来義郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屏東県の旗 屏東県 来義郷
別称: -
地理
Heitou raigikyou.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 167.7756 km²
各種表記
繁体字: 來義郷
日本語読み: らいぎ
漢語: Láiyí
通用: Láiyí
注音符号: ㄌㄞˊ ㄧˊ
片仮名転写: ライイー
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 7村89鄰
政府所在地: -
来義郷長: 廖志強
公式サイト: 来義郷公所
情報
総人口: 7,597 人(2014年1月)
戸数: 2,219 戸(2014年1月)
郵便番号: 922
市外局番: 08
来義郷の木: -
来義郷の花: -
来義郷の鳥: -

来義郷(らいぎきょう)は台湾屏東県

地理[編集]

来義郷は屏東県東部に位置し、北は泰武郷と、東は台東県達仁郷金峰郷と、西は万巒郷と、西南は枋寮郷と、南は春日郷とそれぞれ接している。<

中央山脈上に位置し、平均海抜は300mの山岳地帯が大部分を占め、地勢は相当に険しい。来義渓及びその支流が郷内を流れている。住民は原住民であるパイワン族が多数を占め、全国でも最もパイワン族が多く生活する郷鎮である。

歴史[編集]

来義郷は古くからパイワン族ブツル系統のパウマウマック(Paumaumaq)群の活動地域であった。清代は鳳山県に属していたが、日本による統治が開始されると阿猴庁、続いて高雄州の管轄とされた。戦後初期は「チャジャアブス」部落に郷公所を設置し、「来義郷」を設置高雄県の管轄された。1950年に屏東県に帰属するようになり現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 着任日 退任日

教育[編集]

高級中学[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他

観光[編集]

  • 来義大峡谷
  • 丹林瀑布群
  • 丹林吊橋
  • 大後渓鴛鴦瀑布
  • 五年祭

外部リンク[編集]