西田光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西田 光
基本情報
本名 西田 光
階級 ミドル級
身長 175cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-09-14) 1987年9月14日(31歳)
出身地 新潟県新潟市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 17
KO勝ち 8
敗け 9
引き分け 1
テンプレートを表示

西田 光(にしだ ひかる、1987年9月14日 - )は、日本プロボクサー。第60代日本ミドル級王者。第46代OPBF東洋太平洋ミドル級王者。新潟県新潟市出身。川崎新田ボクシングジム所属。

来歴[編集]

2006年3月、新潟明訓高等学校卒業し、日本体育大学体育学部へ進学

2008年5月21日、後楽園ホールで阿部武志(TAIKOH小林)と対戦し、2回2分57秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2008年12月10日、横浜文化体育館で行われた「第30回フェニックスバトル 富久信介杯 メリケンリーグ」で松信亮次(大橋)と対戦し、プロ初黒星となる4回1-2(39-38、2者が38-39)の判定負けを喫した。

2009年9月24日、後楽園ホールで行われた第66回東日本新人王準決勝で加藤大樹(宮田)と対戦し、4回0-2(38-38、2者が38-39)の判定負けを喫し決勝進出を逃した[1]

2010年3月、新田ボクシングジムが川崎新田ボクシングジムに改称し、川崎新田ボクシングジム所属となった[2]

2010年11月24日、後楽園ホールでイベリコ・ユン(吉祥寺鉄拳8)と対戦し、4回1-1(39-36、37-38、38-38)の判定で引き分けた。

2011年1月31日、有明コロシアム佐々木左之介ワタナベ)と対戦し、4回3-0(2者が40-36、40-37)の判定勝ちを収めた。

2011年5月17日、後楽園ホールで佐々木左之介(ワタナベ)と対戦し、4回0-3(2者が39-37、39-38)の判定負けを喫し前戦の借りを返された。

2013年4月19日、後楽園ホールで日本ミドル級6位の氏家福太郎(新日本木村)と対戦し、3回2分32秒TKO勝ちを収めた[3]

2013年7月12日、日本ミドル級8位として日本スーパーウェルター級6位の飛天かずひこ野口)と71.0 Kg契約8回戦を行い、8回3-0(2者が77-76、76-75)の判定勝ちを収めた[4]

2014年3月1日、後楽園ホールで日本ミドル級4位の淵上誠(八王子中屋)と日本ミドル級挑戦者決定戦を行い、8回3-0(77-76、77-75、78-75)の判定勝ちを収め日本王座への挑戦権を獲得した[5]

2014年7月5日、後楽園ホールで日本・OPBFミドル級王者柴田明雄(ワタナベ)と対戦し、12回0-3(113-115、113-116、111-117)の判定負けを喫し日本王座並びにOPBF王座の獲得に失敗した[6]

2015年1月29日、後楽園ホールで美柑英男(渥美)とミドル級8回戦を行い、8回3-0(3者共77-75)の判定勝ちを収め再起を果たした[7]

2015年4月24日、後楽園ホールで行われた「ホープフルファイトvol.18」でクンスック・ソーソムポン(タイ)とミドル級8回戦を行い、2回39秒KO勝ちを収めた[8]

2015年8月7日、後楽園ホールで日本ミドル級5位の淵上誠(八王子中屋)と1年5ヵ月ぶりに再戦し、5回2分36秒TKO勝ちを収めた[9]

2015年11月30日、後楽園ホールで行われた「ホープフルファイトvol.20」でラーチャシー・シットサイトーン(タイ)とミドル級8回戦を行い、3回1分48秒TKO勝ちを収めた[10]

2016年3月11日、後楽園ホールで日本・OPBFミドル級王者柴田明雄(ワタナベ)と1年8ヵ月ぶりに再戦し、3回1分28秒KO勝ちを収め日本王座並びにOPBF王座の獲得に成功した[11][12]

2016年3月24日、JBCは2016年3月度のランキングを発表し、上述の柴田戦に勝利し王座を獲得した西田を日本ミドル級王者としてランクインした[13][14]

2016年3月31日、OPBF東洋太平洋女子スーパーフェザー級王者の三好喜美佳と共に川崎市福田紀彦市長を表敬訪問し、福田市長から激励を受けた[15]

2016年4月1日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は上述の柴田戦の勝利を評価し、西田を2016年3月度の月間MVPに選出した[16]

2016年4月15日、OPBFは最新ランキングを発表し、上述の柴田戦に勝利し王座を獲得した西田をOPBF東洋太平洋ミドル級王者としてランクインした[17]

2016年6月7日、OPBF東洋太平洋ミドル級1位のドゥワイト・リッチー(オーストラリア)と対戦し、12回0-3(119-109、118-110が2者)の判定負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[18]

2016年9月14日、後楽園ホールで行われた「ホープフルファイトvol.23」で自身の持つ日本王座と空位のWBOアジア太平洋ミドル級王座を懸け日本ミドル級2位の淵上誠(八王子中屋)と対戦し、日本王座の初防衛並びにWBOアジア太平洋王座の獲得を目指す予定だったが、同月11日に川崎新田ジムの階段から転落し頭部を打って意識を失い、骨盤と脛も負傷、意識はすぐに回復し、病院での検査で異常は発見されなかったが翌12日になってもめまいや吐き気が治まらなかった為、同日夜に西田の棄権を決断、試合は中止となった。病院での診断は「脳しんとう」とのこと[19]

2017年5月1日、後楽園ホールで胡朋宏横浜光)と日本ミドル級王座統一戦を行い、10回3-0(96-94、97-94、97-93)の判定勝ちを収め王座統一に成功した(記録上は正規王座の初防衛)[20]

2017年6月5日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は上述の胡戦を制し日本ミドル級王座を統一した西田を2017年5月度の月間MVPに選出した[21]

2017年8月9日、同年9月22日に後楽園ホールで行われる「ホープフルファイトvol.26」で日本ミドル級4位の福山和徹(冷研鶴崎)と日本ミドル級王座の2度目の防衛戦を行うことが決定した[22]。しかし福山の急病で試合は中止となり、試合はウィチアン・ケーマックスジム(タイ)との73.0kg契約8回戦に変更になった[23]

2017年9月22日、後楽園ホールで行われた「ホープフルファイトvol.26」でウィチアン・ケーマックスジム(タイ)と73.0kg契約8回戦を行い、4回33秒TKO勝ちを収め福山和徹戦の代替試合を制した[24]

2018年3月3日、カルッツかわさきで行われた「ホープフルファイトvol.27」で日本ミドル級1位の竹迫司登ワールドS)と対戦し、初回1分32秒TKO負けを喫し日本ミドル級王座の2度目の防衛に失敗、王座から陥落した[25]

2018年11月8日、後楽園ホールで日本ミドル級最強挑戦者決定戦が行われ、同級3位の加藤収二(中野サイトウ)と対戦したが、8回1-2(75-76×2、76-75)で判定負けを喫した[26]

獲得タイトル[編集]

  • 第60代日本ミドル級王座(防衛1)
  • 第46代OPBF東洋太平洋ミドル級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ 東日本新人王準決勝初日結果 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月25日
  2. ^ 「地域密着」を掲げ、ボクシングジム動き出す/川崎 カナロコ 2010年3月28日
  3. ^ 小澤が東洋ランカーにTKO負け 氏家は西田に敗れる ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月19日
  4. ^ 西田がダウンを挽回 飛天を下す ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月12日
  5. ^ 柴田がミドル級王座統一、中川を判定で下す Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月1日
  6. ^ 柴田が3-0判定でOPBF・日本ミドル級王座防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月5日
  7. ^ 片桐秋彦TKO勝ち、西田光は判定決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月29日
  8. ^ 大坪タツヤが日本&OPBFランカー片桐を下す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月24日
  9. ^ 石本康隆が古橋岳也に競り勝つ、日本ランカー対決 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月7日
  10. ^ ミドル級の西田光がタイトル前哨戦に完勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月30日
  11. ^ 西田光が柴田明雄に3回KO勝ち、ミドル級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月11日
  12. ^ 【BOX】西田光、3回KOで2冠獲得! スポーツ報知 2016年3月11日
  13. ^ 2016 MARCH RATINGS 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年3月24日
  14. ^ 最新日本ランキング、益田健太郎&西田光が新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月24日
  15. ^ OPBF2階級で暫定王者誕生、新田の2王者が市長訪問 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月2日
  16. ^ M級新王者の西田光が月間MVP、敢闘賞は益田健太郎 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月1日
  17. ^ OPBFランキング、ヘビー級の大和藤中らランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月15日
  18. ^ 西田光OPBF初防衛失敗、三好喜美佳は3階級目獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月7日
  19. ^ 渡邉卓也が6回TKO勝ち、WBOアジア王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月14日
  20. ^ 西田光が日本ミドル級王座統一、胡朋宏との激戦制す Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月1日
  21. ^ 5月の月間三賞 MVPは西田光、新鋭賞は石川元希 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月5日
  22. ^ 西田が福山と日本M級V2戦、荻堂vsヘノがOPBF再戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月9日
  23. ^ 村田諒太にNスペ密着、9.22日本ミドル級戦が中止 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月8日
  24. ^ 日本ミドル級王者の西田光、無冠戦にTKO勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月22日
  25. ^ 竹迫司登が圧巻の初回TKO勝ち、日本ミドル級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月3日
  26. ^ 加藤収二が西田光に競り勝つ 日本M級挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース)2018年11月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
柴田明雄
第60代日本ミドル級王者

2016年3月11日 - 2018年3月3日

次王者
竹迫司登
前王者
柴田明雄
第46代OPBF東洋太平洋ミドル級王者

2016年3月11日 - 2016年6月7日

次王者
ドゥワイト・リッチー