枋山郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屏東県の旗 屏東県 枋山郷
別称: 崩山
地理
Heitou bouzankyou.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 17.2697 km²
各種表記
繁体字: 枋山郷
日本語読み: ぼうざん
漢語: Fāngshān
通用: -
注音符号: ㄈㄤ ㄕㄢ
片仮名転写: ファンシャン
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 4村63鄰
政府所在地: -
枋山郷長: 周巧雲
公式サイト: 枋山郷公所
情報
総人口: 5,772 人(2014年1月)
戸数: 2,132 戸(2014年1月)
郵便番号: 941
市外局番: 08
枋山郷の木: -
枋山郷の花: -
枋山郷の鳥: -

枋山郷(ぼうざんきょう)は台湾屏東県

地理[編集]

枋山郷は屏東県南西部沿海地方に位置し、北は枋寮郷と、東は春日郷獅子郷と、南は車城郷とそれぞれ接し、西は台湾海峡に面している。恒春半島中央山脈末端に位置し、枋山郷は南北約30km、東西約100mという南北に細くなっており、海岸に切り立つ地勢となっている。

歴史[編集]

枋山郷は古くは原住民であるパイワン族の居住地であり、旧名を「崩山」と称した。1860年頃より漢人による入植が開始され、その際に入植地に存在した小山がしばしば山崩れを起こしたため「崩山」と呼ばれるようになった。後に「崩山」では不吉であるとされ、台湾語で同音の「枋山」と表記されるようになった。

1875年沈葆楨恒春半島に「恒春県」を設置し、今日の恒春鎮車城郷満州郷を漢人の地と定めた。この3地域を連絡するために半島西部に回廊が形成され、これが今日の枋山郷の前身となった。1920年の台湾地方制度改制の際、この地に「枋山庄」が設けられ高雄州恒春郡の管轄となった。戦後は高雄県枋山郷に改編され、1950年に屏東県に帰属するようになり現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 着任日 退任日

教育[編集]

高級中学[編集]

国民小学[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 南迴線 加禄駅 内獅駅
省道 台1線
省道 台9線
省道 26線

観光[編集]

  • 内獅瀑布
  • 嘉和掩体隧道
  • 双流森林遊楽区

外部リンク[編集]