浅田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅田 稔(あさだ みのる、1953年10月1日 - )は、日本の工学者大阪大学教授。専門は計測工学制御工学工学博士(大阪大学)(1982年)。滋賀県出身。

略歴[編集]

受章歴[編集]

研究・役職等[編集]

著書[編集]

  • ダイナミックシーンの理解 浅田稔 著,電子情報通信学会 編 電子情報通信学会 1994
  • 身近になるロボット 白井良明, 浅田稔 著 大阪大学出版会 2001 (大阪大学新世紀セミナー)
  • ロボットの行動学習・発達・進化 : RoboCup soccer 浅田稔 編著,ロボカップ日本委員会 監修 共立出版 2002
  • ロボットインテリジェンス 浅田稔, 國吉康夫 著 岩波書店 2006 (岩波講座ロボット学 ; 4)
  • はじめてのロボット工学 : 製作を通じて学ぶ基礎と応用 ロボット実技学習企画委員会 監修,石黒浩, 浅田稔, 大和信夫 共著 オーム社 2007
  • ロボットという思想 : 脳と知能の謎に挑む 浅田稔 著 日本放送出版協会 2010 (NHKブックス ; 1158)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]