悪行税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

悪行税または害悪税は、たとえば酒類煙草キャンディー、麻薬、ソフトドリンクファースト・フードコーヒー砂糖賭博ポルノグラフィーの類の、社会に有害とみなされる一定の商品に課せられる消費税もしくは物品税である。[1]そのような諸々の租税にたいして通常二つの要求された目的が主張するよう使われる。これらの商品によって生じる社会にたいする損害について支払われるピグー税と比較して、低い需要になるよう努めることにおいて、もしくはそれらを低下して、歳入の新しい税源を増加もしくは見つけて、価格を上げるよう悪行税は用いられる。悪行税の増税はその他の租税の増税よりもしばしば大いに人気がある。しかしながら、これらの租税は貧困層の負担英語版、肉体的ならびに精神的な依存への課税、および過保護国家英語版の一部となることについてしばしば批判されてきた。

脚注または引用文献[編集]