ゲアハルト・ハウプトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1912年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

ゲアハルト・ハウプトマン(Gerhart Hauptmann, 1862年11月15日 - 1946年6月6日)は、ドイツ劇作家小説家詩人1912年ノーベル文学賞を受賞した。ゲルハルト・ハウプトマンとも表記される。

作風[編集]

ドイツにおける自然主義演劇の中心的人物。作風は、自然主義的手法で社会的問題を描くものから始まり、やがてロマン主義象徴主義などの手法を用いるようになっていく。後には再び自然主義的作風に戻るが、その頃には社会的問題よりも個人の内面に着目した作品が目立つようになる。

最初の戯曲は、イプセンの影響を受けた『日の出前』(Vor Sonnenaufgang 、1889年)。労働者の抱える問題を自然主義的手法で描いている。『織匠』(Die Weber、1892年)では下層階級の生活を描写した。この戯曲はハウプトマンの代表作の一つとされている。

他の作品には、風刺喜劇『ビーバーの毛皮』(Den Biberpelz、1893年)、ロマン主義的な作品『ハンネレの昇天』(1893年)、象徴主義的な作品『沈鐘』(1896年)などがある。他にも歴史劇や童話劇などを書いており、自然主義に収まらず様々な様式を試みた劇作家といえる。

主な受賞歴[編集]

作品[編集]

主な作品[編集]

  • 1885 - Promethidenlos(プロメテウスの運命)
  • 1888 - Bahnwärter Thiel(踏切番ティール)
  • 1889 - Vor Sonnenaufgang(日の出前)
  • 1890 - Das Friedensfest(平和祭)
  • 1891 - Einsame Menschen(寂しき人々)
  • 1892 - Kollege Crampton(同僚クランプトン)
  • 1893 - Die Weber (Dialektfassung: De Waber)(織匠)
  • 1893 - Der Biberpelz(ビーバーの毛皮)
  • 1893 - Hanneles Himmelfahrt(ハンネレの昇天)
  • 1896 - Florian Geyer(フロリアン・ガイアー)
  • 1897 - Die versunkene Glocke(沈鐘)
  • 1898 - Fuhrmann Henschel(馭者ヘンシェル)
  • 1900 - Schluck und Jau(シュルックとヤウ)
  • 1900 - Michael Kramer(ミヒャエル・クラーマー)
  • 1901 - Der rote Hahn
  • 1902 - Der arme Heinrich (Drama)(哀れなハインリッヒ)
  • 1903 - Rose Bernd(ローゼ・ベルント)
  • 1905 - Elga(エルガ)
  • 1904 - Die Weber(織匠)
  • 1906 - Und Pippa tanzt!(そしてピッパは踊る)
  • 1909 - Griselda(グリゼルダ)
  • 1910 - Der Narr in Christo Emanuel Quint(キリスト狂エマヌエル・. クヴィント)
  • 1910 - Peter Brauer (Tragikomödie)
  • 1911 - Die Ratten(鼠)
  • 1912 - Atlantis(アトランティス)
  • 1912 - Gabriel Schillings Flucht(ガブリエル・シリングの逃走)
  • 1913 - Festspiel in deutschen Reimen(ドイツ韻律による祝典劇)
  • 1914 - Der Bogen des Odysseus(オデュッセウスの弓)
  • 1917 - Der weisse Heiland(白き救世主)
  • 1917 - Winterballade
  • 1921 - Anna
  • 1922 - Festaktus zur Eröffnung des Deutschen Museums
  • 1925 - Veland
  • 1925 - Die Insel der großen Mutter oder Das Wunder von Île des Dames
  • 1928 - Des großen Kampffliegers, Landfahrers, Gauklers und Magiers Till Eulenspiegel Abenteuer(ティル・オイレンシュピーゲル)
  • 1928 - Wanda
  • 1929 - Dorothea Angermann
  • 1930 - Die Spitzhacke
  • 1932 - Vor Sonnenuntergang(日没前)
  • 1937 - Das Abenteuer meiner Jugend (Autobiographie)(わが青春の冒険)
  • 1939 - Die Tochter der Kathedrale
  • 1939 - Ährenlese(落穂ひろい)
  • 1941 - Iphigenie in Delphi(デルフォイのイフィゲーニエ)
  • 1941 - Das Märchen
  • 1942 - Magnus Garbe (erster Version: 1914)
  • 1944 - Iphigenie in Aulis(アウリスのイフィゲーニエ)
  • 1946 - Neue Gedichte
  • 1947 - Mignon (posthum)(ミニヨン)
  • 1948 - Agamemnons Tod/Elektra (posthum)

日本語訳[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]