細川貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
細川 貴之
基本情報
本名 細川 貴之
通称 ほっそん
階級 スーパーウェルター級
身長 174cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-12-14) 1984年12月14日(34歳)
出身地 大阪府大阪市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 45
勝ち 29
KO勝ち 9
敗け 11
引き分け 5
テンプレートを表示

細川 貴之(ほそかわ たかゆき、男性、1984年12月14日 - )は、日本の元プロボクサー大阪府大阪市出身。第35代日本スーパーウェルター級王者。第32代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者。六島ボクシングジム所属。大阪市立北巽小学校卒業。大阪市立巽中学校卒業。大阪府立阪南高等学校卒業。高校在学中にプロテスト合格[1]

来歴[編集]

2002年12月20日、大阪城ホールで藤本和義と対戦し、3-0(40-37、39-37、38-38)の判定勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。デビュー戦はスーパーライト級で戦った。

2003年5月11日、アゼリア大正ホールで2003年度西日本新人王ライト級1回戦で中西陵と対戦し、初回2分14秒KO負けを喫した。

2003年9月28日、大阪府立体育会館第2競技場でノンタイトルウェルター級4回戦を高木章裕と行い、0-2(37-39、38-39、38-38)の判定負けを喫した。

2004年4月25日、KBSホールで2004年度西日本新人王スーパーライト級1回戦で磯道鉄平と対戦し、4回1分39秒TKO負けを喫しまたも初戦敗退となった。

2004年12月26日、アゼリア大正ホールで好川大智と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2005年5月1日、松下IMPホールで2005年度西日本新人王ウェルター級1回戦で浜田よしのりと対戦し、3-0(40-35、39-36、39-36)の判定勝ちを収め3度目の正直で初戦突破を果たした。

2005年9月3日、 大阪府立体育会館第2競技場で2005年度西日本新人王ウェルター級決勝で好川大智と再戦し、3-0(40-36、39-37、39-37)の判定勝ちを収め2005年度西日本ウェルター級新人王となった。

2005年10月29日、大阪府立体育会館第2競技場で甲斐斗志広と対戦し、2-0(39-37、39-37、38-38)の判定勝ちを収め2005年度新人王ウェルター級西軍代表の座を獲得した。

2005年12月18日、全日本新人王決定戦で渡部信宣(現:渡部あきのり)と対戦し、2回1分10秒KO負けを喫し2005年度全日本ウェルター級新人王の座を逃した。

2006年5月28日、大阪府立体育会館第2競技場でこの試合がデビュー戦となるチャールズ・ベラミーと対戦し、0-2(56-58、57-58、57-57)の判定負けを喫した。

2008年5月25日、和歌山県立体育館でチャールズ・ベラミーと再戦し、1-1(75-78、78-75、76-76)の判定で引き分けた。

2009年7月3日、最強後楽園スーパーウェルター級準決勝でチャールズ・ベラミーと対戦し、6回2分18秒TKO負けを喫し決勝進出を逃した[2]

2011年8月8日、後楽園ホールにて淵上誠が持つ日本ミドル級王座に挑むが、6回2分7秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2012年4月15日、元OPBF3階級制覇王者のランディ・スイコと対戦し、2-0(96-95、96-95、95-95)の判定勝ちを収めた。

2013年1月12日、柴田明雄が持つ日本スーパーウェルター級王座に挑むが、8回2分53秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2013年10月14日、IBF世界スーパーライト級5位のパトムスック・パトムポートンに2-1(100-91、97-96、95-97)の判定勝ちを収めた。

2014年3月4日、後楽園ホールにて、日本5階級制覇王者の湯場忠志が持つ日本スーパーウェルター級王座に挑戦し、2-0(97-93、96-94、95-95)の判定勝利を収め王座獲得に成功した[3]

2014年6月22日、IBFは最新ランキングを発表し、細川をIBF世界スーパーウェルター級13位にランクインした[4]

2014年7月7日、日本スーパーウェルター級王座を網膜裂孔の為に返上した[5]

2014年12月12日、バンコクでモセス・セラン(インドネシア)とIBFアジアスーパーウェルター級王座決定戦を行い、初回1分38秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[6]

2015年1月4日、IBFは最新ランキングを発表し、細川をIBF世界スーパーウェルター級9位にランクインした[7]

2015年4月19日、大阪市立住吉区民センターで日本スーパーウェルター級王者の野中悠樹と対戦し、10回1-1(96-95、95-96、96-96)の判定で引き分けた為、王座獲得に失敗した[8]

2015年8月2日、大阪府立体育会館第2競技場で行われた「リアルファイトボクシング」で韓国王者 梁正勲と68.5kg契約8回戦を行い、8回3-0(78-75、78-76、77‐76)の判定勝ちを収めた[9]

2015年11月22日、住吉スポーツセンターで行われた「You will be the champion5」でOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者のデニス・ローレンテと対戦し、12回2-1(115-113、110-118、115-114)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[10]

2015年12月13日、WBCは最新ランキングを発表し、上述のローレンテ戦を制しOPBF王座を獲得した細川をWBC世界スーパーウェルター級34位にランクインした[11]

2016年7月31日、大阪市立住吉区民センターで斉藤幸進丸と対戦し、12回0-1(111-115、113-113が2者)の判定で引き分けたがOPBF王座の初防衛に成功した[12]

2016年8月8日、IBFは最新ランキングを発表し、細川をIBF世界スーパーウェルター級3位にランクインした[13]

2016年11月23日、大阪市立住吉区民センターで大石豊と対戦し、11回1-2(106-103、104-106、104-105)の負傷判定負けを喫しOPBF王座の2度目の防衛に失敗、王座から陥落した[14]

2016年11月28日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の大石戦に敗れOPBF王座から陥落した細川を日本スーパーウェルター級5位にランクインした[15][16]

2016年12月12日、IBFは最新ランキングを発表し、上述の大石戦に敗れOPBF王座から陥落した細川をIBF世界スーパーウェルター級ランキングから除外した[17]

2017年3月30日、以前日本王者時に痛めた右目の状態が芳しくなく網膜剥離になり同年4月9日に大阪市立住吉区民センターで行われる試合を最後に引退すると発表した[18]

2017年4月9日、大阪市立住吉区民センターで行われた「You will be the champion7」でティーラサック・ケーマックスジムとノンタイトル8回戦を行い、8回3-0(80-72、79-73、79-75)の判定勝ちを収めた。29勝(9KO)11敗5分の戦績を残し引退した[19]

戦績[編集]

  • 45戦29勝(9KO)11敗5分

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長居から世界へ [大阪ヒト元気録]”. 大阪日日新聞. 2014年3月16日閲覧。
  2. ^ 前王者三浦、決勝進めず 「最強後楽園」 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月3日
  3. ^ 湯場が王座陥落、細川が日本タイトル獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月4日
  4. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2014年6月22日
  5. ^ 細川が王座返上=日本Sウエルター級 時事通信 2014年7月29日
  6. ^ 細川貴之がタイでIBFアジア王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2014年12月12日
  7. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2015年1月4日
  8. ^ 野中悠樹ドロー防衛、再戦約束 日本SW級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月19日
  9. ^ なにわのタイソン前原、7連続KO勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月3日
  10. ^ 細川貴之OPBF獲得、初陣の丸田陽七太IBF10位撃破 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月23日
  11. ^ RATINGS WBC公式サイト 2015年12月13日
  12. ^ 細川貴之が2度ダウンもドロー防衛 OPBF・SW級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月1日
  13. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年8月8日
  14. ^ 細川貴之が王座陥落、大石豊がOPBF・SW級新王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月23日
  15. ^ 2016年11月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年11月28日
  16. ^ 京口紘人、勅使河原弘晶ら日本ランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月28日
  17. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年12月12日
  18. ^ 前OPBF王者の細川貴之が引退、4.9ラストファイト Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月30日
  19. ^ 細川貴之が引退試合に勝利、昨日の試合結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月10日

外部リンク[編集]

前王者
湯場忠志
第35代日本スーパーウェルター級王者

2014年3月4日 - 2014年7月7日(返上)

空位
次タイトル獲得者
野中悠樹
前王者
デニス・ローレンテ
第32代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者

2015年11月22日 - 2016年11月23日

次王者
大石豊