税率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

税率(ぜいりつ)とは、税額を算定するに当たり課税標準に対する割合をさす。

算出方法[編集]

税率の算出方法には、主に次の2種類の方法がある。

  • 従価税…課税標準が金額で表され、取引価格に所定の税率をかけて税額を算出する。
税率は百分率または分数で表示される。日本江戸時代年貢では、40%の税率を「四公六民」のように表現した。
財源としての永続性に欠ける100%以上の税率はほとんど採用されないが、富裕層を対象とする財産税のような、税収よりもある階層の資産の没収を目的とする税の場合は導入されることもある。1946年に日本で導入された戦時補償特別税の税率は100%であった。
  • 従量税…課税標準が数量・件数ごとに定められ、一定単位あたりの税額に基づいて税額を算出する。
単位あたりの金額で表示する。たとえば自動車税では1台あたりの税額。

税率の制度[編集]

税率の制度としては主に次の2種類がある。

関連項目[編集]