森田亜紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もりた あき
森田 亜紀
森田 亜紀
森田亜紀
生年月日 (1974-11-19) 1974年11月19日(43歳)
出生地 日本の旗 日本 石川県
身長 163 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ舞台コマーシャルミュージック・ビデオ
事務所 ストレイドッグプロモーション

森田 亜紀(もりた あき、1974年11月19日[1] - )は、日本女優映画監督である。

経歴[編集]

石川県出身[1]大畑創監督のホラー映画『へんげ』で主演を務めた[2]。2013年、オムニバス映画『桃まつり presents なみだ』の一編「雨の日はしおりちゃん家」で映画監督デビューを果たす[3]。2015年、森川圭監督のコメディー映画『メイクルーム』で主演を務める[4]。『メイクルーム』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015でグランプリ受賞。[5]2018年4月7日(土)公開となる、内藤瑛亮監督の映画『ミスミソウ』では、大津馬中学校3年1組の担任、南京子役を演じている

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • アロハ色のヒーロー
  • 淑女(レディ)のお作法
  • 海街diary
  • おとうさんとわたし
  • アオイの花
  • 純平、考え直せ
  • 女の子ものがたり
  • 母の桜が散った夜

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 森田亜紀 Aki Morita”. ストレイドッグプロモーション. 2015年8月22日閲覧。
  2. ^ 夫婦愛を描いた異色のホラー映画! ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でも大好評”. 芸能ニュースラウンジ (2012年2月29日). 2015年8月22日閲覧。
  3. ^ 個性豊かな女性監督8人が“なみだ”の映画を競作!”. ぴあ映画生活 (2013年5月13日). 2015年8月22日閲覧。
  4. ^ 目指すはイタリアの動員数1200人越え! 映画『メイクルーム』森川圭監督・森田亜紀さん関西公開初日舞台挨拶”. CINEMA TOPICS ONLINE (2015年7月1日). 2015年8月22日閲覧。
  5. ^ ゆうばり映画祭グランプリを過去最高齢50歳監督が受賞! AV業界描いた異色作”. CinemaCafe.net (2015年2月23日). 2015年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]