三地門郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屏東県の旗 屏東県 三地門郷
別称: 山地門・三地・山猪門
斯笛摩児
地理
Heitou santimonkyou.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 196.3965 km²
各種表記
繁体字: 三地門郷
日本語読み: さんちもん
漢語: Sāndìmén
通用: -
注音符号: ㄙㄢ ㄉㄧˋ ㄇㄣˊ
片仮名転写: サンディーメン
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 10村81鄰
政府所在地: -
三地門郷長: 潘勝富
公式サイト: 三地門郷公所
情報
総人口: 7,572 人(2014年1月)
戸数: 2,255 戸(2014年1月)
郵便番号: 901
市外局番: 08
三地門郷の木: -
三地門郷の花: -
三地門郷の鳥: -

三地門郷(さんちもん-きょう)は、台湾屏東県に位置するである。

地理[編集]

三地門郷は屏東県北端に位置し、北は高雄市茂林区と、東は霧台郷と、西は高樹郷と、南は内埔郷瑪家郷とそれぞれ接している。山地と平原の境界に位置し、郷内は丘陵地帯が多くを占め、海抜は100から2,159mとなっている。隘寮渓が郷内を流れている。住民はパイワン族が多数を占めている。

歴史[編集]

三地門郷はパイワン語で「スティムル」と称されていたが、福建からの入植者により同音の「山猪毛」或いは「山地門」と称されるようになった。1935年、日本政府はパイワン族のティムル社(Timor)、タバサン社(Talavatsal)、サララウ社(Saralau)の3社を現在の三地門地区に移住させ、碁盤状の集落を建設した。当時は高雄州屏東郡の管轄であり、「山地門」或いはカタカナで「サンテイモン」と称されていた。戦後は高雄県三地盟郷とされ、1947年に「三地郷」と改称、1950年に屏東県に帰属した。1992年8月に「三地門郷」と改称されて現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 着任日 退任日

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台22線
省道 台27線

観光[編集]

  • 原住民文化園区
  • 徳文八景
  • 達来吊橋
  • 大社瀑布
  • 大津瀑布
  • 紫蝶谷
  • 海神宮

外部リンク[編集]