淵上誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
淵上誠 
基本情報
本名 淵上誠
通称 「薩摩コング」
階級 ミドル級
身長 180cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1983-07-30) 1983年7月30日(34歳)
出身地 鹿児島県阿久根市脇本
スタイル 左ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 23
KO勝ち 14
敗け 12
テンプレートを表示

淵上 誠(ふちがみ まこと、1983年7月30日 - )は、日本のプロボクサー鹿児島県阿久根市脇本出身。鹿児島県立出水工業高等学校[1]。 第54代日本ミドル級王者。第43代・第44代OPBF東洋太平洋ミドル級王者。八王子中屋ボクシングジム所属。

来歴[編集]

アマチュアボクシングでは12戦5勝7敗の戦績を上げ、上京しプロ入りを果たす。

2004年6月12日、茅ヶ崎市総合体育館で鈴木典史(ピストン堀口)と対戦し、3回2分46秒TKO負けを喫しデビュー戦を勝利で飾れなかった。

2005年9月27日、 後楽園ホールで行われた第62回東日本ミドル級新人王決定戦予選で、全日本新人王となる古川明裕(ワールド日立)と対戦し、プロ初のKO負けとなる3回2分56秒TKO負けを喫した。

2006年11月3日、京王プラザホテル八王子で吉田真樹(新日本カスガ)と対戦し、6回3-0(60-54、2者が59-54)の判定勝ちを収め、第63回東日本ミドル級新人王を獲得した。

2006年12月17日、全日本新人王決定戦で西軍代表の西日本新人王福森智史と対戦し、6回3-0(3者共に58-57)の判定勝ちを収め、第53回全日本ミドル級新人王を獲得した。

2007年7月21日、後楽園ホールで日本ミドル級王者江口啓二(姫路木下)と対戦し、10回0-3(2者が93-99、94-99)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2007年11月14日、京王プラザホテル八王子で吉田真樹(新日本カスガ)と対戦し、5回1分41秒3-0(3者共に50-45)の負傷判定勝ちを収め、再起に成功した。

2008年10月8日、最強後楽園決勝で氏家福太郎(新日本木村)と対戦し、8回2-1(78-75、77-76、75-77)の判定勝ちを収め、最強後楽園優勝を飾り、チャンピオンカーニバルへの出場権を獲得した。

2009年4月11日、大阪府立体育会館で日本ミドル級王者鈴木哲也(新光)と対戦し、10回1-2(95-97、96-95、95-96)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。この試合はサウスポー同士の一戦だった。

2009年8月10日、後楽園ホールで岡田山金太郎と対戦し、8回2分8秒TKO勝ちを収め、再起に成功した。

2010年4月26日、後楽園ホールで岳たかはし(川崎新田)と対戦し、日本王座挑戦前哨戦として行われたサウスポー対決を制し、8回3-0(76-75、2者が77-75)の判定勝ちを収めた。

2010年10月3日、松下IMPホールで日本ミドル級王者鈴木哲也と1年6ヵ月ぶりに再戦し、6回45秒TKO勝ちを収め、プロ20戦目で悲願の王座獲得に成功した。

2011年2月4日、後楽園ホールで日本ミドル級1位の氏家福太郎(新日本木村)と対戦し、8回1分52秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年6月13日、後楽園ホールで日本ミドル級7位田島秀哲(西遠)と対戦し、田島の5回終了時棄権によるTKO勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。

2011年8月8日、後楽園ホールで日本ミドル級6位細川貴之(六島)と対戦し、6回2分7秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2011年12月12日、OPBF東洋太平洋ミドル級王者佐藤幸治(帝拳)との王座統一戦に臨んだ。2回と6回にダウンを奪われ、ポイントでは劣勢だったが、9回に集中打を浴びせ、9回TKO勝ちで日本王座は4度目の防衛とOPBF王座獲得に成功、日本王座とOPBF王座の統一に成功した[2]。この試合は米国の複数ウェブサイトで年間最高試合候補となった。ボクシングライターのセオドア・サレスは、この年の年間最高試合にポンサワン・ポープラムック八重樫東戦を選び、佐藤対淵上戦を次点として発表している。サレスは長年のキャリアで観てきた中でも最も劇的な復活劇のひとつであるとし、ポンサワン対八重樫戦とは紙一重で年間最高試合を逸したが、選考の上でこれら2試合を大きく隔てるものは何もなかったと書いている[3][4]

2011年12月19日、日本ミドル級王座を返上した。

2012年4月9日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋ミドル級1位の郭京錫と対戦し、10回44秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2012年5月、世界王座に挑戦する為にOPBF東洋太平洋ミドル級王座を返上した。

2012年5月12日、ウクライナキエフ州ブロヴァルィーのアイス・パレス“ターミナル”でWBAIBO世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンカザフスタン)と対戦するも、3回TKO負けを喫しWBA王座とIBO王座獲得に失敗した[5]

2012年10月12日、日野市市民の森ふれあいホールで世界王座挑戦の為王座返上に伴い空位になったOPBF東洋太平洋ミドル級王座決定戦で1位のマーロン・アルタ(フィリピン)と対戦する予定だったが、アルタが前日計量で300gの体重超過があり失格となった為、淵上が勝てば王座獲得、アルタが勝てば王座は空位となるという変則タイトルマッチとしてOPBF東洋太平洋ミドル級王座決定戦が行われ、試合序盤はアルタとの接近戦で手が出ず4回終了後の公開採点では1-2と淵上が劣勢だったが、5回から淵上が距離を置き、淵上の左の強打がアルタに決まり始め、序盤の劣勢を挽回し、逆に試合を優勢に進め、6回終了時にアルタが棄権を申し出た為、TKO勝ちを収め淵上が5ヵ月ぶりにOPBF王座に返り咲いた[6]

2013年5月4日、後楽園ホールで日本スーパーウェルター級王者柴田明雄と対戦し、9回1分7秒0-3(83-87、82-89、81-89)の負傷判定負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[7][8]

2014年3月1日、後楽園ホールで日本ミドル級5位の西田光(川崎新田)と日本ミドル級挑戦者決定戦を行い、8回0-3(75-78、75-77、76-77)の判定負けを喫し日本王座への挑戦権獲得に失敗すると共に再起に失敗した[9]

2014年7月23日、後楽園ホールでジャーメド・ジャラランティ(インドネシア)とミドル級契約8回戦を行い、2回1分15秒TKO勝ちを収め再起に成功した[10]

2014年12月6日、後楽園ホールで日本・OPBF東洋太平洋ミドル級王者柴田明雄と対戦したが、12回1分49秒TKO負けを喫し、王座返り咲きに失敗した[11]。1年7ヵ月ぶりとなる柴田との再戦だったが雪辱を果たすことは出来なかった。

2015年8月7日、後楽園ホールで日本ミドル級3位の西田光(川崎新田)とミドル級契約8回戦を行い、5回2分36秒TKO負けを喫した[12]。1年5ヵ月ぶりとなる西田との再戦だったが雪辱を果たすことは出来なかった。

2016年1月20日、後楽園ホールで美柑英男(渥美)とミドル級8回戦を行い、5回2分10秒TKO勝ちを収め再起に成功した[13]

2016年6月19日、茨城県古河市古河市中央運動公園総合体育館でブランドン・ロックハート・シェーン(森岡)とミドル級8回戦を行い、3回2分22秒TKO勝ちを収め日本ミドル級王者の西田光(川崎新田)への挑戦権を獲得した[14]

2016年7月31日、JBCは最新ランキングを発表し、淵上を日本ミドル級2位にランクインした[15]

2016年9月14日、後楽園ホールで行われた「ホープフルファイトvol.23」で日本ミドル級王者西田光(川崎新田)と空位のWBOアジア太平洋ミドル級王座決定戦も兼ねて対戦し、日本王座返り咲き並びにWBOアジア太平洋王座獲得を目指す予定だったが、西田が同月11日に川崎新田ジムの階段から転落し頭部を打って意識を失い、骨盤と脛も負傷、意識はすぐに回復し、病院での検査で異常は発見されなかったが翌12日になってもめまいや吐き気が治まらなかった為、同日夜に西田の棄権による試合の中止となった。西田戦が中止となった淵上はWBOアジア太平洋スーパーフェザー級王座決定戦の前にスパーリングを行った[16]

2016年12月24日、後楽園ホールで日本ミドル級王者の西田光の負傷に伴い元日本ミドル級王者で日本ミドル級1位の胡朋宏と日本ミドル級暫定王座決定戦を行い、8回1分44秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[17]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:12戦5勝7敗
  • プロボクシング:35戦23勝(14KO)12敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2004年6月12日 3R 2:46 TKO 鈴木典史 日本の旗 日本
(ピストン堀口)
プロデビュー戦
2 2004年9月18日 4R 判定3-0 佐藤圭 日本の旗 日本
(ワタナベ)
3 2005年2月7日 4R 判定0-3 斉藤豪 日本の旗 日本
(草加有沢)
4 2005年6月14日 2R 1:35 TKO 南大悟 日本の旗 日本
(オーキッドカワイ)
5 2005年9月27日 3R 2:56 TKO 古川明裕 日本の旗 日本
(ワールド日立)
6 2006年3月1日 4R 判定3-0 斉藤豪 日本の旗 日本
(草加有沢)
7 2006年4月26日 4R 判定3-0 吉田真樹 日本の旗 日本
(新日本カスガ)
8 2006年9月29日 4R 判定3-0 南大悟 日本の旗 日本
(オーキッドカワイ)
9 2006年11月3日 6R 判定3-0 吉田真樹 日本の旗 日本
(新日本カスガ)
東日本ミドル級新人王決定戦
10 2006年12月17日 6R 判定3-0 福森智史 日本の旗 日本
(正拳)
全日本ミドル級新人王決定戦
11 2007年3月17日 8R 判定0-3 小松学 日本の旗 日本
(ワタナベ)
12 2007年7月21日 10R 判定0-3 江口啓二 日本の旗 日本
(姫路木下)
日本ミドル級タイトルマッチ
13 2007年11月14日 5R 負傷判定3-0 吉田真樹 日本の旗 日本
(新日本カスガ)
14 2008年3月4日 7R 終了 TKO 荒井(野人)操 日本の旗 日本
(草加有沢)
15 2008年10月8日 8R 判定3-0 氏家福太郎 日本の旗 日本
(新日本木村)
最強後楽園挑戦者決定戦
16 2009年4月11日 10R 判定1-2 鈴木哲也 日本の旗 日本
(進光)
日本ミドル級タイトルマッチ
17 2009年8月10日 8R 2:08 TKO 岡田山金太郎 日本の旗 日本
(オサム)
18 2009年10月23日 2R 1:40 TKO 平林隼人 日本の旗 日本
(横浜サクラ)
19 2010年4月26日 8R 判定3-0 岳たかはし 日本の旗 日本
(新田)
最強後楽園挑戦者決定戦
20 2010年10月3日 6R 0:54 TKO 鈴木哲也 日本の旗 日本
(進光)
日本ミドル級タイトルマッチ
21 2011年2月14日 8R 1:52 TKO 氏家福太郎 日本の旗 日本
(新日本木村)
日本王座防衛1
22 2011年6月13日 5R 終了 TKO 田島秀哲 日本の旗 日本
(西遠)
日本王座防衛2
23 2011年8月8日 6R 2:07 TKO 細川貴之 日本の旗 日本
(六島)
日本王座防衛3
24 2011年12月12日 9R 1:26 TKO 佐藤幸治 日本の旗 日本
(帝拳)
日本・OPBFミドル級王座統一戦

/OPBF獲得・日本王座防衛4

25 2012年4月9日 10R 0:44 TKO 郭京錫 大韓民国の旗 韓国 OPBF防衛1
26 2012年5月12日 3R TKO ゲンナジー・ゴロフキン  カザフスタン WBA世界ミドル級タイトルマッチ
27 2012年10月12日 6R 終了 TKO マーロン・アルタ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋ミドル級王座決定戦
28 2013年5月4日 9R 1:07 負傷判定0-3 柴田明雄 日本の旗 日本
(ワタナベ)
OPBF王座陥落
29 2014年3月1日 8R 判定0-3 西田光 日本の旗 日本
(川崎新田)
日本ミドル級挑戦者決定戦
30 2014年7月23日 2R 1:15 TKO ジャーメド・ジャラランティ  インドネシア
31 2014年12月6日 12R 1:49 TKO 柴田明雄 日本の旗 日本
(ワタナベ)
日本・OPBFミドル級タイトルマッチ
32 2015年8月7日 5R 2:36 TKO 西田光 日本の旗 日本
(川崎新田)
33 2016年1月20日 5R 2:10 TKO 美柑英男 日本の旗 日本
(渥美)
34 2016年6月19日 3R 2:22 TKO ブランドン・ロックハート・シェーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
(森岡)
35 2016年12月24日 8R 1:44 TKO 胡朋宏 日本の旗 日本
(横浜光)
日本ミドル級暫定王座決定戦

人物[編集]

  • ニックネームは「薩摩コング」。薩摩(鹿児島県)出身で好物がバナナなのとホームページ上でのあだ名はゴリラからだと思われる。
  • 地元酒造会社が淵上支援のため、上記ニックネームと同名焼酎をオリジナルラベルで売り出した。この売り上げのうち、100円は淵上の意向で東日本大震災の被災地募金に寄付する意向を示している。
  • 地元を大事にしており、アクネ大使に任命された[18]ほか、2009年からふるさと納税を続けている[19]
  • 上京後は日野自動車に入社し、勤務と練習を両立しつつ現在に至る[20]
  • 2011年7月7日にトライアスロン選手と結婚[21][20]

獲得タイトル[編集]

アマチュア獲得タイトル

  • 鹿児島県大会優勝

プロ獲得タイトル

  • 第63回東日本ミドル級新人王
  • 第53回全日本ミドル級新人王
  • 最強後楽園ミドル級優勝
  • 第54代日本ミドル級王座(防衛4度⇒返上)
  • 第43代OPBF東洋太平洋ミドル級王座(防衛1度⇒返上)
  • 第44代OPBF東洋太平洋ミドル級王座(防衛0度)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 2011年8月31日
  2. ^ 佐藤負けた! 淵上殊勲のミドル級2冠王 Boxing News 2011年12月13日
  3. ^ Ted Sares Ted the Bull’s Boxing Awards for 2011 BOXING.com 2011年12月18日
  4. ^ Ted Sares Fight of the Year: Akira Yaegashi vs. Pornsawan "Terminator" Porpramook East Side Boxing.com 2011年12月20日
  5. ^ 淵上はTKO負け=海外挑戦36試合失敗-WBAミドル級 時事通信 2012年5月13日
  6. ^ 淵上が王座復帰=OPBFミドル級 時事通信 2012年10月12日
  7. ^ 柴田が淵上を下す OPBFミドル級新王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2013年5月4日
  8. ^ 【BOX】柴田、ミドル級奪取も「村田の方が強い」 スポーツ報知 2013年5月5日
  9. ^ 柴田がミドル級王座統一、中川を判定で下す Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月1日
  10. ^ 加藤現役最多のV7 斉藤を8回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月23日
  11. ^ 柴田明雄、12回TKOで日本・OPBFミドル級防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月6日
  12. ^ 石本康隆が古橋岳也に競り勝つ、日本ランカー対決 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月7日
  13. ^ 新藤寛之が日本W級新王者、粘る大川を振り切る Boxing News(ボクシングニュース)2016年1月20日
  14. ^ 元王者の淵上誠が逆転TKO勝ち、西田光に挑戦決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月19日
  15. ^ 2016 JULY RATINGS 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年7月31日
  16. ^ 渡邉卓也が6回TKO勝ち、WBOアジア王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月14日
  17. ^ 胡朋宏が淵上誠に8回TKO勝ち、日本ミドル級暫定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月24日
  18. ^ 朝日新聞 2011年2月13日
  19. ^ 鹿児島県
  20. ^ a b “社員ボクサー”淵上作業着で金星宣言 デイリースポーツ 2012年5月3日
  21. ^ 淵上誠情報ブログ 2011年7月9日 結婚!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
鈴木哲也
第54代日本ミドル級王者

2010年10月3日 - 2011年12月19日(返上)

空位
次タイトル獲得者
湯場忠志
前王者
佐藤幸治
第43代OPBF東洋太平洋ミドル級王者

2011年12月12日 - 2012年5月(返上)

空位
次タイトル獲得者
淵上誠
空位
前タイトル保持者
淵上誠
第44代OPBF東洋太平洋ミドル級王者

2012年10月12日 - 2013年5月4日

次王者
柴田明雄