潼関県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 陝西省 潼関県
再建中の潼関
再建中の潼関
簡体字 潼关
繁体字 潼關
拼音 Tóngguān
カタカナ転写 トングァン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
陝西
地級市 渭南市
行政級別 県級市
面積
総面積 817 km²
人口
総人口(2004) 16 万人
経済
電話番号 0913
郵便番号 714300
行政区画代碼 610522
公式ウェブサイト http://www.tongguan.gov.cn/

潼関県(どうかんけん)は中華人民共和国陝西省渭南市に位置する

地理[編集]

潼関県は関中平原の東部、秦嶺山脈の北、渭河洛河の南、華山の東に位置し、山西陝西河南の3省を結ぶ交通の要衝であり、古より軍事家による争奪の地となった。潼関は地形険峻にして、長安の東の藩屏であった。

歴史[編集]

殷代は定国に属し桃林と称されていた。周代になると畿内地域とされ渭汭と称された。春秋時代にはに属し桃林塞と称されに対抗する戦略拠点とされた。前453年に属するようになり、前332年に寧秦県が設置された。

前202年前漢は船司空衙門を設置し、黄河及び渭河の水運を監督するようになり、船司空県と称されるようになった。9年始建国元年)、新朝を立てた王莽により一時船利県と改称されたが、後漢が成立すると船司空県に戻された。213年建安18年)、船司空県は華陰県に編入され、その後三国にかけて沿襲された。534年永熙3年)、北魏が定城県を設置、更に西魏になり敷西県に編入され北周に至った。

583年開皇3年)、中国統一を達成した隋朝は敷西県を華州(後に京兆郡)の管轄とし、その2年後に華陰県と改称した。唐代になると685年垂拱元年)に仙掌県と一時改称されたが、706年神龍2年)に華陰県と改められ元末まで沿襲された。

明朝が成立すると1374年洪武7年)に潼関守御千戸所を設置、清代になると1724年雍正2年)に潼関県と改称され、その後潼関庁と改称された。

中華民国が成立すると1913年に再び潼関県が設置され現在に沿襲されている。

行政区画[編集]

6鎮を管轄する

  • 鎮:城関鎮、桐峪鎮、太要鎮、秦東鎮、代字営鎮、安楽鎮

外部リンク[編集]