能取駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
能取駅
のとろ
Notoro
常呂 (7.2km)
(6.4km) 北見平和
所在地 北海道網走市字能取
所属事業者 Japanese National Railway logo.svg日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 湧網線
キロ程 66.7km(中湧別起点)
電報略号 ノト
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1936年昭和11年)10月10日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月20日
備考 湧網線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の能取駅と周囲約500m範囲。左下が網走方面。下に能取湖と港が見える。駅裏側に本線を持つ島状の単式ホーム1面1線と駅舎前に貨物積卸線、駅裏本線の外に副本線を有していた。この時点では既に無人化に伴って棒線化されている。駅舎はまだ木造のまま残されているが、後年簡易型に建て替えられた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

能取駅(のとろえき)は、北海道網走支庁網走市字能取にあった日本国有鉄道(国鉄)湧網線廃駅)である。電報略号ノト。湧網線の廃線に伴い1987年(昭和62年)3月20日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、島式ホーム(片面使用)1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の東側(網走方面に向かって左手側)に存在した。転轍機を持たない棒線駅となっていた[1]

無人駅となっており、有人駅時代の駅舎は改築され、興浜北線斜内駅豊牛駅などと同型の[2]プレハブ駅舎となっていた。駅舎は構内の東側に位置しホームに接していた[1]。また、1983年(昭和58年)時点では使われなくなった貨物ホームが残存し、網走市が買収して公園化する計画もあったという[1]

駅前にはミニ公園が設けられていた[1]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「ノトロ」(の所)に由来する[3]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

駅跡の様子
 
ホームのみ残る

旧駅構内は網走市が転換交付金を活用し、卯原内駅と共に交通公園として整備された。駅舎はしばらく後に撤去されたが、ホーム及びレール、またホームに横付けされる形で国鉄の旧型客車であるスハフ42形スハフ42 510静態保存・展示されていた[5]1999年(平成11年)時点でも同様であったが、スハフ42は痛みが進んでいた[5]

卯原内駅跡は国道沿いにあり、車両の再塗装など整備が行われている反面、当駅跡は国道からやや奥まった場所に位置するため立ち寄る人は少なく、車両の再塗装などの整備もされず野晒し状態となっていた。老朽化の進行もあって2006年(平成18年)に客車とレールが撤去され、2009年(平成21年)4月時点では「能取児童公園」の一角にホームと路盤が残るのみであった。2010年(平成22年)時点でも同様でホームは崩れかけていた[6]。駅舎跡地は2001年(平成13年)時点では整地されゲートボール場が建築されていた[2]

当駅跡附近の線路跡は北海道道1087号網走常呂自転車道線として自転車歩行者専用道路に再利用されていた[2]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
湧網線
常呂駅 - 能取駅 - 北見平和駅
かつて常呂駅と当駅との間に常呂港仮乗降場が存在した(1956年(昭和31年)1月7日開業、1972年(昭和47年)2月8日廃止)[7]
かつて当駅と北見平和駅との間に中能取仮乗降場が存在した(1956年(昭和31年)1月7日開業、1972年(昭和47年)2月8日廃止)[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三原田勝正小学館1983年7月、162頁。ISBN 978-4093951012
  2. ^ a b c 本久公洋 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社2011年9月、105頁。ISBN 978-4894536128
  3. ^ 太田幸夫 『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』 富士コンテム、2004年2月、170頁。ISBN 978-4893915498
  4. ^ a b c 『北海道道路地図 改訂版』 地勢堂、1980年3月、46頁。
  5. ^ a b 『鉄道廃線跡を歩くVI』 宮脇俊三、JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、1999年3月、30頁。ISBN 978-4533031502
  6. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』 今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、51-52頁。ISBN 978-4533078583
  7. ^ a b 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』 今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、215頁。ISBN 978-4533078583

関連項目[編集]