「チャタレー事件」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
|参照法条=刑法175条、憲法21条
}}
'''チャタレイ事件'''(チャタレイじけん)は、[[イギリス]]の[[作家]][[D・H・ローレンス]]の作品『[[チャタレイ夫人の恋人]]』を[[日本語]]に訳した作家[[伊藤整]]と、版元の[[小山書店]]社長[[小山久二郎]]に対して[[刑法 (日本)|刑法]]第175条の[[わいせつ物頒布罪]]が問われた事件で、[[日本国政府]]と[[連合国軍最高司令官総司令部]]による[[検閲]]が行われていた、[[連合国軍占領下の日本|占領下]]の[[1951年]]([[昭和]]26年)に始まり<ref name="repo1"/>、[[1957年]](昭和32年)の上告棄却で終結した。[[わいせつ]]と[[表現の自由]]の関係が問われた。
 
== 概要 ==
 
=== わいせつの判断 ===
わいせつの判断は事実認定の問題ではなく、法解釈の問題である。したがって、「この著作が一般読者に与える興奮、刺戟や読者のいだく羞恥感情の程度といえども、[[裁判所]]が判断すべきものである。そして裁判所が右の判断をなす場合の規準は、一般社会において行われている良識すなわち社会通念である。この社会通念は、「個々人の認識の集合またはその平均値でなく、これを超えた集団意識であり、個々人がこれに反する認識をもつことによつて否定するものでない」こと原判決が判示しているごとくである。かような社会通念が如何なるものであるかの判断は、現制度の下においては裁判官に委ねられているのである。」
 
=== 公共の福祉 ===
匿名利用者

案内メニュー