オグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 オグラ
Ogura & Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 オグラ
本社所在地 日本の旗 日本
243-0417
神奈川県海老名市本郷2661番地
北緯35度24分26.2秒
東経139度23分43.2秒
座標: 北緯35度24分26.2秒 東経139度23分43.2秒
設立 1962年9月
法人番号 5021001026746
事業内容 電動油圧機器の開発・製造・販売
代表者 小倉 重治(代表取締役社長)
資本金 6,280万円
従業員数 85人
外部リンク http://www.ogura-web.com/
特記事項:(2011年10月現在)
テンプレートを表示

株式会社オグラ神奈川県海老名市に本社を置く、Oguraブランドの電動油圧鉄筋カッター、鉄筋ベンダー、油圧パンチャーなどの鉄筋および鋼材加工用の携帯式油圧機器を専門とするメーカーである。1949年に国産初のパイプ切断ねじ切り機を発売している。主力商品は当初配管工向けのパイプマシンであったが、現在は鉄筋業者用携帯式油圧機器となっている。

概要[編集]

1949年に日本初の国産パイプ切断ねじ切り機を開発、その後パイプマシンを開発して1970年前後には、アメリカRIDGIDやフランスViraxと販売代理契約を結び、パイプマシンで欧米へ進出していた。オグラのパイプマシンでは、国内で各種の賞を受賞している。その後パイプマシンの国内での需要減少から1975年頃より鉄筋の電動カッターを開発、1980年には携帯式の電動油圧カッターを開発、鉄筋の油圧式加工機類を展開して主力商品群とした。旧社名は、(株)小倉チャック製作所。国内同業メーカーとして、株式会社IKK(DIAMOND)・育良精機株式会社(IKURA TOOLS)がある。

沿革[編集]

  • 1928年 東京都品川区にて工作機械用汎用チャックを考案し個人企業として操業開始。
  • 1943年 精密機械展、特許局発明展に出品し表彰される。
  • 1949年 東京都優良発明展に出品し表彰される。日本最初の国産パイプ切断ねじ切り機完成発売。
  • 1954年 パイプマシン試作完成、量産に乗り出す。
  • 1956年 パイプマシンを大阪国際見本市に出品し、優秀輸出製品賞を受賞。
  • 1957年 (株)小倉チャック製作所設立。
  • 1961年 パイプマシンを東京都優良発明展に出品し、都知事より表彰を受ける。
  • 1962年 販売部門を独立させ、オグラ販売(株)設立。
  • 1966年 米国の配管工具メーカーであるアメリカのRIDGID社と販売代理契約締結。パイプマシンを神奈川県工業展に出品し、市長賞を受賞。
  • 1969年 当社製品パイプマシン50R型がメンテナンスショーにて1968年PM優秀賞を受賞。同製品が、東京都中小企業優秀輸出商品に選定される。
  • 1970年 同製品が、神奈川県輸出商品奨励賞を受賞。
  • 1971年 ポータブル・パイプマシン 32mini が完成。
  • 1972年 フランスの配管工具メーカーであるVirax 社と欧州全域と世界各地への製品供給契約を締結。販売会社を(株)オグラへ社名変更。
  • 1974年 創業者、小倉重蔵が永年の特許製品開発と国産初のパイプマシンの開発から製造による産業界への寄与を評価され、科学技術庁より黄綬褒章を授与される。
  • 1975年 電動ギア方式による鉄筋切断機BC-19 およびBC-25 を発売。通商産業省より永続企業顕彰を受ける。
  • 1976年 鉄筋曲げ機BB-19 およびBB-25 を発売。
  • 1978年 鉄筋ベンダーMB-19 およびMB-25 を発売。
  • 1980年 電動油圧鉄筋カッター HBC-13 およびHBC-19 を発売。超小型パイプマシン25型を発売。
  • 1982年 電動油圧鉄筋カッターシリーズ HBC-16およびHBC-25 を発売。電動油圧式パンチャーシリーズを発売。
  • 1983年 製販合併し、「株式会社 オグラ」と社名統一。
  • 1988年 米国MQ社と鉄筋加工機シリーズの全米販売代理店契約締結。
  • 1990年 米国HMI社と鋼材加工機シリーズの全米販売代理店契約締結。
  • 1997年 コードレスモータと小型油圧を利用した特殊機器製品の開発により、非建設・土木分野への展開を始動させる。
  • 2000年 米国HMI社製ポータブルマグドリルを日本で発売。

主な製品[編集]

  • 電動油圧鉄筋カッター・電動油圧鉄筋ベンダー・電動油圧パンチャー・電動油圧ノッチャー・カッター

産業財産権[編集]

2011年10月12日現在

登録番号 第2328465号Ogura
特許4401888パイプ圧着機・特許3977180既設扉枠の除去方法・特許3977155油圧作動装置・特許3936020油圧作動装置・特許3902766複動型油圧作動装置・特許3902750切断装置・特許3847399アングル材切断装置・特許3792307油圧作動装置・特許3454911複合型鉄筋折り曲げ装置・特許3429885アングル材切断装置・特許3102939複動型油圧作動装置・特許3066094鉄筋折り曲げ機・特許2965912鉄筋折曲げ機・特公平07-041462油圧作動切断装置・特公平07-033821油圧駆動装置・特公平06-075738スプール弁装置・特公平06-006212曲げ修正機・実登2603806ねじ棒切断装置・実登2592024鉄筋折り曲げ機・実登2575508鉄筋折り曲げ機・実登2558971油圧作動装置・実登2502527油圧作動装置・実公平07-011858 油圧作動装置

脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]