潮江天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天満宮
Ushioe-tenmangu03s3200.jpg
拝殿
所在地 高知県高知市天神町19-20
位置 北緯33度33分11.54秒
東経133度32分04.23秒
座標: 北緯33度33分11.54秒 東経133度32分04.23秒
主祭神 菅原道真
高視朝臣
北の御方
社格 県社
別表神社
創建 (伝)延喜5年(905年
例祭 7月22日(夏祭)
主な神事 春大祭(古式菜種祭)(2月25日
秋大祭(神幸祭)(11月18日19日
地図
天満宮の位置(高知県内)
天満宮
天満宮
テンプレートを表示

潮江天満宮(うしおえてんまんぐう)は、高知県高知市天神町にある神社旧社格県社で、現在は別表神社

「潮江天満宮」は通称であり、正式名称は「天満宮」。市南半分の産土神であり[1]、高知市の中心部に鎮座することもあって、初詣では土佐国一宮土佐神社をしのぎ市内最多の参拝者を集める。

祭神[編集]

主祭神

相殿神

歴史[編集]

創建[編集]

昌泰4年(901年)の昌泰の変による菅原道真の左遷に伴い、その息子である大学頭右少弁菅原高視も土佐権守に任官されて左遷され、土佐国潮江に居住した。高視邸跡は昔は「小判畑」と呼ばれており、現在は石碑が建てられている。邸跡のある山は高視の名前から「高見山」(筆山の奥の山、正式名は皿ヶ峰)と呼ばれ、麓には現在も高見町という町名が残っている。

延喜3年(903年)に道真が薨去し、その御璽(御鏡、紫御袍、神息の御神剣)観音像が2年後に高視の元へ届けられたので、それらを祀ったのが創祀とされる。 なお、この際届けたのが道真公侍臣の渡会春彦(白太夫)であり、長岡郡大津村船戸(現 高知市大津舟戸)の霊松山雲門寺において病を発し、延喜5年(905年12月9日高視に会うことなく同地で没した[1]と伝わる。その後遺品は他の者により届けられた。現在も岩崎山(大津北浦)には、その墓(奥津城)が残り白太夫神社が建てられている。

その後、京で数々の異変があったこともあり、高視は延喜6年(906年)京へ戻り従五位上に叙され大学頭に復帰している。

概史[編集]

長宗我部氏の時代宮地若左衛門が祭祀職を務め以来、1871年(明治4年)の太政官布告によって社家が廃止されるまで、代々その子孫が神主職(宮司職)を世襲した。

明治6年(1873年)県社に列格し、明治35年(1902年)の菅原道真一千年祭にあたって大幅な修築が行われている。本殿は太平洋戦争の際に焼失。戦後は神社本庁別表神社に列している。

境内[編集]

境内は筆山の麓、鏡川と挟まれた地に建つ。鏡川右岸に沿うようにあり、川の下流側である東側が入口となる。本殿は入口同様東面しているが、参道はS字に折れている。すなわち、参道は入口からしばらく西に向かったあと左に直角に折れ、楼門をくぐったのち今度は右に直角に折れる。境内には他の天満宮同様、多くの老梅がある。

社殿のうち楼門は、嘉永6年(1853年)の造営。三間一戸入母屋造、銅板葺で、高知市指定有形文化財に指定されている。

また境内左手の鏡川堤防上に立つクスノキは、樹高25メートル、目通り幹囲7.5メートルを測る。推定樹齢は300年以上。このクスノキは「天神のクスノキ」として高知市指定天然記念物に指定されている。また、境内は特別天然記念物ミカドアゲハの保護のため、筆山町要法寺境内・潮江中学校校庭とともに「高知市のミカドアゲハ及びその生息地」に登録されている。

摂末社[編集]

  • 白太夫社
    祭神は菅原道真の侍臣で、「菅原伝授手習鑑」の白太夫として著名。
  • 若栄社(わかえしゃ)
    • 祭神:菅公陪従の諸霊と宮地正勝。祭日:2月25日、7月22日、11月18日・19日
  • 早良宮
    元は高知市唐人町にあったが、同地に藩主山内氏の別邸を築くにあたって鷹匠町藤並神社内に遷されたのち、明治3年(1870年)3月当地に遷された。
  • 島崎神社
    • 祭神:島崎道和(道久)。祭日:2月25日、7月22日、11月18日・19日
    寛政6年(1794年)10月勧請。島崎道和は当社近くに住んでいた人物で、当社を篤く崇敬したため祀られた。
  • 大山祇神社
    • 祭神:大山祇命。祭日:2月25日、7月22日、11月18日・19日。旧暦20日に月例祭。
    手箱山より勧請。
  • 幡龍宮
    神池のほとりに龍神が祀られている。

文化財[編集]

高知市指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 潮江天満宮楼門(建造物) - 昭和42年2月3日指定。
  • 天然記念物
    • 天神町のオオクスノキ - 昭和42年2月3日指定。

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

周辺

  • 筆山
  • 鏡川
    天神大橋 - 真如寺の山内家廟の為に元和年間に架けられ、当初は「真如寺橋」の名であった。8代藩主豊敷の代で潮江天満宮にちなみ改称[1]
  • 真如寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『高知市史』潮江天満宮項、482-483頁。

参考文献[編集]

  • 『高知市史』(高知市役所、1920年
  • 『家牒』
  • 太田亮『姓氏家系大辞典』
  • 『「宮地神仙道」という幻想』(2014年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]