小山久二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャタレー裁判時の小山(左側)。伊藤整(右側)とともに。

小山 久二郎(おやま ひさじろう、1905年9月7日 - 1984年1月12日)は、日本の出版人、実業家。小山書店設立者、『チャタレイ夫人の恋人』の出版社社長、安倍能成の甥。

略歴[編集]

愛媛県に生まれる。法政大学中退。岩波書店を経て、1933年に小山書店を設立する。1941年下村湖人次郎物語』がベストセラーとなる。

戦後、三木清『読書と人生』、出隆『哲学以前』などを出版し、1950年に発行した伊藤整訳『チャタレイ夫人の恋人』がわいせつ文書として告発される(チャタレー事件)。1957年最高裁判決で有罪とされ罰金刑を受ける。のち、赤ちゃんとママ社を設立する。

人物[編集]

安倍能成が小山について以下のように語っている。[1]

『(略)ほめて言えば天才的というのかも知れないけれど、まこと変幻きわまりなく、ある時には殿さまのような生活をしているかと思うと、ある時には破産して赤貧洗うが如き状態になっていたり、またカムバックしたりしている。私のような凡人にはまことに附き合いにくい男(略)』

著書[編集]

  • 『ひとつの時代-小山書店私史』(六興出版、1982)

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ひとつの時代-小山書店私史』 7頁

外部リンク[編集]