里港郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屏東県の旗 屏東県 里港郷
別称: 阿里港
地理
Heiton rikoukyou.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 68.9208 km²
各種表記
繁体字: 里港郷
日本語読み: りこう
漢語: Lĭugāng
通用: -
注音符号: ㄌㄧㄡˇ ㄍㄤ
片仮名転写: リーカン
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 14村194鄰
政府所在地: -
里港郷長: 盧文瑞
公式サイト: 里港郷公所
情報
総人口: 26,533 人(2014年1月)
戸数: 8,050 戸(2014年1月)
郵便番号: 905
市外局番: 08
里港郷の木: -
里港郷の花: -
里港郷の鳥: -

里港郷(りこうきょう)は台湾屏東県

地理[編集]

里港郷は屏東県北西端に位置し、北は高雄市美濃区と、西及び西北は高雄市旗山区と、東は高樹郷と、東南は塩埔郷と、南は九如郷とそれぞれ接している。屏東平原に位置し平坦な地形を形成しており、荖濃渓新南勢渓が郷内を流れており、また合流して二重渓を形成している。熱帯モンスーン気候特有の高温多湿な気候が特徴である。

歴史[編集]

里港郷の旧称は「阿里港」と称す。この地名は清代康熙年間、阿里という人物が淡水渓の畔で店を開いたという記録に由来する。康熙末年,総兵藍廷珍中国語版及びその族弟藍鼎元中国語版[1]が台湾で反乱を起こした朱一貴中国語版を平定した後、その麾下数百名の士兵がこの地に残留し開墾を進めた。雍正年間には藍仲観荘郷生等の人々が入植し集落を形成するようになり、乾隆年間には「阿里港街」の名称で呼ばれている。1920年の台湾地方改制の際。この地を改名し「里港庄」が設けられ、高雄州屏東郡の管理となった。戦後は初め高雄県里港郷とされたが、1950年に屏東県に帰属するようになり現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 着任日 退任日

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台3線

観光[編集]

  • 双慈宮
  • 藍家古

脚注[編集]

  1. ^ 大清一統志』『鹿洲公案』などの著書でも知られる。

外部リンク[編集]