獅子郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屏東県の旗 屏東県 獅子郷
別称: 獅子頭社
地理
Heitou shishikyou.svg
位置 北緯--°--'
東経----'
面積: 301.0018 km²
各種表記
繁体字: 獅子鄉
日本語読み: しし
漢語: Shīzĭ
通用: Shīhzĭh
注音符号: ㄕ ㄗˇ ㄒㄧㄤ
片仮名転写: シーズ
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 8村58鄰
政府所在地: -
獅子郷長: 孔朝
公式サイト: 獅子郷公所
情報
総人口: 4,775 人(2014年1月)
戸数: 1,512 戸(2014年1月)
郵便番号: 943
市外局番: 08
獅子郷の木: -
獅子郷の花: -
獅子郷の鳥: -

獅子郷(ししきょう)は台湾屏東県

地理[編集]

獅子郷は屏東県東南部に位置し、北は春日郷と、東は台東県達仁郷と、西は枋山郷と、西南は車城郷と、南は牡丹郷とそれぞれ接し、屏東県最大の面積を有す郷鎮である。恒春半島に位置し、地質上は中央山脈の一部に区分されている。地勢は険しく、郷内は山地が大部分を占め、平地は少ない。郷内には楓港渓枋山渓が流れている。住民は原住民であるパイワン族が多数を占める。

歴史[編集]

獅子郷は古くパイワン族の支族である「チャオボオボル」(chaobo obol)の居住地であった。この地に獅子の頭の形状をした巨石が存在したことから「獅子頭社」と称されるようになった。日本統治時代は高雄州恒春郡の蕃地とされ、各社に設けられた駐在所が行政の一切を担当していた。戦後は獅子村に郷公所が設けられたことから「獅子郷」と命名され高雄県の管轄とされた。1950年に屏東県に改編され現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

獅子郷行政センターのライオン像。

歴代郷長[編集]

氏名 着任日 退任日

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 南廻線 枋山駅
省道 台1線
省道 台9線 南廻公路

観光[編集]

  • 双流森林遊楽区
  • 獅子郷文物陳列館
  • 里龍山

外部リンク[編集]