清澄寺 (鴨川市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
清澄寺
Seityouji.jpg
大堂
所在地 千葉県鴨川市清澄322-1
位置 北緯35度9分39.4秒
東経140度9分5秒
座標: 北緯35度9分39.4秒 東経140度9分5秒
山号 千光山
宗派 日蓮宗
寺格 大本山(霊蹟寺院)
本尊 十界曼荼羅
創建年 伝・771年(宝亀2年)
開山 伝・不思議法師
正式名 千光山清澄寺
札所等 安房国札三十四観音霊場17番
東国花の寺百ヶ寺千葉11番
文化財 中門ほか
地図
清澄寺 (鴨川市)の位置(千葉県内)
清澄寺 (鴨川市)
法人番号 1040005015856
テンプレートを表示

清澄寺(せいちょうじ)は、千葉県鴨川市清澄にある日蓮宗大本山山号は千光山。日蓮出家得度および立教開宗した寺とされ、久遠寺池上本門寺誕生寺とともに日蓮宗四霊場と呼ばれる[1]

なお、本堂のある清澄山(きよすみやま)についても本項で触れる。

概要[編集]

寺の縁起によれば、旅の僧(聖僧)が当地を訪れて虚空蔵菩薩を祀る一寺を建立し、山岳信仰霊場となったという。僧の素性は不明で、「不思議法師」と呼ばれた。山頂近くに古いの木があり怪しく千光を発していたことから山号を千光山とし、柏の木の下に水の涸れた池があって、加持すると清泉がたちまちに沸いたことから寺号を清澄寺としたという。

歴史[編集]

文化財[編集]

  • 清澄寺中門(千葉県指定有形文化財)
  • 清澄寺石造宝篋印塔(千葉県指定有形文化財)
  • 清澄寺石幢(千葉県指定有形文化財)
  • 梵鐘(千葉県指定有形文化財)
  • 旭森経塚遺物(千葉県指定有形文化財)
  • 清澄寺石造宝篋印塔(鴨川市指定有形文化財)
  • 木造薬師如来坐像(鴨川市指定有形文化財)
  • 木造如来立像(鴨川市指定有形文化財)
  • 銅造観音菩薩立像(鴨川市指定有形文化財)

天然記念物[編集]

地理[編集]

清澄山の主峰は標高377mの妙見山で、千葉県で3番目に高い山である[2]。なお、本堂付近の標高は約310メートルである。

南房総国定公園に含まれており、北斜面には暖帯性、南斜面には亜熱帯性の植物が自生する植物分布の境界となっている。また、安房・上総の分水界であり、養老川小櫃川も清澄山を源流とする。地質学的には新第三紀に形成され、泥板岩砂岩で構成される。

山周辺には旭が森があり仏舎利塔も建つ。清澄山は本土で一番早く初日の出が拝める場所でもあり節分には豆まきも行われている。また、山周辺の一帯には東京大学農学部演習林がある。空手家大山倍達がこの山に籠もって修行したことでも知られる。

交通アクセス[編集]

隣の札所[編集]

安房国札三十四観音霊場
16 石間寺 -- 17 清澄寺 -- 18 石見堂

日蓮と清澄寺[編集]

日蓮の出家[編集]

承久4年(1222年)2月16日[注 1]日蓮安房国長狭郡東条郷(現・千葉県鴨川市小湊)で生まれた[注 2]。善日麿と名付けられた日蓮は、12歳になると清澄寺に預けられ薬王丸と改名、住僧・道善房に師事して16歳で出家得度し是聖房蓮長の名を授かった[注 3]。本尊の虚空蔵菩薩に「日本第一の智者となし給へ」と祈願した日蓮は[注 4]鎌倉京都比叡山高野山天王寺などへ遊学、清澄寺に戻った時には32歳となっていた[注 5][8]

立教開宗[編集]

建長5年(1253年)4月28日、清澄寺で帰山報告を兼ねた説法会を行った日蓮は、文献を基に浄土宗を批判し法華経が最も優れた経典と語った。この説法は念仏信者の反発を呼び、日蓮を捕える動きがあったが、師・道善房や兄弟子らの助けによって日蓮は安房国を脱した[注 6]。後世の伝記によればこの日の朝、日蓮は旭が森に登り、朝日に向かって題目南無妙法蓮華経」を唱えたとされ、日蓮宗では4月28日を記念して立教開宗の日としている。また日蓮はこの後、蓮長から日蓮へと名を改めている[8][9]

報恩抄を著述[編集]

建治2年(1276年)改宗せずも日蓮に理解を示した師・道善房が没した。日蓮(55歳)は「報恩抄」を著し、弟子を遣わして同書を師の墓前に供え、深い感謝を捧げた。報恩抄の最後は「されば花は根にかへり、真味は土にとどまる。此の功徳は故道善房の聖霊の御身にあつまるべし」と結ばれている[10]。報恩抄は日蓮の著述の中でも五大部の1つされる重要な書物である[注 7]。道善房没後670余年、昭和24年(1949年)清澄寺は日蓮宗へと改宗した[12]

清澄寺の日蓮霊跡[編集]

女人堂と涕涙石[編集]

日蓮が12歳で清澄寺に預けられた当時、清澄への女性の入山が禁じられていた為、日蓮は女人堂で母と会ったとされる[13]。日蓮は故郷への思いが修学の妨げになるとして母に来訪しないよう伝え、母は石に座り込み涙を流したと伝わる。当時の女人堂跡地には母の涙の跡が表面に残る涕涙石があったが、道路の拡張により埋められ、現在は記念碑が建てられている[14]

虚空蔵菩薩像 [編集]

天和2年(1682年)摩尼殿とも称す大堂(本堂)が建立された。堂内には現在本尊とする曼荼羅の前に、享保2年(1717年)八事山興正寺の天瑞和尚が奉納した能満虚空蔵菩薩の像が置かれ、その胎内に日蓮が祈願した不思議法師作の虚空蔵菩薩像が安置されているという[15]。不思議法師は清澄寺を開山した僧である[12]

凡血の笹・練行堂[編集]

境内に黒い斑点がある不思議な笹の葉が生えている。出家した日蓮は虚空蔵菩薩に日本第一の知者となるよう願をかけ、21日間の断食行を行った。満願の日、堂を出た日蓮の吐いた血が笹の葉に飛び散り、葉に黒い斑点が表れるようになったと伝わる。日蓮が必要なくなった凡人の血を吐いたと考えられ「凡血の笹」と呼ばれる[16]。また境内には平安初期に清澄寺を再興した天台僧・慈覚大師円仁や日蓮が修行したと伝わる練行堂がある[17]

旭が森・日蓮銅像[編集]

建長5年(1253年)4月28日、日蓮が旭が森で初めて題目を唱え、法華経の布教を決意したとされ、清澄寺では4月27・28日に「立教開宗会」を行う[18]。また大正12年(1923年)には旭が森に日蓮の銅像が建立された。この日蓮像は明治から昭和にかけて活躍した彫刻家・渡辺長男の作品で[19]、複製された銅像が平成30年(2018年)3月時点で全国に40体以上あり、東京都内では法恩寺 (墨田区)、感応寺 (江戸川区)等で見られる[注 8]

道善房の墓と報恩殿[編集]

境内には建治2年(1276年)3月16日に没した日蓮の師、道善房の墓所があり[21]、その隣に追善のため、昭和37年(1962年)報恩殿が建立された。殿内に道善房の尊像を安置する。また報恩殿の裏にはつつじ山が造成され5月のGW後半に見頃になるという[22]

祖師堂・宝物殿[編集]

昭和48年(1973年)建築家・内井昭蔵の設計で祖師堂が建立された。 安置された日蓮像は徳川家康側室お万の方の奉納と伝わる[23]。また昭和56年(1981年)には宝物殿が建てられ、日蓮ゆかりの品を展示している[24]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1222年の日本の元号は承久4年で始まり4月13日に貞応に改元された[3][4]
  2. ^ 日蓮の「安房国長狭郡東条郷の出目」は日蓮57歳の著述「本尊問答鈔」による。日蓮「2月16日誕生」説は大石寺4世日道(1341年没)の著述「御伝土代」が初見[5]
  3. ^ 「12歳から清澄寺」も日蓮57歳の著述「本尊問答鈔」にある。「薬王丸」は身延山久遠寺11世日朝が1478年に著した「元祖化導記」また「善日麿」は江戸時代以降の日蓮伝からみられる。「是聖房」は日蓮17歳が清澄寺で書写した「円多羅義集」の奥書に自著がある[6]
  4. ^ 「日本第一の智者となし給へ」の祈願は日蓮49歳の著「善無畏三蔵鈔」等に見える[7]
  5. ^ 日蓮の「16歳出家」「32歳まで鎌倉、京都、比叡山、園城寺、高野山、天王寺等を遊学」は日蓮57歳の手紙「妙法比丘尼御返事」による[6]
  6. ^ 「建長5年(1253年)4月28日 の説法会」については日蓮55歳の手紙「清澄寺大衆中」や58歳の手紙「聖人御難事」に著されている。また日蓮の晩年の手紙には、清澄を追われる際、日蓮を助けた兄弟子への感謝が度々綴られ、日蓮55歳著述の「報恩抄」、57歳著述の「本尊問答鈔」などに見られる[9]
  7. ^ 五大部とは日蓮が著した書物の中で最も重要な五編で「立正安国論」「開目抄」「観心本尊抄」「撰時抄」「報恩抄」をさす[11]
  8. ^ 旭が森の日蓮銅像は平成5年(1993年)建立70周年を記念し修復。修復を担当した老子製作所がその後、旭が森の日蓮銅像を複製、高さは清澄寺の1丈(約3m)の他、8尺(約2.4m)、6尺(約1.8m)がある[20]

出典[編集]

  1. ^ 日本歴史地名大系 (1996)
  2. ^ 角川日本地名大辞典(12.千葉県)
  3. ^ 承久』 - コトバンク
  4. ^ 貞応』 - コトバンク
  5. ^ 田村 (2015), pp. 09-11.
  6. ^ a b 田村 (2015), pp. 16-17.
  7. ^ 田村 (2015), p. 21.
  8. ^ a b 渡辺 (2011), pp. 22-29.
  9. ^ a b 田村 (2015), pp. 31-33.
  10. ^ 日蓮宗事典 (1981), p. 564
  11. ^ 渡辺 (2011), p. 68.
  12. ^ a b 日蓮宗事典 (1981), p. 480
  13. ^ 女人堂”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  14. ^ 涕涙石”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  15. ^ 大堂(本堂)”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  16. ^ 凡血の笹”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  17. ^ 練行堂”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  18. ^ 旭が森”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  19. ^ 日蓮聖人銅像”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  20. ^ 日蓮聖人像”. 老後製作所公式サイト. 老後製作所. 2018年4月3日閲覧。
  21. ^ 道善房墓所”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  22. ^ 報恩殿”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  23. ^ 祖師堂”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。
  24. ^ 宝物殿”. 清澄寺公式サイト. 清澄寺. 2018年4月3日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]