滝山信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯35度30分07秒 東経134度16分36秒 / 北緯35.50194度 東経134.27667度 / 35.50194; 134.27667

滝山信号場
福部方待避線より本線合流部を撮影
福部方待避線より本線合流部を撮影
たきやま
Takiyama
福部 (5.9km)
(5.3km) 鳥取
所在地 鳥取県鳥取市滝山
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 山陰本線
キロ程 225.0km(京都起点)
電報略号 タヤ←タキシ
駅構造 地上
ホーム 3線
開業年月日 1943年昭和18年)10月1日
テンプレートを表示
福部方待避線末端方向を撮影。近年は全く使用されないため、かなり荒れ果てている。

滝山信号場(たきやましんごうじょう)は、鳥取県鳥取市滝山にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線信号場である。

歴史[編集]

構造[編集]

福部駅より鳥取駅方向に約5.9kmにある信号場。福部駅に向かって上り勾配上にあるため、本信号場はスイッチバック式信号場となっている。

国鉄時代には、もう1本の待避線があり、上り下り各一本を待避させて通過列車を通すという運行も可能であったが、JRとなる数年前に、現状の配線に改められた。この名残として、鳥取側の待避線には複線分の幅がある。

現在、この信号場においての列車交換・待避はダイヤ上設定されていない。ただし信号機やポイントなど、信号場としての機能は保持されており、閉塞区間の境界となっている。

構内配線図 A:福部 B:鳥取

周辺[編集]

山間部であるが、付近に自動車が通行可能な道路(県道43号)がある。なお、最寄のバス停はその名のとおり「信号所前」である。ただし、このバス停を経由するのは日ノ丸バス百谷線(鳥取駅 - 百谷公民館)のみで、本数は1日6往復(土日曜は4往復)しかない。

隣の施設[編集]

西日本旅客鉄道
A 山陰本線
福部駅 - 滝山信号場 - 鳥取駅