田口洋美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田口 洋美(たぐち ひろみ、男性、1957年6月26日[1] - )は、日本の民俗学者、人類学者、狩猟文化研究者。

「狩猟文化研究所」代表。「ブナ林と狩人の会」主任幹事。東北芸術工科大学芸術学部歴史遺産学科・東北文化研究センター所長(教授)。

略歴[編集]

茨城県那珂郡東海村に生まれる。

「民族文化映像研究所」で姫田忠義に師事し、新潟の山村を舞台とした長編記録映画『越後奥三面ー山に生かされた日々ー』に助監督として参加。また、撮影の合間に、三面(みおもて)の山で暮らす人々に聞き取りを行う。(のちに著書『越後三面山人記 マタギの自然観に習う』を刊行。)

  • 1985年(昭和60年):三面集落の閉村後は、近畿日本ツーリスト㈱「日本観光文化研究所」主任研究員として東日本各地のマタギ集落を訪問し、狩猟文化の研究者となる。
  • 1989年平成元年):「日本観光文化研究所」の閉鎖後はフリーとなる。宮本常一と今西錦司が復活に関わった「周防猿まわしの会」の研究員となる。
  • 1990年(平成2年):「マタギサミット」(ブナ林と狩人の会)を発起。現在も主宰幹事を務める。近年は、ロシアシベリア地方の北方狩猟民族、ケニアのマサイ族、アメリカなどで狩猟文化の調査・研究も行っている。
  • 1996年(平成8年):「狩猟文化研究所」を設立。
  • 2000年(平成12年):明治大学文学部史学地理学科卒業。
  • 2005年(平成17年):東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻・博士課程修了。
  • 2005年(平成17年)から東北芸術工科大学教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 越後三面山人記 マタギの自然観に習う (農山漁村文化協会, 1992年2月)
  • マタギ 森と狩人の記録 (慶友社, 1994年4月)
  • マタギを追う旅 ブナ林の狩りと生活 (慶友社, 1999年7月)

共著[編集]

  • おんな猿まわしの記 (重岡フジ子語り 田口洋美聞き取り はる書房, 1994年4月)
  • フィールドワークを歩く 文化系研究者の知識と経験 (須藤健一編 嵯峨野書院 1996年6月)
  • 現代民俗誌の地平2 権力 (赤坂憲雄編 朝倉書店, 2004年6月)
  • ロシア極東の民族考古学 (大貫静夫, 佐藤宏之編 六一書房, 2005年2月)
  • 東アジアのなかの日本文化に関する総合的な研究1 (東北芸術工科大学東北文化研究センター, 2007年3月)
  • 東アジアのなかの日本文化に関する総合的な研究3 (東北芸術工科大学東北文化研究センター, 2007年3月)
  • アジアのクマたち (日本クマネットワーク 日本クマネットワーク)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.326

外部リンク[編集]