology, and a Mid-Cretaceous Origin of Crown Aves”. Systematic Biology (Oxford Journals) 63 (3): 442–9. doi:10.1093/sysbio/syt110. PMID 24449041. 
  4. ^ Holtz, Thomas R. Jr. (2012) Dinosaurs: The Most Complete, Up-to-Date Encyclopedia for Dinosaur Lovers of All Ages, Winter 2011 Appendix.
  5. ^ a b c Wang, Y.-M. (2013). “Previously Unrecognized Ornithuromorph Bird Diversity in the Early Cretaceous Changma Basin, Gansu Province, Northwestern China”. PLoS ONE 8 (10): e77693. doi:10.1371/journal.pone.0077693. PMC 3795672. PMID 24147058. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3795672. 
  6. ^ a b c d e Huang, J., Wang, X., Hu, Y., Liu, J., Peteya, J. A., & Clarke, J. A. (2016). A new ornithurine from the Early Cretaceous of China sheds light on the evolution of early ecological and cranial diversity in birds. PeerJ, 4: e1765. doi:10.7717/peerj.1765
  7. ^ Federico L. Agnolin and David Varricchio (2012). “Systematic reinterpretation of Piksi barbarulna Varricchio, 2002 from the Two Medicine Formation (Upper Cretaceous) of Western USA (Montana) as a pterosaur rather than a bird”. Geodiversitas 34 (4): 883–894. doi:10.5252/g2012n4a10. http://www.mnhn.fr/museum/foffice/science/science/DocScientifique/publications/presentation/publicationAP/ficheContenu.xsp?CONTENU_ID=4592&PARUTION_ID=2966&PUBLICATION_ID=21&idx=6&nav=listeParution. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]