メイクルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メイクルーム
監督 森川圭
製作 森岡利行
中村裕美
出演者 森田亜紀
栗林里莉
川上奈々美
伊東紅
住吉真理子
音楽 Yuka
主題歌 Les.R「お・も・て・な・し」
撮影 釘宮慎治
編集 森川圭
公開 イタリアの旗 イタリア 2015年4月27日(ウディネ・ファーイースト映画祭
日本の旗 日本 2015年5月9日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 メイクルーム2
テンプレートを表示

メイクルーム』は、森川圭監督・脚本による2015年の日本のコメディ映画。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

2013年12月、本作の撮影は2日間にわたって行われた[1]アダルトビデオの撮影現場での1日を描くという舞台設定により、短期間での撮影が可能となった[1]。長回しが多く用いられた本作では、キャメラの位置を変えて同じ場面を幾度も撮り直すことがあり、主演の森田亜紀は「常に段取りに追われてリアルにパニックになりました」と述懐している[1]

上映[編集]

2015年4月27日、第17回ウディネ・ファーイースト映画祭にて上映された[2]。日本では同年5月9日に一般公開された[3]

評価[編集]

2015年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて、オフシアター・コンペティション部門のグランプリを受賞した[4]

マーク・シリング英語版は、「日本のセックス産業の暗い側面を和らげたり隠したりしている点は批判の余地があるが、快活なユーモアと苦労して得られた洞察とをともなって、そこで働く者たちの人間的な姿が描かれている」と述べて、本作に5つ星満点の3.5つ星を与えた[5]

2016年には本作の4ヵ月後を描いた続編の『メイクルーム2』が公開された[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 目指すはイタリアの動員数1200人越え! 映画『メイクルーム』森川圭監督・森田亜紀さん関西公開初日舞台挨拶”. CINEMA TOPICS ONLINE (2015年7月1日). 2015年8月21日閲覧。
  2. ^ AV撮影の裏側を描いた新作で、規制を逆手に取った演出とは? 伊映画祭で驚きの声”. シネマトゥデイ (2015年4月28日). 2015年8月21日閲覧。
  3. ^ AVの舞台裏を描いた「メイクルーム」、初日舞台挨拶に女優陣が登壇”. ナタリー (2015年5月9日). 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ AV出身の50歳監督作「ゆうばり映画祭」史上最高齢でグランプリ獲得!”. 映画.com (2015年2月22日). 2015年8月21日閲覧。
  5. ^ Schilling, Mark (2015年5月13日). “All about AV, but no sex in ‘Makeup Room’”. The Japan Times. 2015年8月21日閲覧。
  6. ^ “平嶋夏海がわがままなAV女優演じる「メイクルーム2」公開、栗林里莉も出演”. 映画ナタリー. (2016年8月23日). http://natalie.mu/eiga/news/199053 2016年8月23日閲覧。 

外部リンク[編集]