楠城華子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なんじょう はなこ
楠城 華子
プロフィール
別名義 六條 華
生年月日 1980年4月2日
現年齢 37歳
出身地 日本の旗 日本山口県下関市[1]
血液型 O型[1]
公称サイズ(2013年7月時点)
身長 / 体重 172 cm / 61 kg
BMI 20.6
スリーサイズ 92[1] - 63[1] - 95[1] cm
靴のサイズ 26[1] cm
活動
デビュー 1999年
ジャンル 女優、モデル
モデル内容 グラビア
他の活動 歌手
モデル: テンプレート - カテゴリ

楠城 華子(なんじょう はなこ、1980年4月2日 - )は、日本女優歌手及びモデルである。楠城華子は旧姓の本名。山口県下関市生まれ。血液型はO型。楠城華子事務所ぐうふら所属。元・ブルガリア観光親善大使表記:Hanako Nanjô)。

来歴・人物[編集]

桜蔭高校出身で在学時は鉄緑会にも通っていた。1999年東京大学教養学部文科一類入学。2004年東京大学法学部卒業(蒲島郁夫ゼミ出身)。家族構成は父、母、兄の4人。好きな言葉は「一発逆転」。

  • 六條 華(ろくじょう はな)として『週刊現代』などのグラビア掲載などで一躍有名になるが、2005年に前所属事務所に移籍、芸名を楠城華子に戻した。
  • 2007年独立、女優の松田佳子と共に個人事務所「楠城華子事務所ぐうふら」を設立。
  • 高校・大学の先輩に菊川怜がいる。
  • 外国為替証拠金取引に凝っている。
  • 母親の影響でバレエやピアノやを幼少期から学ぶ。クラシックを主に演奏し、YouTubeでもその腕前を披露。
  • 気になる人物の一人に佐藤優を挙げ、産經新聞社にて対談を実現。「タイプの男性」であることもブログで明かしている。
  • 身長もさることながら、手足が大きいことを気にしている。
  • 2007年秋にはロシア人女性監督の短篇映画“Hallucination”に主演。
  • 教育問題にも関心があり、2008年10月よりYouTubeやYahoo!動画オフィシャルサイトなどで『楠城華子の勝手に英語ノート』と称して小学生向けの英会話動画を配信し始めた。
  • 2010年9月 保育士試験筆記試験に合格[2]
  • 2010年9月23日、一般人男性と結婚[3][4]
  • 2010年11月22日 妊娠と保育士試験合格を発表[5]
  • 2011年3月27日 午前9時半、神奈川県内の病院で第一子となる男児(3,220グラム)を出産[6]

出演[編集]

テレビ[編集]

映画・Vシネマ[編集]

  • まいっちんぐマチコ先生 東大お受験大作戦!!(2006年) - 主演・麻衣マチ子役
  • 夢十夜 海賊版(2007年)※「第10夜」 - 主演・キャバクラ嬢役
  • 女囚 07号玲奈(2007年) - 如月玲奈役
  • 修羅の妻(おんな)たち 射殺者の妻、その愛 (2007年) - 紀子役

インターネット[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • メモリーズ2 - ジェニー博士役
  • 草莽崛起!高杉晋作と騎兵隊(2007年) - 芸者おのう役

写真集[編集]

雑誌[編集]

DVD[編集]

  • OPEN MY FLOWER六條華(2004年、英知出版
  • 気まぐれムービーショー(2006年、ネットフロンティア
  • パーフェクトボディ 楠城華子 GOLD(2006年、ティーエムシー
  • パーフェクトボディ 楠城華子 TATOO(2006年、ティーエムシー)
  • CRYSTAL(2006年、アートポート)
  • 女囚 07号玲奈(2006年、アートポート)
  • 修羅の妻(おんな)たち 射殺者の妻、その愛 主演・紀子役(2008年、GPミュージアムソフト

CD[編集]

  • 気まぐれワンマンショー(2005年、クラフト
  • LOCK ON(2006年、クラフト)

GMX[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 楠城華子事務所ぐうふらによるプロフィール
  2. ^ 合格報告
  3. ^ 結婚しました☆
  4. ^ “あの東大卒セクシー女優が結婚!子作り構想激白「年子で4人」”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2010年9月29日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100929/enn1009291147000-n1.htm 2013年7月28日閲覧。 
  5. ^ 保育士合格&妊娠のご報告
  6. ^ “東大卒セクシー女優・楠城華子「出産なう」実況ルポ!”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2011年3月30日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110330/enn1103301218005-n1.htm 2013年7月28日閲覧。 

外部リンク[編集]