福井大学教育学部附属義務教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福井大学教育学部附属義務教育学校
過去の名称

福井県立福井小学師範学校附属小学校
福井県尋常師範学校附属小学校
福井県師範学校附属小学校
福井県師範学校代用附属小学校
福井県師範学校代用附属国民学校
福井師範学校男子部附属国民学校
福井大学学芸学部附属小学校
福井大学教育学部附属小学校
福井大学教育地域学部附属小学校

福井師範学校附属中学校
福井大学福井師範学校附属中学校
福井大学学芸学部附属中学校
福井大学教育学部附属中学校
福井大学教育地域科学部附属中学校
福井大学教育学部附属中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人福井大学
校訓 自主協同
設立年月日 2017年(平成29年)
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 910-0015
福井県福井市二の宮4丁目45番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

福井大学教育学部附属義務教育学校(ふくいだいがくきょういくがくぶふぞくぎむきょういくがっこう)は、福井県福井市二の宮4丁目にある国立義務教育学校[1]

2017年(平成29年)4月の小・中学校の統合により、福井県内初の義務教育学校へ移行した[1]

概要[ソースを編集]

歴史
1947年(昭和22年)の学制改革により、新制中学校として設置された「福井師範学校附属中学校」を前身とする。
校訓
「自主協同」

沿革[ソースを編集]

前期課程

  • 1885年(明治18年)12月23日 - 福井市佐佳枝上町84に「福井県立福井小学師範学校附属小学校」が開校。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 「福井県尋常師範学校附属小学校」に改称。
  • 1898年(明治31年)4月1日 - 「福井県師範学校附属小学校」に改称。
  • 1928年(昭和3年)4月1日 - 鯖江女子師範学校の分離・独立に伴い、惜陰尋常高等小学校を女子師範学校代用附属小学校とする。
  • 1934年(昭和9年)4月1日 - 福井市第四尋常高等小学校を(男子)師範学校代用附属校とする。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令が施行される。尋常科が初等科に改められる。
    • (男子師範代用附属校)福井市第四尋常高等小学校が「福井市豊島国民学校」に改称。
    • (女子師範代用附属校)惜陰尋常高等小学校が「鯖江町惜陰国民学校」に改称。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 師範学校が官立(国立)移管される。
    • 福井市豊島国民学校を「福井師範学校男子部附属国民学校」に改称。
    • 鯖江町惜陰国民学校を「福井師範学校女子部附属代用国民学校」とする。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 師範学校の移転にともない、神明町神明国民学校に附属国民学校を併設。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革により、「福井師範学校附属小学校」に改称。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 新制大学福井大学の発足によって、「福井大学福井師範学校附属小学校」に改称。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 福井師範学校の廃止により、「福井大学学芸学部附属小学校」に改称。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 学芸学部の福井市移転に伴い、福井市立春山小学校に附属小学校を併設。
  • 1964年(昭和39年)3月 - 福井市重藤町に独立校舎が完成。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 学部名の改称により、「福井大学教育学部附属小学校」に改称。特殊学級を設置。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 特殊学級が分離し福井大学教育学部附属養護学校として独立。
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 学部名の改称により、「福井大学教育地域科学部附属小学校」に改称。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 国立大学法人化。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 学部名の改称により、「福井大学教育学部附属小学校」に改称。
  • 2017年(平成29年)4月10日 - 福井大学教育学部附属義務教育学校開校。

後期課程

  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革により、附属国民学校の高等科が改組され、「福井師範学校附属中学校」が設置される。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 新制大学福井大学の発足によって、「福井大学福井師範学校附属中学校」に改称。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 福井師範学校の廃止により、「福井大学学芸学部附属中学校」に改称。
  • 1963年(昭和38年) - 現在地に校舎を新築し独立開校。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 学部名改称により「福井大学教育学部附属中学校」に改称。
  • 1985年(昭和60年)- 「開かれた学習意欲を育てる」を発刊。
  • 1992年(平成4年)- 独立開校30周年記念式典を挙行。独立開校30周年記念誌を発行する。
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 学部名改称により「福井大学教育地域科学部附属中学校」に改称。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 国立大学法人化。
  • 2012年(平成24年) - 独立開校50周年記念式典を挙行。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 学部名改称により「福井大学教育学部附属中学校」に改称。
  • 2017年(平成29年)4月10日 - 福井大学教育学部附属義務教育学校開校[1]

教育内容[ソースを編集]

  •  教育基本法、学校教育法並びにその他の教育関係法規に基づき、義務教育としての中等普通教育を行う。
  •  教員養成を目的とする大学学部に附属した学校として学生のための実習を行う。
  •  教育地域科学部及び県内公立中学校と一体になり、教育の理論及び実際に関する研究及び実証を行うとともに、その研究成果を発表し教育界の進展に寄与する。
教科別
  • 国語  『言葉を通して他とかかわり,追究を深める』
  • 社会  『多様な視点で社会を見つめ合い,自己を問い直す』
  • 数学  『関係を探り構造をつかむ』
  • 理科  『しくみを解明し,自然観を広げる』
  • 英語  『英語を用いて「他」との関わりを深め,世界観を広げる』
  • 音楽  『感動を音楽表現に高めるプロセスを大切にする』
  • 美術  『「みること」と「つくること」をつなげる』
  • 保健体育『特性をつかみ,主体的に運動を楽しむ』
  • 技術  『ものごとを技術的に捉え,自分の生活とつなぐ』
  • 家庭  『自己を見つめ直し,ライフスタイルをデザインする』
  • 学校保健『心や身体をみつめ,健康生活づくりにつなげる』

委員会活動[ソースを編集]

前期課程
  • 運営委員会
  • 音楽委員会
  • 美化委員会
  • ボランティア委員会
  • 生活委員会
  • 健康委員会
  • 放送委員会
  • 図書委員会
  • 広報委員会

クラブ活動[ソースを編集]

前期課程
  • 外スポ
  • 中スポ1
  • 茶道・生け花
  • 手芸
  • ストーリーシアター(演劇)
  • ピタゴラ工作
  • エコクッキング
  • 卓球                                                      
  • ボードゲーム
  • 中スポ2
  • スケッチ・イラスト

部活動[ソースを編集]

後期課程
  • 男子ソフトテニス部
  • 女子ソフトテニス部
  • 男子卓球部
  • 女子卓球部
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • サッカー部
  • 合唱部
  • 放送部
  • 科学部
  • 水泳部
合唱部

特色[ソースを編集]

総合学習を早くから取り入れており、時間数も多い。学年ごとにテーマを決めてそれぞれのテーマを追求している。 それらは学年プロジェクト(生徒たちはこれを通称学Pと呼ぶ)とよばれ、生徒たちによって作られている。

1年生の後期に各学年のテーマを基にした学年の歌を作り、6月の音楽集会で発表している(年によって多少の違いはある)。 2年生の後期に創作音楽ドラマを修学旅行先で発表している。この創作音楽ドラマは、脚本・作詞・作曲から、指揮・伴奏・キャストなどのほとんどを生徒の手で行っている。 しかし、修学旅行は福井市内の他の中学校がするようなものではなく、調べ学習目的である。

年に2回、音楽集会が開催される。 二年生は雅楽篳篥龍笛などを一部の生徒だけが観客の前で演奏する。

クラス分けは、福井市内の中学校では珍しいアルファベットである。 体育祭ではA組が、B組が黄色、C組がの三色に分かれて競技を繰り広げる。 教科別の授業も、教師がほとんど英語ではなす英語の授業を始めとし、グループワークなどを多く使った特色ある授業が多い。 ただ、教科書を使って授業をすることが比較的少ない。

中学入試で入ってきた外部生と幼稚園小学校からとエスカレーター式に入学する内部生とがいる。

学年プロジェクト[ソースを編集]

福井大学教育学部附属義務教育学校で行われている総合的な学習の時間においての活動のこと。生徒の間では通称「学P(がくぴー)」と呼ばれる。

目的[ソースを編集]

  • 福井大学教育学部附属義務教育学校での指導目的《探究するコミュニティ》の実現のために行われている。
  • また、リーダー育成、社会的人間関係を知るなどの目的もある。
  • 校訓「自主協同」をもとに自主的発言や行動、協調性を育むことが重視されている。

内容[ソースを編集]

  • 学年ごとに討論をして決定した、テーマをもとに探究が進められる。
  • 例えば、2017年現在のテーマは、三年生が「TV」、二年生が「心理」、一年生が「※未定」である。
  • 福井大学教育学部附属義務学校で重視される児童生徒の自主的な言動や、協同性を高めるため、討論会やグループワークが多く使われる。

討論会[ソースを編集]

  • 討論会では、事前に学年プロジェクト実行委員(ガクジツと呼ばれる)が用意しておいた資料などをもとに実行委員が司会を務めて進行する。

実行委員[ソースを編集]

  • 男子女子それぞれ2~3名を代表で出す。彼らを中心に討論が進められる。

出身著名人[ソースを編集]

学校周辺[ソースを編集]

アクセス[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 清兼千鶴 (2017年4月11日). “春は始まりの季節 「新たな文化」創造へ開校 福井大付属義務教育学校”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 福井総合版 27 

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]