南吉井村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みなみよしいむら
南吉井村
廃止日 1956年9月1日
廃止理由 新設合併
南吉井村拝志村北吉井村重信町
現在の自治体 東温市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
温泉郡
団体コード 消滅時制度なし
総人口 5198
(1955年)
隣接自治体

北吉井村川内村拝志村

荏原村浮穴村小野村(廃止時)
南吉井村役場
所在地 制度なし
愛媛県温泉郡南吉井村大字牛渕
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

南吉井村(みなみよしいむら)は、1956年(昭和31年)まで愛媛県温泉郡にあったであり、現在の東温市の中西部に位置する。

地理[編集]

現在の東温市の中西部。重信川中流の右岸で、同河川が南流し表川と合流し扇状地を形成する地点にあたる。重信川に沿っていくつかの泉が存在する。

地名の由来
古代から吉井郷という名が見られ、その南部に属することから南吉井村となった。現在でも南吉井小学校などの名にみられる。

歴史[編集]

藩政期

明治以降

  • 1889年(明治22年) 12月15日 - 成立。当初は下浮穴郡に属した。
  • 1897年(明治30年) 4月1日 - 温泉郡に所属。
  • 1899年(明治32年) 10月4日 - 伊予鉄道横河原線開通。田窪駅(現在の牛渕駅)開業。
  • 1927年(昭和2年) - 南吉井尋常小学校の校舎一部焼失、村民が山林を売却し再建費用を捻出。
  • 1938年(昭和13年) 9月4日 - 傷痍軍人愛媛療養所(現在の国立病院機構愛媛医療センター)建設に合わせ見奈良駅開業。
  • 1943年(昭和18年) - 重信川氾濫、北野田で被害。
  • 1945年(昭和20年) - 南吉井国民学校の校舎全焼。
  • 1947年(昭和22年) - 北吉井村と共立で吉井中学校設立。
  • 1948年(昭和23年) - 東温高校開校。
  • 1956年(昭和31年) 9月1日 - 拝志村、北吉井村との合併により重信町となる。
南吉井村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)
見奈良 ━━┓
田窪  ━━┫
牛渕  ━━╋━━━━━ 南吉井村 ━━━┓ (昭和31年9月1日合併)
南野田 ━━┫                  ┃
北野田 ━━┛                ┣━━ 重信町
                          ┃
             北吉井村  ━━━┫
                           ┃
                拝志村    ━━━┛
(注記)北吉井村、拝志村の旧村については、それぞれの村の記事を参照のこと

地域[編集]

見奈良(みなら)、田窪(たのくぼ)、牛渕(うしぶち)、北野田(きたのだ)、南野田(みなみのだ)の5つの大字があった。いずれも明治の村制発足前からの旧村であり、重信町になっても大字として存続した。

役場は大字牛渕においた。昭和30年人口5,198人。

行政[編集]

役場

はじめ大字牛渕の旧庄屋宅を代用した。1914年(大正3年)、御大典事業により牛渕に役場を建造した。重信町成立当初はこの役場が町役場としても活用された。

なお1964年(昭和39年)、重信町役場が大字見奈良に新設され、2000年(平成12年)に町役場は同じ見奈良内で移転、現在も東温市役所として機能している。

産業[編集]

重信川の氾濫原に位置するため新田の開発は遅れた。

交通[編集]

伊予鉄道横河原線が開通している。

関連項目[編集]