池田麻理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いけだ まりこ
池田 麻理子
プロフィール
別名義 MALI
生年月日 1982年12月24日
現年齢 37歳
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市[1]
血液型 AB
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 166 cm / 47 kg
BMI 17.1
靴のサイズ 24.5 cm
活動
ジャンル タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

池田 麻理子(いけだ まりこ、1982年12月24日 - )は、日本タレント。元『恋のから騒ぎ』第11期生メンバー。松竹芸能所属。旧芸名はMALI(マリ)。

来歴[編集]

恋のから騒ぎ出演前[編集]

から騒ぎレギュラーの前には『ロンドンハーツ』「被害者の会」にも「魔性の女」として出演しているという過去も持つ。その頃から関西ではローカル番組へも多数登場しており、「素人有名人」として知名度を高めていた。

恋のから騒ぎに出演[編集]

恋のから騒ぎ11期生として、4月の入学時から前列センター席をキープ。その後1年間、同じ席のままで卒業を迎える(同期で同じく1年間レギュラー出演したのは3列目の加藤恵美(「彦六師匠」)と武原由美の3人のみ)。魔性女のキャラクターを突き通すも、本性の天然キャラでボロを出しては毎週、司会のさんまに突っ込まれていた。

タレントに転身[編集]

関西を中心にタレント活動をスタート。トーク上手という特性も生かされ、芸能活動スタート直後から関西ローカルのテレビ番組や新聞・イベントなど多数のレギュラー番組を持つ[2]。 関西ではパチンコスロット番組・バイク番組などのMCとしての印象が強い。スロットは初体験だった[3]が番組のためにプライベートで猛特訓し、今では目押しも普通にこなすという[4]。バイク番組の企画では大型バイクの免許を取得[5][6]原付にも乗ったことがない状態からのスタート[7]で、毎週怒ったり泣く姿が視聴者の笑いを誘っていた。イメージとは違い、体当たりで何にでもチャレンジするキャラで幅広い世代・男女からの人気を集める。

2010年からは名古屋に拠点を移し、大阪・名古屋を往復しながら芸能活動を続けていた[8]

2015年7月7日、結婚[9]

2015年10月20日、結婚式の画像と共に交際半年で結婚したことを報告[10]

2015年12月27日日刊スポーツの競馬の予想コラムを約3年で卒業することを報告[11]

2016年7月23日、2015年末から妊娠したことを報告[12]2016年8月27日、第1子の男児を出産。体重は3894gで予定から7日遅れであった[13]

2019年12月31日、「2020年はシングルマザーとして心機一転頑張ります」と離婚したことを報告[14]

エピソード[編集]

正直にありのままの姿を書く、自虐的な公式ブログが彼女の人気の一つである。過去には、母は本気のパチプロ、兄は正真正銘のバカだと公言。そのため、ギャンブルのヒキが強いのは母譲りだとも語っている。バイク番組レギュラー出演時、「バイクは危ないから嫌いだ」と暴言を吐く。視聴者からも反感を買ったが、その後むりやりバイクの後ろに乗せられ、泣きわめきながらも乗車。2時間程のツーリングの後、声を震わせながら「まぁまぁやな」と発言していた。スロット番組では池谷直樹(のちに、ゆうたろうに交代)とのコンビで実戦形式での番組を毎週展開。「スロット北斗の拳」を遊戯中、進行役としてケンシロウのオーラの色を見なければいけないのに「うわ〜男性が燃えてはる〜」と天然発言。結局オーラの色はオンエアでしか確認できなかった。

から騒ぎ卒業直後、グラビアDVDをリリース。しかし当初から「グラビアはやりたくなかった」と公言。リリース記念イベントでは多数の記者に向かって「上沼恵美子さんみたいな人間になりたい」、「やしきたかじんさんの女版タレントを目指します」、「これからはオシリの時代が来る1」など意味不明な発言をし記者を困らせていた。本人曰く、目標とする芸能人は上沼恵美子である。見た目で判断されるのを嫌がり、可愛さは二の次で、あくまでお笑い目線でトークを一番に認められるようなタレントになりたいと常々語っている。

恋のから騒ぎ出演エピソード[編集]

第1回目の放送でゲストの研ナオコに「目が離れて顔から出ている」とジェスチャーつきで発言し、研ナオコが「私はそこまで離れてない」と激怒。そのまま説教部屋行き決定となった。その後、歯に衣着せぬ発言と天然キャラが浸透し、ほぼ毎週テーマトークを披露。これは過去異例の多さである。天性の魔性キャラでゲストを数名翻弄。本番中、岩城滉一にはデートに誘われ、新庄剛志にはコンパを要求されていたが軽く受け流していた。さんまのことは好きではないらしく、よく言い争いをしていたが、中でも「お前は俺の事、どう思ってんねん?」と聞かれ、恋愛トークの流れだったのにも関わらず「踏み台」と即答しスタッフを大絶賛させていた。同期メンバーで特に仲が良かったのは絹川麗・武久美雪(陶芸家)。レギュラーメンバーだったのにも関わらず控え室ではリーダー的存在ではなく、いつも寝ていて、面倒見のいい真鍋真緒に起こされていたという。ちなみにその真鍋に、卒業記念本のインタビューで「マリちゃんは本番中に爆睡していた事がある」と暴露されている。卒業スペシャルでは後列メンバー陣に「本当はすごくいい子」と発言され、感動し号泣。本番中にコンタクトを外してさんまに怒られていた。毎週、流行のファッションで身を固め登場し、女性視聴者から人気を集めたがテレビジョン誌のインタビューで「実は、もう服がない」と発言。卒業スペシャルの直前放送では、ジャージのセットアップ(一応スカート)で登場し、共演メンバーに本気で笑われたという。

人物[編集]

家族[編集]

母と8歳年上の兄がいる[15]。生まれてすぐ両親が離婚[16]。 父親と初めて会ったのは20歳の頃。感動の再会かと思われたが、すでに父親には新しい家庭があり何の感情も芽生えなかった、と自身が公式ブログで綴っている。育ての親は母親の父(彼女にとっては祖父)で、2010年5月1日に死去[17]。すごく可愛がってもらったのに何の恩返しもできなかった[18]とブログで綴られている。 母はコーヒー専門のカフェのオーナーをしており[19]、兄はそのカフェで働いている[20]

現在の出演[編集]

ラジオ[編集]

  • トンボリステーション生放送パブリックビューアー毎週土曜日VJ

過去の出演[編集]

テレビ[編集]

  • EX ロンドンハーツ「被害者の会」
  • NTV 恋のから騒ぎ11期
  • サンテレビ「Like a wind」(共演 土建家よしゆき)
  • サンテレビ「極スロ魂」(共演 池谷直樹・ゆうたろう)
  • MBS ベリータ
  • YTV 土曜はダメよ! ダメットさん
  • KTV 2時ドキッ!

ラジオ[編集]

雑誌・新聞[編集]

  • 日刊スポーツ「ニッパチ」イメージキャラクター
  • 日刊スポーツ「$箱キングダム」
  • 日刊スポーツ 連載コラム
  • FLASHグラビア
  • パチンコ攻略本 DVD内メインMC
  • その他ファッション誌 広告モデル

グラビア[編集]

  • DVD「惚れたらあかんで」
  • DVD「悪女の誘惑」

書籍[編集]

  • 「恋のから騒ぎ 卒業メモリアル '04‐'05 11期生」(2005年3月1日、日本テレビ放送網)ISBN 978-4820399353

CM[編集]

イベント[編集]

  • 水都大阪22009水上結婚式MC
  • その他トークショー・イベント総合MCなど

その他[編集]

  • 社会人野球チームnagoya23マスコットガール

出典[編集]

  1. ^ まり、生まれる”. 池田麻理子OfficialBlog. Ameba (2008年1月17日). 2020年7月4日閲覧。
  2. ^ 土建屋よしゆきさん。”. 池田麻理子Official Blog『見かけによらずのマリンコちゃん ぱーと2』 (2014年8月4日). 2020年5月15日閲覧。
  3. ^ 池谷直樹さん。”. 池田麻理子Official Blog『見かけによらずのマリンコちゃん ぱーと2』 (2010年9月17日). 2020年5月15日閲覧。
  4. ^ 最終回‥”. 池田麻理子Official Blog『見かけによらずのマリンコちゃん ぱーと2』 (2007年11月25日). 2020年5月15日閲覧。
  5. ^ 卒業検定!!”. 池田麻理子Official Blog『見かけによらずのマリンコちゃん ぱーと2』 (2008年1月22日). 2020年5月15日閲覧。
  6. ^ 大型免許げっつ!”. 池田麻理子Official Blog『見かけによらずのマリンコちゃん ぱーと2』 (2008年1月28日). 2020年5月15日閲覧。
  7. ^ 目指せ、バイクに乗る女”. 池田麻理子Official Blog『見かけによらずのマリンコちゃん ぱーと2』 (2007年4月27日). 2020年5月15日閲覧。
  8. ^ CBCラジオ。”. 池田麻理子Official Blog『見かけによらずのマリンコちゃん ぱーと2』 (2010年11月26日). 2020年5月15日閲覧。
  9. ^ 池田麻理子(@mariko_ikeda_)”. Instagram News (2018年7月7日). 2020年5月13日閲覧。
  10. ^ 池田麻理子(@mariko_ikeda_)”. Instagram (2015年10月20日). 2020年5月13日閲覧。
  11. ^ 池田麻理子(@mariko_ikeda_)”. Instagram (2015年12月27日). 2020年5月13日閲覧。
  12. ^ 池田麻理子(@mariko_ikeda_)”. Instagram (2016年7月23日). 2020年5月13日閲覧。
  13. ^ 池田麻理子(@mariko_ikeda_)”. Instagram (2016年8月30日). 2020年5月13日閲覧。
  14. ^ 池田麻理子(@mariko_ikeda_)”. Instagram (2019年12月31日). 2020年5月13日閲覧。
  15. ^ 親子写真”. 池田麻理子OfficialBlog. Ameba (2007年8月15日). 2020年5月13日閲覧。
  16. ^ まり、生まれる”. 池田麻理子OfficialBlog. Ameba (2008年1月17日). 2020年5月13日閲覧。
  17. ^ 報告。”. 池田麻理子OfficialBlog. Ameba (2010年5月1日). 2020年5月13日閲覧。
  18. ^ くだらんお知らせ。”. 池田麻理子OfficialBlog. Ameba (2008年6月2日). 2020年5月13日閲覧。
  19. ^ オーナーのムスメ。”. 池田麻理子OfficialBlog. Ameba (2010年9月5日). 2020年5月13日閲覧。
  20. ^ 個人的ニュース。”. 池田麻理子OfficialBlog. Ameba (2010年8月22日). 2020年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]