洛陽天満宮二十五社順拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

洛陽天満宮二十五社順拝(らくようてんまんぐうにじゅうごしゃじゅんぱい)は、京都に所在する天満宮の中から、特に菅原道真にゆかりの深い25社を順拝する風習である。時代によって含まれる神社が異なるが、本稿では菅原道真没後950年にあたる嘉永5年(1852年)に書された25社[1]を示す。類似の巡礼には菅公聖蹟二十五拝(全国の25社)や江戸二十五天神(江戸の25社)などがある。

一覧[編集]

嘉永5年(1852年)に書された洛陽天満宮二十五社順拝には、二十五社、十二社、御霊地三社が記されている。御霊地三社は第1番の菅大臣天満宮、第9番の北野天満宮、第10番の水火天満宮である。

番号 神社名 住所 備考[1]
第1番 菅大臣天満宮 京都市下京区 十二社、御霊地三社
第2番 北菅大臣天満宮 京都市下京区
第3番 筑紫天満宮 京都市下京区 十二社
第4番 一夜天満宮壬生寺 京都市中京区 壬生寺
第5番 神泉苑天満宮 洛中天満宮
第6番 火除天満宮 京都市下京区
第7番 菅原院天満宮 京都市上京区 十二社
第8番 安楽寺天満宮 京都市上京区 十二社
第9番 北野天満宮 京都市上京区 十二社、御霊地三社
第10番 水火天満宮 京都市上京区 十二社、御霊地三社
第11番 上御霊天満宮 京都市上京区
第12番 梶井天満宮 十二社、現存せず
第13番 菅家天満宮 京都市中京区 十二社、下御霊神社
第14番 雪天満宮 京都市東山区
第15番 梅宿菴天満宮 京都市東山区 十二社知恩院
第16番 天拝天満宮 京都市東山区
第17番 梅丸天満宮 京都市東山区
第18番 綱敷天満宮 京都市東山区 高台寺
第19番 若宮天満宮 京都市東山区
第20番 紅梅天満宮 京都市下京区 十二社、萬年寺
第21番 文子天満宮 京都市下京区
第22番 西念寺天満宮 京都市下京区 西念寺
第23番 法然寺天満宮 京都市下京区 移転前の法然寺
第24番 大雲院天満宮 京都市下京区 十二社、大雲院
第25番 錦天満宮 京都市中京区 十二社

参考文献[編集]

  • 竹居明男『近世京都における天神信仰(上)「洛陽天神二十五社巡拝」私注』日本宗教文化史研究、15巻1号、pp.90-105、2011年
  • 竹居明男『近世京都における天神信仰(下)「洛陽天神二十五社巡拝」私注』日本宗教文化史研究、15巻2号、pp.54-64、2011年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 菅原道真と天神信仰水火天満宮Official Website

外部リンク[編集]