鉄緑会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鉄緑会(てつりょくかい)は、中高6年一貫校の生徒を対象とした東京大学受験指導専門塾[1][2]

概要[編集]

鉄緑会本部代々木

1983年設立。講師は主に東京大学の学部生及び院生や卒業生である。

東京大学医学部同窓会組織である鉄門倶楽部東京大学法学部の自治会である緑会を意味する。

設置・運営は「株式会社東京教育研」。2007年12月3日、ベネッセコーポレーションの傘下となった[3]

入塾では直近の東京大学の合格実績を考慮した指定校制度を採用しており、指定校以外の生徒も入塾試験に合格すれば入塾が可能である[4]

所在地[編集]

主な出身者[編集]

出典[編集]

  1. ^ 中学受験終え、どう過ごす? 鉄緑会、すでに800人以上申し込み (Paid subscription required要購読契約)”. 朝日新聞デジタル (2022年2月22日). 2022年5月22日閲覧。
  2. ^ 正解がない時代における「公文→サピックス→鉄緑会」という“塾歴社会”の危うさ”. ダイヤモンド・オンライン (2021年9月19日). 2022年5月22日閲覧。
  3. ^ 『朝日新聞』2007年12月1日朝刊1経済面13頁「東大受験専門塾をベネッセ傘下に」(朝日新聞東京本社)
  4. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “東大理三、合格者の6割 進学塾「鉄緑会」の全貌|出世ナビ|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2021年7月25日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ a b 東京大学に入学後、講師として勤務。

外部リンク[編集]