「イノセント・マン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
文中の間違った曲名を収録曲表記に修正
(リンク追加)
(文中の間違った曲名を収録曲表記に修正)
アルバムは[[Billboard 200|全米]]4位に達した<ref name="AllMusic">{{Cite web|url=http://www.allmusic.com/artist/billy-joel-mn0000085915/awards |title=allmusic ((( Billy Joel > Awards )))|accessdate=2012-07-17}}</ref>。[[イギリス]]では2位(2009年1月現在、ビリーの作品としては[[全英アルバムチャート]]での最高位<ref name=chartarchive>[http://chartarchive.org/a/billy+joel ChartArchive-Billy Joel-]</ref>)。本国[[アメリカ合衆国|アメリカ]]での第1弾シングル「あの娘にアタック」は、ビリーにとって2曲目となる[[Billboard Hot 100|全米]]1位獲得シングルとなった<ref name="AllMusic" />。続く「[[アップタウン・ガール]]」は、本国[[アメリカ合衆国|アメリカ]]で3位<ref name="AllMusic" />。[[イギリス]]では同曲が先にヒットし、ビリーにとって初となる全英チャート1位を果たした<ref name=chartarchive />。その後「イノセント・マン」(全米10位<ref name="AllMusic" />)、「ロンゲスト・タイム」(全米14位<ref name="AllMusic" />)、「夜空のモーメント」(全米27位<ref name="AllMusic" />)、「キーピン・ザ・フェイス」(全米18位<ref name="AllMusic" />)もシングル・ヒット。「今宵はフォーエバー」は、本国アメリカではシングル・カットされていないが、イギリスや日本でシングルとしてリリースされた。
「あの娘にアタック」のPVは「エド・サリバン・ショー」のパロディになっており、ウィル・ジョーダンがエドを演じ、ビリーはバンドメンバーと共にエルヴィスを彷彿させる歌手を演じ、TV見ている家庭やホームパーテイをしている若者たちを同時進行させビリーがTVで歌っている自分の前に突然単独で現れたり、パーテイに加わったりしている。
「キーピング・オン・ザ・フェイス」のPVは裁判長がロック禁止令を執行しようとし、ジミ・ヘンドリックスを彷彿させるロック・ミュージシャンたちが抗議する中、ビリーが現れ歌い出すと、皆ノッてきて、裁判長も躍りだし最後は皆で町へ繰り出す。
両方ともリマスターのCDEXTRAで見られる。
 
匿名利用者

案内メニュー