秋山英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋山 英夫(あきやま ひでお、1911年8月7日 - 1991年4月6日)は、日本のドイツ文学者。学習院大学名誉教授

略歴[編集]

石川県生まれ。本名は朝日英夫。東京帝国大学独文科卒。金沢大学教授。1967年、「ゲーテの光に照らしてみたニーチェ像」で、文学博士東京大学)。学習院大学教授を1982年まで務め、ニーチェを主として研究するほか、多くのドイツ文学・哲学の翻訳をおこなった。

著書[編集]

  • ディオニュソスと超人 ニイチエ研究序説 (理想社 1948年)
  • ゲーテとニーチェ (大東出版社 1948年)
  • ニヒルと神 キェルケゴールとニーチェ (社会思想研究会出版部 1951年)
    • キルケゴールとニーチェ(理想社 1966年)
  • 人間ニーチエ (社会思想研究会出版部 現代教養文庫 1953年)
  • トーマス・マンとニーチェ (大日本雄弁会講談社 1955年)
  • 0の文学 新リルケ論 (大日本雄弁会講談社 1956年)
  • 文学の深淵 (理想社 1967年)
  • 文学的ニーチェ像 ニーチェと詩人たち (勁草書房 1969年)
  • ニーチェ 神の殺害者 (朝日出版社 1972年)
  • 思想するニーチェ (人文書院 1975年)
  • 魔性の文学 ニーチェ (新潮選書 1975年)
  • 今はなめらかに凪いで あるニーチェ頌 (朝日出版社 1982年4月)
  • 回顧の季節 (朝日出版社 1989年12月)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ツワイクの各・文庫版訳書は、秋山による改訳

外部リンク[編集]