DAB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DAB, DAB+, DMB globally.
(Source:WorldDMBForum country profile

DAB(Digital Audio Broadcast)とは、デジタルラジオの規格である。日本アメリカ合衆国を除くほとんどの国で採用されている。

概要[編集]

EUREKAヨーロッパ連合のために開発した(Project number EU147)。1987年から2000年の期間開発が行われ、主な部分は1980年代に開発された。550以上のサービスにより、2.85億人以上が受信可能地域にいる。イギリスで最初に本格放送が始まった。2001年時点で50の民放、BBCがロンドンで受信できる。DABフォーラムには30ヶ国が参加している。

デジタル変調OFDMで圧縮方式はMPEG Audio Layer 2である。

従来のラジオでは自動車などの移動中に送信所のエリアから外れた場合周波数を手作業で変更していたが、DABでは自動で行われる。また文字放(Dynamic Label Segment) によって曲名や交通情報などの情報が得られる。さらにマルチチャンネル、HTMLデータ、電子番組表などのサービスも行われる。

エラー補正のレベルにより伝送速度は違うがイギリスで主に使われるレベル3で1184Kbpsである。イギリスの基本的な使用レートは音楽128Kbpsステレオ、音声80Kbpsモノラルである。

韓国ではこの方式でラジオ放送の他にMPEG-4で圧縮した移動体向けテレビ放送をしている。

サブセット[編集]

  • DAB-IP:IPデータ放送に対応。イギリスで使用されていたが、現在は使用されていない。

周波数・モード[編集]

DABにはモードI, II, III, IVがあり国によって使用するモードは異なる。世界で使用するためには4つ全てのモードに対応した機器が必要。

  • Mode I(174–240 MHz) 地上波
  • Mode II(1452–1492 MHz) 地上波、衛星
  • Mode III(3GHz以下の周波数) 地上波、衛星
  • Mode IV(1452–1492 MHz) 地上波、衛星

関連項目[編集]

外部リンク[編集]