田畑精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田畑 精一(たばた せいいち、1931年 - )は日本絵本作家挿絵画家。作家の文に挿絵をつけるほか、共作や自作の絵本もある。日本児童出版美術家連盟会員[1]

略歴[編集]

1931年昭和6年)、大阪に生まれ、芦屋市で育つ。

1945年(昭和20年)1月に父を亡くし、アルバイトしながら勉強する。高校時代は美術部の部長を務める。原子物理学に興味を持ち京都大学理学部に入学するが、朝鮮戦争が始まって大学が騒然とするようになると、原子物理に疑問を抱くようになり、人形劇に関心が次第に移っていき、大学を中退して人形劇団プークに参加。その後22歳の秋から約10年間は、人形座(1952-63年)に参加し、主に美術を担当。人形座の解散後、絵本の世界にひかれていく。

同じ東久留米市の近所に越してきた古田足日との出会いから親交を深め、彼の本『くいしんぼうのロボット』(小峰書店 1966年)に挿絵を描く。『やまとたける』(与田凖一文、国土社 1968年)『はごろも』(与田凖一文、国土社 1969年)で初めて絵本の挿絵を担当。『おしいれのぼうけん』は、古田との共作による絵本で、1974年の初版以来2007年9月までに推定累計180万部を売り上げた[2]

また『さっちゃんのまほうのて』は先天性四肢障害児父母の会からの依頼で共同制作した絵本で、先天性の障害を持つ女の子とその周囲を描き、1985年の初版以来、2010年までの25年間で65万部のロングセラーとなった[3]

「子どもの本・九条の会」代表団員を務めている[4]

主な作品[編集]

古田足日作品[編集]

  • くいしんぼうのロボット(挿絵)小峰書店 1966年
  • モグラ原っぱのなかまたち(挿絵)あかね書房 1968年
  • へび山のあい子(挿絵)童心社 1987年
  • おしいれのぼうけん(絵本ぼくたちこどもだ 1) (共作) 童心社 1974年
  • ダンプえんちょうやっつけた(絵本ぼくたちこどもだ 2) (共作)童心社 1978年

田畑単独執筆[編集]

他の作家の挿絵[編集]

  • ねずみのはととりかえっこ 神沢利子 国土社 1972年
  • そりになったブナの木 神沢利子 国土社 1974年
  • キミちゃんとかっぱのはなし 神沢利子 ポプラ社 1977年
  • ゆうちゃんのゆうは? 田畑精一 神沢利子作 童心社 1981年
  • 算数病院事件(5年3組事件シリーズ) 後藤竜二新日本出版社 1975年
  • のんびり転校生事件(5年3組事件シリーズ) 後藤竜二作 新日本出版社 1985年
  • 太陽の子 灰谷健次郎理論社 1978年
  • とべ へんてこどり! 川北亮司文 童心社 1982年
  • おみせやさん 角野栄子文 童心社 1992年

紙芝居[編集]

  • ロボット・カミィ 古田足日作 童心社 1971年
  • おとうさん 与田凖一脚本 童心社 1968年(第7回高橋五山賞画家賞)
  • くちのあかないカバヒポポくん わしおとしこ作 童心社 1984年

(他多数)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会員の名簿
  2. ^ トーハン『ミリオンぶっく』2008年度版。
  3. ^ 毎日の本棚「さっちゃんのまほうのて」発刊25周年 (毎日新聞 2010年7月22日)
  4. ^ 子どもの本・九条の会

参考文献[編集]

  • 『別冊太陽 絵本の作家たち III』平凡社 2005年
  • 『全集 古田足日 子どもの本 第5巻』童心社 1993年