田村次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村次郎
生誕 (1981-04-13) 1981年4月13日(40歳)
出身地 札幌市手稲区
職業
担当楽器
活動期間 1998年 -
共同作業者 山田雄太(HAMBURGER BOYS)、金田ヒデミ(HAMBURGER BOYS)、
著名使用楽器
Fender USA ストラトキャスター」,「TOKAI ストラトモデル」

田村 次郎(たむら じろう、1981年4月13日 - )は、HAMBURGER BOYSギタリストラジオDJローカルタレントなどマルチに活躍する。YOME YOME CLUB代表。B型。北海道札幌市手稲区出身。既婚。大学生(後述)。株式会社トリプルワン所属。

主要ラジオ局でレギュラー番組を持つなど、地元北海道では既に圧倒的な人気と知名度を誇っており、全国的な知名度も確実に上げつつある。

来歴[編集]

幼少期[編集]

1981年4月13日、北海道札幌市に生まれる。小学生の時に聞いたBOØWY(とりわけ布袋寅泰)に憧れ、ギターを始める。ラジオを聴くようになったのもこの頃からで、後に「憧れのミュージシャンが言ったことに感動し、影響されてきた」と話している。

The VOX結成[編集]

1998年、佐藤 涼、大村秀晴、畠山浩二らとバンド「DUST BOX」を結成、ギタリストとして参加する。2001年にはバンドメンバーらとともに「SILVER LIGHT RECORDS」を立ち上げる。2002年7月、バンド名を「The VOX」に改名。札幌を拠点に精力的にライブ活動を続けながらも数々のオムニバスにも参加する。2003年1月には1stミニアルバム『情熱』を発売。mixiにファンのコミュニティができるほどの人気を博していたが、2007年4月、メンバー間の方向性の違いを理由に、惜しまれつつも解散する。 その後リフレインズというバンドに所属するも、2009年6月に脱退を発表。 また同年、札幌・すすきので2歳からの幼馴染とダイニングバーの経営を開始。

HAMBURGER BOYS結成以降[編集]

※バンドとしての活動、詳細については、HAMBURGER BOYSを参照のこと。

2012年1月、MEN☆SOULのボーカルである山田雄太と2人で「HAMBURGER BOYS」を結成。ほどなくして元・雷鼓のボーカルであった金田ヒデミをDJとして迎え、現在の3人体制となる。

2013年10月、自身初のレギュラーラジオ番組である「田村次郎のTAMURADIO」が放送開始となる。

2019年1月より、レギュラーラジオ番組である「GOGORADIO FRIDAY」が放送開始。札幌のタレント・ちゃぼとともにメインDJを担当する。

2020年3月ごろより、ラジオ番組のSNSに「YOME YOME CLUB」とプリントされたパーカーを着て映っている姿が話題となる。その後SNS等において正式に「YOME YOME CLUB」を主宰する旨が発表された。

2021年3月26日、8年半続いた「田村次郎のTAMURADIO」が放送終了。翌週の4/2放送より「LIVE HOUSE タムラジオ」にパワーアップ(リニューアル)された。

2021年4月4日、自身が主宰する「YOME YOME CLUB」の公式ラジオ番組であるYOME YOME CLUBが放送開始となる。

人物[編集]

  • 愛用のギターは「Fender USA ストラトキャスター」および「TOKAI ストラトモデル」
  • 軽快なカッティングと速いパッセージの演奏を得意とする。
  • 大変な愛妻家であり、自他ともに認めている。
  • 風水アドバイザーの資格を持っている。
  • 下戸である。

エピソード[編集]

  • 基本的に「ギターの練習はしたことがない」というスタンスで、バンドメンバーにギターの教則本を購入している姿を目撃された際も「メモ帳として使おうと思って買った」と言い訳し、練習の様子を動画に撮られた際も「これは今見ている動画を耳コピしているだけだから、練習ではない」と言い放っている。最近はそのスタンスはやめたようで、ブログやSNSでもライブに向けて練習する、あるいは練習した旨の記述が散見される。
  • レギュラー番組で相方を務めるちゃぼのソロ活動に対してはとりわけ厳しく、自身に報告がないソロ活動については番組内で「やってくれたな」「なんだこれは」「報告がない」とつるし上げ、物販に対しては3割のインセンティブを要求する発言をする。しかしこれら一連の発言については当然演出上のものであり、文句を言いつつも活動について詳細に紹介し宣伝しているため、ステマ(ステルスマーケティング)の達人としてリスナーの間で話題となる。
  • 前述のちゃぼとのやり取りも含め、「GOGORADIO FRIDAY」内で自身が知らされていない事実が発覚した際、それを「仲間はずれ」と呼び、リスナーの間では「例のアレ」と呼ばれるようになる。ちゃぼの「溺れ芸」に対抗し、日本で唯一の「仲間外れ芸」の使い手を公言している。なお、当然これらについても演出上の物である旨が公言されている。
  • 北海道恵庭市のマチのウタを製作する際クラウドファンディングにて資金調達を行ったが、たまたまほぼ同時期にギターを新調したため、調達した資金を流用して新調したのではないかとファンの間で噂になったことがある。
  • リボンナポリンサワーをよく飲むことから、札幌市内の某飲食店では「田村次郎サワー」と注文するとリボンナポリンサワーが出てくる店がある。
  • TRIPLAINのボーカルの江畑兵衛とは仲が良い。「以前江畑と野球観戦の約束をした際、当日球場の前で待ち合わせをするも江畑は現れないまま試合が開始。3回になってようやく江畑から連絡があるもそのまますっぽかされたことを未だに根に持っている」という話を出演番組でよく披露する。
  • HAMBURGER BOYSの「田村次郎のテーマ」では「手稲生まれの田村次郎だよ~」と歌詞にあるが、実際の出生地は札幌市西区である(手稲区が西区から分区したのは1989年)。
  • 前述のとおり、幼少期より布袋寅泰に憧れていた。小学生の時に、自身のおこずかいで買えるグッズがないか検討した結果、布袋のギターに使用されている模様がプリントされた靴下(2,000円)を購入したことがある。今でも実家のタンスに入っていると話していた。
  • 妻同様、二人の娘を溺愛しており、娘に嫌われないように脱毛をしている。
  • イタリア料理店のカプリチョーザがお気に入りで、中でも「トマトとニンニクのスパゲッティ」が世界で一番おいしいパスタだと語っていた。
  • NHK北海道ほっとニュース北海道のテーマソングに関する密着取材の際、ギターソロが中々決まらず、メンバーから小休憩を促されるも「生きることに休むってないじゃん」「心臓は休まないじゃん」「俺のギターってそれと一緒だから」と発言した。本人は冗談のつもりでの発言だったが、取材スタッフが真剣に受け取ってしまい、前述の発言をカットするよう頼んでいるシーンも含めてすべて放送された。
  • 最終学歴は高校中退であったが、2020年に高等学校卒業程度認定試験(高認、旧大検)に合格した。2021年4月より、京都芸術大学 芸術教養学科(通信課程)に入学し、現在在学中。晴れて大学生となった。


出演[編集]

※バンドメンバーとしての出演についてはHAMBURGER BOYSを参照のこと

ラジオ[編集]

YouTube[編集]

  • ESTA TUBE(札幌市にある商業施設ESTAの宣伝チャンネル)
  • PASEO TUBE(札幌市にある商業施設PASEOの宣伝チャンネル)
  • 田村次郎の超3分モーニング(サツドラ提供)

外部リンク[編集]

  • HAMBURGER BOYS 公式サイト[1]
  • 株式会社トリプルワン(所属事務所) タレントページ[2]
  • FMノースウェーブ DJ紹介ページ[3]
  • STVラジオ パーソナリティ紹介ページ[4]

脚注[編集]

  1. ^ HAMBURGER BOYS” (日本語). HAMBURGER BOYS. 2021年4月7日閲覧。
  2. ^ タレント of TRIPLE ONE” (日本語). TRIPLE ONE. 2021年4月7日閲覧。
  3. ^ 田村次郎|DJ PROFILE - DJプロフィール|82.5 FM NORTH WAVE ノースウェーブ|幅広い音楽とアーティストが集まる札幌のFMラジオステーション” (日本語). www.fmnorth.co.jp. 2021年4月7日閲覧。
  4. ^ STVラジオ. “田村 次郎 | パーソナリティ | STVラジオ” (日本語). STVラジオ. 2021年4月7日閲覧。