前科ありの女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前科ありの女たち
ジャンル 単発テレビドラマ
放送時間 金曜21:00 - 22:52(112分)
放送期間 2014年11月28日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 国本雅広
脚本 武田有起
プロデューサー 千葉行利ケイファクトリー)、宮川晶(ケイファクトリー)
出演者 安田成美
相武紗季
渡辺いっけいほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送

特記事項:
当初2014年11月21日放送の予定だったが、高倉健死去に伴い『南極物語』が追悼番組として放送されたため延期[1]
テンプレートを表示

前科ありの女たち』(まえありのおんなたち)は、2014年11月28日にフジテレビ系列「赤と黒のゲキジョー」で放送されたテレビドラマ。元々は、前週の11月21日に放送予定だったが、高倉健の死去に伴い『南極物語』が追悼番組として放送されたため、順延となった[1]

あらすじ[編集]

殺人罪で10年間服役していた石神由紀子は仮釈放となり、罪を犯す原因を作った元夫・秋山孝典への復讐心に燃えていた。自分が出所し、弱味を握っていることを秋山に悟らせ、少しずつ追いつめていく。

一方、由紀子と同じ日に刑期を終えて出所した逢坂みのりは、逮捕以来5年ぶりに田舎へ帰るが、心から喜んでくれたのは祖母だけで、みのりの逮捕で嫌がらせされ続けていた弟は怒りを、母は困惑を、近所の人は冷たい目を向けるばかりだった。このままでは、また家族に迷惑をかけてしまうと考えたみのりは、東京に戻り、仕事を探す。

みのりは勤めることになった仕出し弁当屋で由紀子と再会する。

キャスト[編集]

主要キャスト[編集]

石神 由紀子
演 - 安田成美[2]
夫の勤務先の社長を殺害した罪で服役していた。服役中に同房の囚人たちから囲碁やピッキングを教わった。殺人の元凶を作った元夫への復讐を目論んでいる。
父親に窃盗の前科があり、苦労の多い人生を送ってきた。孝典の情にほだされ結婚したが、暴力を振るわれ、犯罪者の娘と蔑まれる生活へと変貌していった。
逢坂みのり
演 - 相武紗季[3]
業務上横領罪で5年間服役していた。出所後に実家に戻ったが、服役中に家族がどんな目に合っていたかを初めて知り、また事情を知る近隣の人の目が厳しく、家族に迷惑をかけると思い、家を出た。横領した2000万円は付き合っていた男に貢いだが、取調べでは一切話さなかった。
スナック「アルト」のママ
演 - 七瀬なつみ
由紀子がかつて働いていたことがある。出所した由紀子に脱税をバラすと脅され、孝典の居場所を教える。
秋山 俊
演 - 今井悠貴
由紀子の盲目の息子。児童養護施設「つばさ愛育園」で暮らす。母親は死んだと聞かされている。
秋山 孝典
演 - 渡辺いっけい
由紀子の元夫。由紀子や俊に暴力を振るっていた。
九十九食品の社長
演 - 村松利史
由紀子とみのりのパート先の仕出し弁当屋の社長。前科者も受け入れてくれる会社として保護司の間では有名だが、通常のパート従業員は午前4時からだが、前科ありの従業員は午前2時からの勤務で、他の従業員に分かるようになっている。
元山 竜二
演 - 竹財輝之助
みのりが金を貢いだ男。何人もの女たちを騙している。
美沙子
演 - 木南晴夏
竜二に騙されている女の1人。実は由紀子の同房だった女で、みのりの目を覚まさせるために、由紀子に頼まれて竜二に近づく。
後藤
演 ‐ 有福正志
町内会長。囲碁が趣味。由紀子の鮮やかな打ち筋に惚れ込む。由紀子の正体を知らず、えんぴつ社長の別荘地を教える。
大衆食堂の店主
演 - 島田洋七
由紀子とみのりが出所後に最初に寄った食堂「めし処 黒がね」の店主。刑務所が近いため、度々出所者が立ち寄るが、みのりの身なりを見て前科者と見抜き、食事の提供を拒否した。

その他[編集]

逢坂芳恵 - 朝加真由美
みのりの母。
逢坂サキ ‐ 五月晴子
みのりの祖母。
花巻社長 ‐上杉祥三
柿沼 - 徳井優
信子 ‐ 恒吉梨絵
スナック「メルヘン」のママ。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 赤と黒のゲキジョー
前番組 番組名 次番組
前科ありの女たち
(2014.11.28)