鈴木道子 (音楽評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 道子(すずき みちこ、1931年 - )は、日本音楽評論家

経歴[編集]

東京都出身[1]自由学園ピアノ学校に学び、林光は同級生であった[1]お茶の水女子大学附属高等学校から、東京女子大学文学部英米文学科に進んだが、高校の頃からNHKTBSのラジオ放送に出演していた[1]。大学卒業後、文化放送に、アナウンサーとして入社したが、レコード室を経て、音楽番組を手がけるプロデューサーとなり、『モダン・ジャズを分析する』で『スイングジャーナル』誌のプロデューサー・オブ・ジ・イヤーを受賞した[1]

1960年アメリカ合衆国へ渡り、1年半ほどで帰国して以降は、フリーランスとしてラジオ番組のプロデューサーやディスクジョッキー音楽評論家として活動した[1]日本レコード大賞審査員、国立音楽大学非常勤講師なども歴任した[1]。また、一般社団法人ミュージック・ペンクラブ・ジャパン会長を務めている[2]

おもな著書[編集]

単著[編集]

  • アメリカン・ミュージック・ヒーローズ 米国ポピュラー音楽の歴史、ショパン、2005年
  • 花に聴く 鈴木道子写真集、光村印刷、1999年
  • 花に聴く 鈴木道子写真集2、文芸社、2012年

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Profile 鈴木道子”. musicbook. 2017年9月9日閲覧。
  2. ^ 「テロ等準備罪」反対声明文”. ミュージック・ペンクラブ・ジャパン. 2017年9月9日閲覧。会員一覧・ポピュラー”. ミュージック・ペンクラブ・ジャパン. 2017年9月9日閲覧。