知来駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
知来駅
Chirai station01.JPG
旧駅舎(2009年5月)
ちらい
Chirai
所在地 北海道常呂郡佐呂間町字知来
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 湧網線
キロ程 36.0km(中湧別起点)
電報略号 チラ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1953年昭和28年)10月22日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月20日
備考 湧網線廃線に伴い廃駅
仮乗降場との距離は実キロ
テンプレートを表示
1977年の知来駅と周囲約500m範囲。右が網走方面。床丹駅と同様に無人化に伴って島式ホームの駅舎側が撤去され、駅裏側本線へ棒線化されている。田園地帯の広がる知来地区の西部に位置し、左側には左上から下の佐呂間別川へ注ぐ知来川が流れる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

知来駅(ちらいえき)は、北海道網走支庁常呂郡佐呂間町字知来にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)湧網線廃駅)である。電報略号チラ。湧網線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月20日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、島式ホーム(片面使用)1面1線を有する地上駅であった。ホームは、線路の北側(網走方面に向かって左手側)に存在した。転轍機を持たない棒線駅となっていた[1]。かつては島式ホーム1面2線を有する、列車交換可能な交換駅であった。使われなくなった駅舎側の1線は、交換設備運用廃止後は撤去されたが、ホーム前後の線路は転轍機の名残で湾曲していた[1]

無人駅となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の北側に位置し、旧線跡を渡りホームを結ぶ通路で連絡した[1]。駅舎とホームの間には、花壇が作られていた[1]。駅自体は完全無人であるが、駅前の商店で乗車券を取り扱う簡易委託駅となっていた。

駅名の由来[編集]

所在地名より。アイヌ語の「チライオッ(ciray-ot)」(イトウ・多くいる)の転訛とされる[2]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

旧駅舎ホーム側

1999年(平成11年)時点では駅舎が廃止当時のまま残存しており、「知来ゲートボール会館」として再利用されている[4]2010年(平成22年)時点[5]2011年(平成23年)時点でも同様であった[6]。内部は当時のベンチは残存しているが、待合所と事務所の間仕切りは撤去されており、休憩所兼倉庫として使用されている[6]。ホーム側も駅舎は当時のままだがレールは撤去され[6]、埋め立てられているなど、駅舎以外の設備はすべて撤去されている。線路跡も整地され、畑となっている[6]

また、2011年(平成23年)時点では簡易委託の受託者であった駅前の商店の軒下に、「知来駅 国鉄乗車券発売所」の看板が掲げられている[6]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
湧網線
佐呂間駅 - <堺橋仮乗降場> - <興生沢仮乗降場> - 知来駅 - <紅葉橋仮乗降場> - 仁倉駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』宮脇俊三原田勝正小学館、1983年7月、160頁。ISBN 978-4093951012
  2. ^ アイヌ語地名リスト セッ~ツキガ P71”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2018年11月18日閲覧。
  3. ^ 『北海道道路地図 改訂版』地勢堂、1980年3月、19頁。
  4. ^ 『鉄道廃線跡を歩くVI』宮脇俊三、JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、1999年3月、31-32頁。ISBN 978-4533031502
  5. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、52-53頁。ISBN 978-4533078583
  6. ^ a b c d e 本久公洋『北海道の鉄道廃線跡』北海道新聞社、2011年9月、103頁。ISBN 978-4894536128

関連項目[編集]