「Avid Media Composer」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
| スクリーンショット =
| 開発元 = [[Avid]]
| 最新版 = 8.810.30, 8.2.12, 7.0.6
| リリース = 2017年5月
| 対応OS = [[Microsoft Windows|Windows]], [[macOS]]
| WinXP/Mac OS X
| 1.5
| Marquee Title Tool誕生、MXFサポート、24p/25p PAL、DVCPRO 50、DV 50キャプチャー、 Avid Adrenaline環境のLTC IN/OUT
| MXFファイルをサポート
|-
| 2004年12月
| Windows XP
| 2.1
| P2 サポート, XDCamXDCAM サポート
|-
| 2005年12月
| Windows XP/Mac OS X
| 2.6
| Interplay Productionサポート、カラーセーフ、リミッタ効果
|-
| 2007年5月
| Windows XP/Mac OS X
| 2.7
| DNxHD 36、Intel Mac Pro サポート、720p/50、XDCAM/P2デバイスへのエクスポート、 ScriptSync(Phoneticインデクシング)
| Intel MacPro サポート, ScriptSync、P2は/ XDCam writeout
|-
| 2007年12月
| 2008年6月
| Windows XP & Vista /<br />Mac OS X
| 3.0-3.1
| エフェクトのCPU/GPUアクセラレーション、リアルタイム・タイムコードエフェクト、フレームレートの混在編集、Panasonic AVC Intra/Sony HDCAM HD 50Mbコーデックのサポート、DNAハードウェア, REDワークフローをサポート、ProTools(Windowsのみ)のVideo Satelliteオプション
| 'DXのハードウェアをサポートし、新しい(良いマルチとGPUのスレッドをサポート。<br />エンジンのレンダリング)様<br />アングルタイムコードジェネレータ、<br />SubCap効果、avcのコーデックのサポート
|-
| 2008年9月
| Windows XP & Vista /<br />Mac OS X
| 3.05
| XDCAM 50mb format, DNA hardware on MacOS 10.5.5, REDワークフローをサポート
|-
| 2008年12月
| Windows XP & Vista /<br />Mac OS X
| 3.1
| ProTools(Windowsのみ)のVideo Satelliteオプション
|-
| 2009年3月
| Windows XP & Vista /<br />Mac OS X
| 3.5
| Avid Media Access (AMA)によるファイルベスメディアのネイティブ編集、XDCAM EXとXDCAM HDのEnd-to-Endの編集ワーク対応、カラーコレクションのキーファイル訂正レーム対応、ネイティブXDCAM EXのサポート、<br />モーションスビラムコドの(FluidStabilizer)、Quicktimeファイルでは、立体視をのタイムコードサポート、ステレオスコピック3D編集対応、ライセンスのソフトウェアアクティベーション方式対応
|-
| 2009年9月
|Windows 7/Vista/XP
Mac OS X
|8.0-8.2.912
|Avidアプリケーションマネージャーでのライセンス管理に移行、サブスクリプションライセンスを追加、永続ライセンスリリース、バックグラウンドプロセスの拡張(レンダリング)、メディアキャッシュ機能追加(サムネイル表示)、お気に入りビン機能、DMFでDPX連番サポート
|-
|2014年12月-2018年1
|Windows 7, 8.1, 10 /<br />Mac OS X
|8.3-8.10
|2K4K8Kプロジェクト対応、DNxコーデックシリーズにDNxHR(解像度フリー、12bit、HDR対応)を追加、REC.2020&DCI-P3カラースペース([[色空間]])対応、HDRサポート([[Hybrid Log-Gamma]] 対応、[[SMPTE ST 2084]] 対応、Sony S-Log 3など)、ソースブラウザ(ファイルメディアインポータ)追加、Sony XAVC-Iネイティブサポート、Panasonic AVC-LongG/Sony XAVC-Long GOPフォーマットサポート、DPXエクスポート、Artist DNxIO/DNxIQ/DNxIV/DNxIP ビデオI/Oハードウェア、FrameFlexの回転プリセット、PhraseFind(音声検索)オプションとScriptSyncオプションの追加、ビデオキャッシュ機能を強化
|}
 
28

回編集

案内メニュー