「DMB」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
'''T-DMB'''(Terrastrial-digital media broadcasting)は、[[2005年]]に大韓民国で放送を開始した小型携帯機器用[[地上デジタル放送]]。テレビ放送とラジオ放送とデータ放送を実施している。日本の[[ワンセグ]]に相当するもの。'''地上波DMB'''とも称される。
 
映像には[[H.264/AVC]]、音声には[[HE-AAC|MPEG-4 BSAC]]、データ放送にはMPEG-4 Systems Core profileを使用。送信周波数はVHF帯を使用。受信困難な地域・地下鉄駅に、ギャップフィラー(電波中継器)を約8000ヶ所(2006年12月現在)設置している。地下鉄駅に限っては受益者負担の観点から、携帯電話事業者が設置・管理している。また、インターネットを通して地上DMBを遠隔受信する技術([[IP放送]])も開発された。DMBOと呼ばれ海外でもほぼ同時に視聴可能となる。受信機は日本国でも販売されている。
 
大韓民国では地上デジタル放送規格に米国で開発された[[ATSC]]を採用したが、この規格はそもそも米国の郊外のように広大な土地に家屋が点在する、あるいは島々が点在する地域向けの規格であり、韓国や日本のように山岳と大都市が近接する地域では[[マルチパス|マルチパス妨害]]の影響を受けやすく小型携帯機器での受信には向いていない。

案内メニュー