商洛市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 陝西省 商洛市
金糸峡
金糸峡
陝西省中の商洛市の位置
陝西省中の商洛市の位置
簡体字 商洛
繁体字 商雒
拼音 Shāngluò
カタカナ転写 シャンルオ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
陝西
行政級別 地級市
面積
総面積 19,292 km²
人口
総人口(2004) 241 万人
経済
電話番号 0914
郵便番号 726000
ナンバープレート 陜H
行政区画代碼 611000
公式ウェブサイト http://www.shangluo.gov.cn

商洛市(しょうらく-し)は中華人民共和国陝西省に位置する地級市

地理[編集]

陝西省の東南部に位置し、渭南市西安市安康市河南省湖北省に接する。

歴史[編集]

市名は区内に位置する商山洛水による。

殷代豫州及び梁州が設置され、西周から春秋時代にかけてはの、戦国時代の版図とされた。秦が中国を統一すると商洛北部は関中郡、南部は漢中郡に移管された、漢初には弘農郡と漢中郡に、後漢では京兆尹と漢中郡に改編された。

明代から清初にかけては西安府の管轄とされ、1725年雍正3年)に直隷州に、1913年、州制廃止に伴い関中道及び漢中道に移管された。1935年、第四行政督察専員公署が設置され商県雒南県山陽県商南県鎮安県柞水県の6県を管轄するようになった。1949年、中華人民共和国が成立すると陝南行署商雒分区が設置され、翌年に商雒専区に改編され商県、雒南県、丹鳳県、山陽県、商南県、鎮安県、柞水県の7県を管轄するようになり、1969年に商雒地区に改称された。

1986年、商雒地区から商洛地区に改称、2001年12月に地級市の商洛市に昇格し現在に至る。

行政区画[編集]

1市轄区・6県を管轄する。

商洛市の地図

年表[編集]

陝南行政区商雒分区[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国陝西省陝南行政区商雒分区が成立。雒南県商県丹鳳県山陽県鎮安県柞水県商南県が発足。(7県)
  • 1950年4月 (7県)
    • 商県の一部が山陽県・雒南県に分割編入。
    • 丹鳳県の一部が商南県に編入。
    • 雒南県の一部が丹鳳県に編入。
    • 鎮安県の一部(金井郷)が柞水県に編入。
    • 柞水県の一部(東川区の一部)が鎮安県に編入。
  • 1950年5月2日 - 陝南行政区商雒分区が商雒専区に改称。(7県)

商雒専区[編集]

  • 1950年7月 - 雒南県の一部が渭南専区華県に編入。(7県)
  • 1953年10月 (7県)
    • 商県の一部が山陽県に編入。
    • 雒南県の一部が丹鳳県に編入。
  • 1956年2月 - 渭南専区藍田県の一部が柞水県に編入。(7県)
  • 1956年5月 (7県)
    • 渭南専区藍田県の一部が商県に編入。
    • 鎮安県の一部が安康専区寧陝県に編入。
  • 1958年11月21日 (5県)
    • 柞水県が鎮安県に編入。
    • 丹鳳県が商県・商南県・山陽県に分割編入。
    • 商県の一部が山陽県に編入。
  • 1960年12月 - 雒南県の一部が渭南県に編入。(5県)
  • 1961年8月16日 (7県)
    • 鎮安県の一部が分立し、柞水県が発足。
    • 商県・山陽県・商南県の各一部が合併し、丹鳳県が発足。
  • 1961年9月 - 山陽県の一部が商県・丹鳳県に分割編入。(7県)
  • 1964年4月 - 鎮安県の一部が安康専区安康県に編入。(7県)
  • 1964年8月29日 - 商雒専区が商洛専区に改称。

商洛地区[編集]

  • 1964年8月29日 - 商雒専区が商洛専区に改称。(7県)
  • 1969年10月 - 商洛専区が商洛地区に改称。(7県)
  • 1988年5月24日 - 商県が市制施行し、商州市となる。(1市6県)
  • 2001年8月31日 - 商洛地区が地級市の商洛市に昇格。

商洛市[編集]

  • 2001年8月31日 - 商洛地区が地級市の商洛市に昇格。(1区6県)
    • 商州市が区制施行し、商州区となる。

交通[編集]

鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]