石田満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 満(いしだ みつる、1931年 - 2019年6月19日[1])、日本の法学者弁護士。専門は商法上智大学名誉教授。1967年に法学博士北海道大学)。学位論文の題は「保険の目的物の譲渡 」[2]北海道札幌市生まれ。

研究[編集]

主に保険法が専門。特に、損害保険自動車保険を研究。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『保険契約法の諸問題』(一粒社 1972年)
  • 田辺康平と共編『保険法演習』(文真堂 1977年)
  • 『自動車保険の諸問題』(損害保険企画 1977年初版・1993年第2版)
  • 『保険法(現代法律学講座 19)』(青林書院新社 1978年初版・1997年改訂版)
  • 海老名惣吉と共編『自動車保険の基礎知識』(海文堂出版 1979年)
  • 『保険業法の研究』(文眞堂 1986年第1巻・1992年第2巻)
  • 『保険業法』(損害保険事業総合研究所 1996年初版・2004年全訂第2版)
  • 保険判例等研究会編『保険判例の研究と動向』(文眞堂 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ “石田満氏死去/上智大名誉教授”. 四国新聞社. (2019年6月24日). http://www.shikoku-np.co.jp/bl/news/national/okuyami-detail.aspx?kid=20190624000451 2019年6月25日閲覧。 
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる
  3. ^ 以上について、石田満「石田満教授 略歴および主要著作目録 (石田満教授退職記念号)」『白鴎法学』第18号、白鷗大学法学部、2001年11月、 9-15頁、 ISSN 1348-8473NAID 110001160204

参考文献[編集]

『商法・保険法の現代的課題 : 石田満先生還暦記念論文集』(文眞堂 1992年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]