泉精器製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社泉精器製作所
Izumi Products Company
Company logo of Izumi Products Company.
種類 株式会社
略称 IZUMI
本社所在地 日本の旗 日本
399-8721
長野県松本市大字笹賀3039番地
設立 2016年1月6日
(TMC BUYOUT8株式会社)[1]
業種 製造業
法人番号 2010001172868
事業内容 家電製品、電設工具の製造・販売等
代表者 代表取締役社長 志摩寿一郎
資本金 7億5000万円
売上高 連結:142億9300万円
(2018年3月期)[1]
営業利益 連結:12億5900万円
(2018年3月期)[1]
純利益 連結:5億7800万円
(2018年3月期)[1]
純資産 連結:71億9900万円
(2018年3月31日現在)[1]
総資産 連結:146億900万円
(2018年3月31日現在)[1]
従業員数 323名(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 TMCAP2011投資事業有限責任組合 75.6%
マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合 24.4%[1]
主要子会社 泉制品香港有限公司、港泉精密制品(深セン)有限公司
外部リンク http://www.izumi-products.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社泉精器製作所(いずみせいきせいさくじょ)は、長野県松本市に本社を置き、主に家電製品シェーバーヘアケア製品などの理美容機器や調理器具など)や電設工具の製造販売を行う企業である。

2010年8月、事業譲渡により、新生・株式会社泉精器製作所として事業を再開。かつてオランダのフィリップスからアメリカ市場におけるシェーバーの特許侵害を理由として告訴されたが法廷闘争の末、これを退けた。

長い間各社とのOEMで培った技術には定評があり、またSEIKO VIDAN時代に開発された「鼻毛カッターNX-100」はロングラン商品の一つ[2]として有名である[要出典]

沿革[編集]

  • 1939年 - 東京府東京市大森区大森町(現・東京都大田区大森)にて創業。
  • 1944年 - 株式会社泉精器製作所として設立。
  • 1945年 - 戦争により長野県松本市へ疎開。
  • 1962年 - 電設工具を開発し、電電公社、電力会社に供給開始。
  • 1972年 - 電設工具の海外市場を開拓開始。
  • 1987年 - 香港に関連会社を設立し、中国に進出。
  • 1989年 - 世界初の充電油圧式電設工具E-Roboシリーズを開発し、販売を開始。
  • 2008年4月1日 - セイコースポーツライフ(旧社名:セイコーエスヤード)より男性用シェーバー、女性用理美容家電機器、毛玉取り器の事業を譲受。
  • 2009年 - 長野地方裁判所民事再生法の適用を申請。負債総額は約161億円[3][4][5][6]。民事再生手続の開始決定を受け、株式会社ゴードンブラザースジャパンより再生支援として、融資枠の設定を受ける。
  • 2010年8月 - 電設工具・家電事業を、WISE PARTNERS株式会社傘下のファンド、及び株式会社日本政策投資銀行が出資し設立した新会社(イズミホールディングス株式会社)に譲渡。新会社の商号を株式会社泉精器製作所に変更、承継会社として今後、当該事業を担当する。なお、従前会社(旧・株式会社泉精器製作所)についてはその商号を笹賀管理株式会社に変更のうえ、専ら債務弁済業務を遂行し、最終的に清算される計画である[7]
  • 2013年3月29日 - シェーバー VIDAN 広報担当として「松本イズミ」が登場。
  • 2014年10月1日 - 2008年にセイコーエスヤードから引き継いだ事業を終了。補修用性能部品の保有期間満了に伴い、各種の製品本体、補修用部品の販売と修理業務など。公式を参照
  • 2016年6月15日 - 東京海上キャピタル管理・運営する「TMCAP2011投資事業有限責任組合」の子会社となる[8]
  • 2017年4月1日 - TMC BUYOUT8株式会社が泉精器製作所を吸収合併。同時にTMC BUYOUT8の商号を株式会社泉精器製作所へ変更。
  • 2018年10月1日 - マクセルホールディングス株式会社と株式会社日本政策投資銀行が共同出資したマクセル特別目的株式会社が全株式を取得し、マクセル特別目的株式会社の完全子会社となる予定[1]

関連会社[編集]

  • 泉制品香港有限公司
  • 港泉精密制品(深セン)有限公司

主な取引先[編集]

  • 電設工具納入先
イズミパートナー会代理店各社、NTTグループ各社、電話工事会社、電力会社、電気工事会社、端子メーカー、電線メーカー、JRグループ各社、Huskie Tools社(U.S.A)、IZUMI UK社(イギリス)、中鉄興業(台湾)、巨力社(中国)、巨精社(中国)、上海中敦社(中国)、富泉商社(韓国)
  • 電気製品納入先
岩谷産業株式会社、イワタニカセットフー株式会社、株式会社エージーピー、角田無線電機株式会社、京セラ株式会社、近代商事株式会社、大和無線電機株式会社、株式会社藤田商会、株式会社マキタ、吉井電気株式会社、Spectrum Brands社(U.S.A)

産業財産権[編集]

2010年2月20日現在

ULTRA Patent登録状況検索 出願人に「株式会社泉精器製作所」と入力後、検索する。
ULTRA Patent登録状況検索 出願人に「株式会社泉精器製作所」と入力後、検索する。
登録1218894株式会社 泉精器製作所 登録1218895株式会社泉精器製作所 登録1549468【図有】 登録1591649Cleancut 登録2287467§IZUMI 登録2487969§ERobo 登録2507320SHAVY\シェイビ- 登録2524038イ-ロボ 登録2704821§IZUMI 登録2721149§IZUMI 登録4109176§IZUmI 登録4371947VIDAN\ヴィダン 登録4397954食卓料理長 登録4420048初体験 登録4473978Fudy\フーディー 登録4606544水セラピー\MIZUTHERAPY 登録4606545せせらぎ 登録4665528JACTY 登録4672270ionage\イオネージュ 登録4731845レスキューイン 登録4738120ピタットホール 登録4754705ピタットくん 登録4890696Fine Edge 登録4900044Venere\ヴェネレ
米国登録(USPTO) 2382859(IZUMI) electric shavers, [electric hair trimmers, electric mustache trimmers, electric nose hair trimmers electric ear hair trimmers] and parts thereof
国際登録(WIPO) 828976(IZUMI) AU,NO,RU,SG,SZ,TR

松本イズミ[編集]

シェーバーシリーズ「VIDAN」の広報を担当するキャラクターとして2013年3月29日にツイッターアカウントが開設される。同年4月1日には公式サイトを開設した。イラストは色詩による。萌えキャラ学会の正会員。2016年4月1日から9月21日まで南本あおいが公認コスプレイヤーとして就任していた[9]。また、妹分として企画及び工具担当の「松本いずみ(ひらみん)」もいて、こちらもTwitterアカウント(@hiramin_pp)[10]を持っており、イズミとの掛け合いをしたりする。

2018年6月20日に、自身の結婚の為同月29日に活動を終了することが発表され、妹のいずみも『ここじゃないどこかに向かうため』に活動終了することが発表された。[11]

プロフィール[編集]

  • 年齢19歳
  • 身長 156cmぐらい
  • 血液型 O型
  • 誕生日 4月1日
  • 出身地 長野県松本市
  • 愛称 イズミちゃん、イズミん、誤脱クイーン[12]
  • 趣味 シェーバーのコスプレ
  • 特技 分解
  • 好きなもの いちご

関連商品[編集]

  • スマートフォンケース
  • 萌酒

参考文献[編集]

  • 『日米特許侵害-泉精器2500日の熱き闘い』ダイヤモンド社(1992/06) ISBN 9784478140161

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 共同投資による株式会社泉精器製作所の株式取得(子会社化)に関するお知らせマクセルホールディングス 2018年8月8日
  2. ^ ただし後述のSEIKO理美容製品取扱終了に伴い、同製品も取扱を終了する。
  3. ^ 2009年8月24日申請時において同年中最大負債総額。
  4. ^ 家電Watch
  5. ^ 不景気.com
  6. ^ 東京商工リサーチ
  7. ^ 新・「泉精器製作所」発足のお知らせ
  8. ^ お取引様各位泉精器製作所 2017年2月23日
  9. ^ 2016年9月21日を以って南本が芸能活動から引退した。[1][2]
  10. ^ なお、当初のアカウント名は「@IZUMI_Products」だった。
  11. ^ 「松本イズミ」が結婚、引退発表 人気のシェーバー擬人化キャラ
  12. ^ 時に呟きに誤字脱字が乱舞する事がある為。なお、ただの渾名ではなく、本人が公式に使うタグでもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]