梵浄山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 梵浄山
中国
梵浄山
梵浄山
英名 Fanjingshan
仏名 Fanjingshan
面積 40,275 ha(緩衝地帯 37,239 ha)
登録区分 自然遺産
IUCN分類
登録基準 (10)
登録年 2018年(第42回世界遺産委員会
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
梵浄山の位置(中華人民共和国内)
梵浄山
使用方法表示
新金頂

梵浄山(ぼんじょうざん)は中国少数民族が多く住む地域である貴州省に位置している。貴州省銅仁市にあり、印江県、江口県、松桃県の境目にある。武陵山脈の主峰として、鳳凰山の標高は2,572 mにも及ぶ。梵浄山は「貴州第一名山[1]」「武陵第一峰」とも呼ばれ、原始林が茂り、生態も保護されており、1982年に国連から生物圏保護区に指定された。2018年7月2日、バーレーンマナマで行われた第42回世界遺産委員会において世界自然遺産に登録された。梵浄山には多くの貴重な動植物が生息しており、特にキンシコウハンカチノキはこのエリアでしか見られない。また中国十仏教名山の一つになっており、弥勒菩薩の聖地としても有名である。

明清の時代から、弥勒と梵浄山の伝説は現地の人々に広く伝わっている。古人が建てた金頂顛峰には釈迦と弥勒の両殿があり、梵浄山仏教の象徴的存在となっている。明代の「勅賜碑[2]」の中には、弥勒と梵浄山にまつわる記載が残っており、「無边法界,極楽天宫」(法界は果てしなく、極楽天宮である)と称している。明の万暦時代と清の康熙時代には梵浄山という名が与えられ、官は梵浄山の保護が求められた。梵浄山の新金頂、老金頂の付近では不思議な光と影が見られるとして、古人たちはこれを弥勒菩薩の出現として崇めた。

西路朝山古道にある「拝仏台」から梵浄山を眺めると三体の弥勒菩薩像が見られるという。新金頂は坐像の弥勒菩薩像であり、老金頂はキンシコウが弥勒菩薩像を崇める姿である。そして最後は主な峰を合わせて見ると横になった弥勒菩薩像に見えるのだそうだ。貴州で著名な作家であった張克は梵浄山を訪れた際、数百里離れた印江県弥陀寺から梵浄山を眺めた際、同じように金頂に巨大な弥勒菩薩像を見ることができることに気がついたという[3]

登録経緯[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 贵州第一名山——梵净山|景区—中国梵净山旅游官方网”. www.gzfjs.gov.cn. 2019年6月28日閲覧。
  2. ^ 赐敕碑_360百科”. baike.so.com. 2019年6月28日閲覧。
  3. ^ 贵州省——梵净山::名寺古刹::佛教艺术::一切如来心精舍”. www.yqrlxjs.com. 2019年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]