渡部あきのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡部 あきのり
基本情報
本名 渡部 信宣
階級 スーパーウェルター級
身長 175cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1985-07-10) 1985年7月10日(32歳)
出身地 埼玉県北葛飾郡杉戸町
スタイル ファイター
プロボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 33
KO勝ち 28
敗け 6
テンプレートを表示

渡部 あきのり(わたなべ あきのり、1985年7月10日 - )は、日本プロボクサー埼玉県北葛飾郡杉戸町出身。
第50代日本ウェルター級王者。第37代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者。第17代PABAスーパーウェルター級王者。 リングネームは本名の渡部 信宣(読み同じ)から牛若丸 あきべぇ(うしわかまる - )を経て、現在のものになった。
角海老宝石ボクシングジム所属。花咲徳栄高等学校卒業。高校の同期に岩渕真也。同い年であるロンドンオリンピック金メダリスト村田諒太は親友[1]

目標のボクサーとして元所属協栄ボクシングジムの先輩鬼塚勝也を挙げている。

来歴[編集]

ボクシングの名門校である埼玉県の花咲徳栄高校ボクシング部出身。インターハイ準優勝の実績がある。

高校在学中に協栄ジムに入門し、卒業直前の2004年2月16日に本名の「渡部信宣」でプロデビュー。デビュー戦を4R判定勝ちで飾る。

2005年9月27日、東日本ウェルター級新人王トーナメント準決勝で前川洋昭(帝拳)に対し2RKOで勝利。その後、予定されていた決勝戦の対戦相手が棄権したことによる昇格で、東日本ウェルター級新人王を獲得した。

2005年12月18日、細川貴之(六島)に2RKO勝利を収めて全日本ウェルター級新人王となり、MVPに選ばれた。

2006年3月下旬、新人王獲得のご褒美としてパウンド・フォー・パウンド最強といわれるフロイド・メイウェザー・ジュニアスパーリングさせてもらえるチャンスを得たが[2]、1発たりともパンチを当てることができず、ただひたすら一方的に殴られ続けて終わってしまった。スパーリング後、メイウェザーに「俺は世界一強い男なんだから、一発も当たらなくてもくよくよすんなよ」と慰められた。

「江戸乃牛若丸」のニックネームで当時ジムメイトだった亀田興毅亀田大毅の前座を務め、2006年6月に正式に亀田史郎に弟子入り。練習メニューのほとんどを亀田兄弟と共にこなすようになる。リングネームを「牛若丸あきべぇ」に変更した。

2006年9月27日、金燦鐘(キム・チャンジョン)(韓国)との試合で、キムがレフェリーの指示を勘違いし、コーナーの方向に背を向けて歩いていたところを背後から側頭部へのパンチでKOするという珍しい展開があった。

2006年11月20日、インドネシアウェルター級2位のシャムスル・ヒダヤットを初回TKOで破り、日本ウェルター級1位にランクアップした。2007年4月に日本タイトルに初挑戦する予定だったが、挑戦権があるにもかかわらず対戦を回避した。

2007年6月に、亀田一家から“卒業”し、元通り協栄ジムでトレーニングを開始。9月17日にWBA世界ウェルター級11位のファルカド・バキロフ(ウズベキスタン)と対戦。8RTKO勝ちを収め、浜田剛史が従来持っていた日本人選手の連続KO勝ち記録(15連続KO)と並ぶタイ記録を達成するが、後にバキロフは練習時間が2週間しか貰えなかったことを明かした。

2007年12月6日に日本ウェルター級タイトルマッチを湯場忠志(都城レオ)と行い、1R湯場からダウンを奪うもすぐに2度倒し返され、1R1分30秒KO負け。日本タイトル初挑戦は失敗に終わった。

2008年4月21日、日本ウェルター級5位の上石剛(コーエイ工業小田原)を相手に再起戦を行うが、1R2分41秒TKO負け。

2008年10月8日、この年からA級トーナメントから変わった日本タイトル挑戦権獲得トーナメント「最強後楽園」ウェルター級決勝で、日本同級6位の中川大資(帝拳)に3RTKO負けを喫し3連敗となった。日本ウェルター級9位にランクは下がり、この年11月、リングネームを「渡部あきのり」に変更した。

2009年6月14日、日本ウェルター級8位として日本ミドル級6位の古川明裕(ワールドスポーツ)と71.0kg契約10回戦を行った。初回に左ストレートでダウンを奪って攻勢をとり、4Rにカウンターの右フックで再び古川をダウンさせたところでタオルが投入され、この回KO勝利で再起に成功した[3]

2009年8月22日、レイジングバトル70.0kg契約準決勝で日本ウェルター級7位として海老根範充(国際)と対戦し、初回KO勝利を収めた[4]

2009年10月23日、同トーナメント決勝で日本ウェルター級6位として日本ミドル級5位の岳たかはし(新田)と対戦。2-0(39-37、39-38、38-38)の判定勝利で優勝を収め、MVPも獲得した[5]

2010年2月22日、OPBF東洋太平洋ミドル級11位・日本ウェルター級6位として、OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級8位・日本スーパーウェルター級4位の湯場忠志と2年2か月ぶりの再戦をスーパーウェルター級8回戦で行い、2Rからは試合を優位に進めたが、5Rに左アッパーからの連打を受け、この回TKO負けを喫した[6]

2010年6月24日、2年ぶり2度目の出場となった日本タイトル挑戦権獲得トーナメントウェルター級準決勝で日本ウェルター級8位として日本ウェルター級10位の出田裕一(ヨネクラ)と対戦し、最終6RTKO勝利を収めて再起に成功した[7]。同年9月5日、同トーナメント決勝で日本ウェルター級8位として日本ウェルター級6位の下川原雄大(角海老宝石)と対戦し、4RTKO勝利を収めて日本ウェルター級王座への挑戦権を獲得した[8]

2011年4月11日、日本ウエルター級王者でOPBF東洋太平洋ウエルター級王者の井上庸(ヤマグチ土浦)に挑戦し、2回に左ショート、右フックで2度のダウンを奪い、2回には右ストレートなどで3度のダウンを奪い、2回1分22秒、KO勝ち。日本王座とOPBF王座獲得に成功した[9]

2011年8月4日、後楽園ホールにて同級1位梁正勲(韓国)と対戦し、序盤から手数と強打で挑戦者を圧倒し、4回に左のボディーブロー1発で相手をマットに沈め4RKO勝利でOPBF東洋太平洋王座初防衛に成功した[10]

2011年11月1日、後楽園ホールにて日本ウェルター級8位・OPBF東洋太平洋ウェルター級6位の庄司恭一郎(戸高秀樹)の挑戦を受け、左へ回ろうとした挑戦者のガードが一瞬下がった瞬間に、チャンピオンのノーモーションの右フックが入り挑戦者が頭からリングに崩れ落ち、ノーカウントで試合終了。日本王座は初防衛、OPBF王座2度目の防衛に成功した[11]

2012年3月27日、後楽園ホールにてOPBF東洋太平洋ウェルター級2位・日本ウェルター級1位の斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ)と対戦し、4R終了時公開採点ではチャンピオンリードだったが、中盤から猛烈に挑戦者が挽回していき8R終了では2者がイーブン、1者は挑戦者に1ポイント差でリードを付けられ9R、10Rは完全に挑戦者がペースを持っていき迎えた11R、チャンピオンの左ストレートが命中し逆転の11回TKO勝利で日本王座は2度目、OPBF王座3度目の防衛に成功した[12]

2012年7月8日、神奈川県横浜市横浜文化体育館で日本ウェルター級10位の山川和風(金子)と対戦し、挑戦者が息切れしたところをコーナーに追い込み左右のフックを浴びせ6回TKO勝ちで日本王座の3度目の防衛に成功した[13]

2012年11月19日、WBC世界スーパーライト級1位のプラウェート・シンワンチャー(タイ)と戦い序盤から距離を意識し大振りをしないように注意しながらの戦いプラウェートの圧力でロープを背負う場面があったものの相手の打ち終わりにパンチを合わせ5回に左のカウンターでダウンを奪い、中盤以降も冷静に戦い、終わってみれば3-0の大差判定でOPBF東洋太平洋王座4度目の防衛に成功すると同時に世界ランク入りを確実にした[14]

2012年11月26日、日本ウェルター級王座を返上した[15]

2012年12月6日、WBC世界ウェルター級10位にランクインされた。

2013年3月18日、OPBF東洋太平洋ウェルター級7位のコブラ諏訪ピューマ渡久地)と対戦し、試合が始まると計量疲れの様子はあまり見られず、初回に早くも左ストレートでダウンを奪い2回に入ると試合は早くもワンサイド4回終了時点で三者ともに(40-35)のフルマークで5回に大量の鼻血と顔面からカットして血だるまになり6回には挑戦者の動きがスローになった所で見かねたレフェリーが試合をストップし6回TKO勝ちで5度目の防衛に成功した[16]。前日計量で1.4kgオーバーで現れ超過分をサウナで一気に落とすという荒行で脱水症状になったが2回目の計量でリミットを200グラム下回る66.4kgでパスし計量失敗での王座はく奪の危機は免れ予定通りに試合が行われた[17]

2013年7月30日、OPBF東洋太平洋ウェルター級王座を返上した上、野口ジムへ移籍[18]

2013年11月19日、韓国済州島の済州グランドホテルコンベンションホールにて亀田興毅の前座で、ダニエル・ドーソンスーパー王座認定に伴い郭京錫(韓国)とPABAスーパーウェルター級王座決定戦を行い、4回終了時TKO勝ちを収め王座を獲得し日本人初のPABA王者となった[19]

2013年12月12日、WBAが最新ランキングを発表し、渡部は日本人初のPABA王者となったことを評価され、WBA世界スーパーウェルター級15位にランクインした[20]

2014年6月1日、WBAは最新ランキングを発表し、渡部はWBA世界スーパーウェルター級ランキングから除外された[21]

2015年4月16日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋ウェルター級2位のアーネル・ティナンパイとスーパーウェルター級8回戦を行い、8回3-0(2者月77-74、78-73)の判定勝ちを収めた[22]

2015年7月30日、後楽園ホールでギャティサック・シッサイトーンと67.0kg契約8回戦を行う予定だったが、前日計量で契約体重を3.2kg超過の70.2kgを計測しリング禍が心配された中で試合は通常に行われ、初回に渡部がギャティサックから3度ダウンを奪い初回1分22秒KO勝ちを収めた[23]

2015年11月2日、後楽園ホールで行われた最強後楽園ミリオンマッチウェルター級決勝で有川稔男と対戦し、6回16秒TKO負けを喫し日本ウェルター級王座の挑戦権獲得に失敗した[24]

2015年11月25日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の有川戦に敗れた渡部を日本ウェルター級9位にランクインした[25][26]

2016年6月29日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の有川戦以降、試合から遠ざかっている渡部を日本ランキングから除外した[27][28]

2016年8月8日、OPBFは上述の有川戦以降、試合から遠ざかっている渡部をOPBFランキングから除外した[29][30]

2016年8月28日、野口ジムから角海老宝石ジムに移籍した[31]

2017年1月14日、後楽園ホールで行われた「第557回ダイナミックグローブ」で日本スーパーウェルター級3位の井上岳志とスーパーウェルター級8回戦を行い、8回0-3(74-78が2者、73-79)の判定負けを喫し再起を果たせなかった[32]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:20戦15勝 (6KO・RSC) 5敗
  • プロボクシング:39戦33勝 (28KO) 6敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2004年2月16日 勝利 4R 判定3-0 大川泰弘(オークラ) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2004年10月18日 勝利 1R 2:15 KO 田辺修輔(ジャパンスポーツ) 日本の旗 日本
3 2005年6月14日 勝利 1R 2:00 TKO 飯塚ひろき(高崎) 日本の旗 日本 東日本ウェルター級新人王トーナメント予選
4 2005年8月5日 勝利 1R 1:29 KO 神宮寺一朝(ワタナベ) 日本の旗 日本 東日本ウェルター級新人王トーナメント準々決勝
5 2005年9月27日 勝利 2R 1:17 KO 前川洋昭(帝拳) 日本の旗 日本 東日本ウェルター級新人王トーナメント準決勝
6 2005年12月18日 勝利 2R 1:10 KO 細川貴之(六島) 日本の旗 日本 全日本ウェルター級新人王決定戦
7 2006年3月8日 勝利 2R 2:33 TKO 西川和孝(中外) 日本の旗 日本
8 2006年5月5日 勝利 8R 1:35 KO ルイス・オカモト(相模原ヨネクラ) ブラジルの旗 ブラジル
9 2006年8月2日 勝利 1R 1:02 KO 千然宇 大韓民国の旗 韓国
10 2006年9月27日 勝利 1R 2:31 KO 金燦鐘 大韓民国の旗 韓国
11 2006年11月20日 勝利 1R 1:10 TKO シャムスル・ヒダヤット  インドネシア
12 2007年2月23日 勝利 1R 1:15 KO ジョコー・トゥンガル  インドネシア
13 2007年3月24日 勝利 1R 0:30 KO マルコ・トゥフムリー  インドネシア
14 2007年4月30日 勝利 4R 2:23 KO ダルシム・ナンガラ  インドネシア
15 2007年5月23日 勝利 2R 1:50 KO ジャック・マカン  インドネシア -
16 2007年9月17日 勝利 8R 2:28 TKO ファルカド・バキロフ  ウズベキスタン
17 2007年12月6日 敗北 1R 1:30 KO 湯場忠志(都城レオスポーツ) 日本の旗 日本 日本ウェルター級タイトルマッチ
18 2008年4月21日 敗北 1R 2:41 TKO 上石剛(コーエイ小田原) 日本の旗 日本
19 2008年10月8日 敗北 3R 1:44 TKO 中川大資(帝拳) 日本の旗 日本 日本タイトル挑戦権獲得トーナメントウェルター級決勝戦
20 2009年6月14日 勝利 4R 0:38 KO 古川明裕(ワールド日立) 日本の旗 日本 71.0kg契約
21 2009年8月22日 勝利 1R 1:06 KO 海老根範充(国際) 日本の旗 日本 レイジングバトル70.0kg契約準決勝
22 2009年10月23日 勝利 4R 判定2-0 岳たかはし(新田) 日本の旗 日本 レイジングバトル70.0kg契約決勝
23 2010年2月22日 敗北 5R 1:05 TKO 湯場忠志(都城レオスポーツ) 日本の旗 日本
24 2010年6月24日 勝利 6R 0:58 TKO 出田裕一(ヨネクラ) 日本の旗 日本 日本タイトル挑戦権獲得トーナメントウェルター級準決勝
25 2010年9月5日 勝利 4R 1:35 TKO 下川原雄大(角海老宝石) 日本の旗 日本 日本タイトル挑戦権獲得トーナメントウェルター級決勝 
26 2011年4月11日 勝利 2R 1:22 KO 井上庸(ヤマグチ土浦) 日本の旗 日本 日本・OPBFウェルター級タイトルマッチ 
27 2011年8月4日 勝利 4R 2:46 KO 梁正勲 大韓民国の旗 韓国 OPBF防衛1 
28 2011年11月1日 勝利 4R 1:32 TKO 庄司恭一郎(戸高秀樹) 日本の旗 日本 日本王座防衛1・OPBF防衛2 
29 2012年3月27日 勝利 11R 1:59 TKO 斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ) 日本の旗 日本 日本王座防衛2・OPBF防衛3 
30 2012年7月8日 勝利 6R 1:42 TKO 山川和風(金子) 日本の旗 日本 日本王座防衛3
31 2012年11月19日 勝利 12R 判定3-0 プラウェート・シンワンチャー タイ王国の旗 タイ OPBF防衛4
32 2013年3月18日 勝利 6R 2:45 TKO コブラ諏訪(ピューマ渡久地) 日本の旗 日本 OPBF防衛5
33 2013年9月3日 勝利 8R 判定3-0 ジェイピー・イグナシオ フィリピンの旗 フィリピン
34 2013年11月19日 勝利 4R 3:00 TKO 郭京錫 大韓民国の旗 韓国 PABAスーパーウェルター級王座決定戦
35 2014年8月22日 勝利 2R 2:38 KO チャッチャイ・シッサイトーン タイ王国の旗 タイ
36 2015年4月16日 勝利 8R 判定3-0 アーネル・ティナンパイ フィリピンの旗 フィリピン
37 2015年7月30日 勝利 1R 2:21 KO ギャティサック・シッサイトーン タイ王国の旗 タイ
38 2015年11月2日 敗北 6R 0:15 TKO 有川稔男(川島) 日本の旗 日本 最強後楽園ミリオンマッチ
39 2017年1月14日 敗北 8R 判定0-3 井上岳志(ワールドスポーツ) 日本の旗 日本
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第62回東日本ウェルター級新人王
  • 第52回全日本ウェルター級新人王 (MVP)
  • 第1回レイジングバトル70.0kg契約優勝 (MVP)
  • 第3回日本タイトル挑戦権獲得トーナメントウェルター級優勝
  • 第50代日本ウェルター級王座(防衛3=返上)
  • 第37代OPBF東洋太平洋ウェルター級王座(防衛5=返上)
  • 第17代PABAスーパーウェルター級王座(防衛0=返上)

脚注[編集]

  1. ^ “村田が協栄の1億円オファー拒否”. デイリースポーツ. (2012年8月21日). http://www.daily.co.jp/olympic/2012/08/21/0005316256.shtml 
  2. ^ “酸いも甘いも知る男の夢は プロボクサー・渡部あきのりに迫る”. リアルライブ. (2009年10月13日). http://npn.co.jp/article/detail/98231381/ 
  3. ^ “渡部、連敗ストップ”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2009年6月14日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2009/06/blog-post_20.html 
  4. ^ “江口36秒で敗退、渡部66秒KO勝ち-レイジングバトル”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2009年8月22日). http://boxingnewsboxon.blogspot.com/2009/08/36.html 
  5. ^ “70キロ級優勝の渡部がMVP”. 日刊スポーツ. (2009年10月23日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20091023-558778.html 
  6. ^ “スリル再び 湯場、渡部を5回TKO撃退”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2010年2月24日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2010/02/blog-post_24.html 
  7. ^ “渡部、胡らが決勝へ 最強後楽園”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2010年6月25日). http://boxingnewsboxon.blogspot.com/2010/06/blog-post_564.html 
  8. ^ “MVP岩佐 技能・氏家、敢闘・田中 最強後楽園決勝で波乱も”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2010年9月5日). http://boxingnewsboxon.blogspot.com/2010/09/blog-post_8288.html 
  9. ^ “渡部念願のベルト 井上を5度倒し2冠 日本&東洋ウェルター級戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2011年4月12日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2011/04/blog-post_12.html 
  10. ^ “渡部、左ボディーで1位をKO撃退 東洋ウェルター級戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2011年8月5日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2011/08/blog-post_1770.html 
  11. ^ “渡部KO防衛でチャーリー戦要求 東洋&日本ウェルター級戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2011年11月2日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2011/11/blog-post.html 
  12. ^ “渡部激闘制す 斉藤を11回TKOで防衛”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2012年3月28日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2012/03/11.html 
  13. ^ “新婚パワーだ渡部V3 長男の名は「太尊」”. スポーツニッポン. (2012年7月9日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/07/09/kiji/K20120709003641270.html 
  14. ^ “王者渡部4度目防衛成功”. 日刊スポーツ. (2012年11月19日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20121119-1049225.html 
  15. ^ “渡部が日本王座返上”. 時事通信. (2012年11月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012112600756&g=spo [リンク切れ]
  16. ^ “渡部TKO勝ちも減量を反省”. 日刊スポーツ. (2013年3月18日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130318-1099620.html 
  17. ^ “渡部、大丈夫!?強引減量で脱水症状”. デイリースポーツ. (2013年3月18日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/03/18/0005822554.shtml 
  18. ^ “渡部あきのり、野口ジムへ移籍”. 日刊スポーツ. (2013年7月31日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130731-1165773.html 
  19. ^ “渡部、韓国でPABAタイトル獲得 オルティス防衛”. Boxing News(ボクシングニュース). (2013年11月19日). http://boxingnews.jp/news/8382/ 
  20. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2013年12月12日
  21. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年6月1日
  22. ^ 元王者の渡部あきのり、ティナンパイに判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月16日
  23. ^ 井上岳志がランカー対決勝利、あきべぇ減量失敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月30日
  24. ^ 最強後楽園MVPは有川稔男、渡部あきのり下す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月2日
  25. ^ 2015年11月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年11月25日
  26. ^ 丸田陽七太ら最新日本ランキング入り Boxing News(ボクシングニュース
  27. ^ 2016年6月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年6月29日
  28. ^ 藤北誠也と大橋健典が日本ランク入り、関豪介は引退 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月29日
  29. ^ 2016年7月度ランキング OPBF公式サイト 2016年8月8日
  30. ^ OPBFランキング更新、日本勢多数ランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月8日
  31. ^ 元王者の渡部あきのり、角海老ジムに移籍 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月28日
  32. ^ 藤本京太郎がOPBF王座獲得、渡部は井上岳に敗れる Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
井上庸
第50代日本ウェルター級王者

2011年4月11日 - 2012年11月26日(返上)

空位
次タイトル獲得者
高山樹延
前王者
井上庸
第37代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者

2011年4月11日 - 2013年7月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
亀海喜寛
空位
前タイトル保持者
ダニエル・ドーソン
第17代PABAスーパーウェルター級王者

2013年11月19日 - 2014年5月(返上)

空位
次タイトル獲得者
コブラ諏訪