麗江古城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 麗江旧市街
中華人民共和国
麗江の運河
麗江の運河
英名 Old Town of Lijiang
仏名 Vieille ville de Lijiang
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4), (5)
登録年 1997年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
麗江古城の位置
使用方法表示

麗江古城れいこうこじょう)はナシ族によって建設された、中華人民共和国雲南省麗江市の旧市街地。 1997年ユネスコ世界遺産に登録された。

概要[編集]

ナシ族は8世紀、現在の青海省付近から南下してきたと言われている。南下した当時は磨些詔と呼ばれる小国を建国していたが、により蒙舎詔に編入された。麗江古城は、宋代より現代に至る800年の間に、近隣のチベット白族漢族の影響を受けつつ、ナシ族の政治・経済・文化の中心地として機能してきた[1]

麗江の旧市街の建築物はほとんどが1 - 3階建ての木造瓦葺きであり、4156戸[2]の住居が密集している。 麗江古城の伝統的な住居形式は、平面配置の特徴から「聯排(りぇんぱい)式」と「合院式(院落式)」の2つに分けられる[1]。聯排式は街路に面して間口が並ぶ長屋であり、2階建てが一般的である。1階部分は店舗、2階以上の部分は居住や倉庫として利用され、主に交易の盛んな商業区に見られる。合院式は天井(中庭)を中心とした1 - 2階建ての家屋の集まりで、周囲は壁に囲まれており、通りに面した壁面に門がある。白族、漢族の影響を受けて成立した住居形式であり、「三坊一照壁(主屋の向かいに壁を配置した形式)」など多くの形態が存在する。

仏教道教の仏像もあり、少数民族によって書かれた麗江壁画が残る。南宋時代の土司、木氏(ムーし)による城も残っていたが1996年に起きた地震で崩壊した。

麗江の旧市街は、世界遺産登録の影響によって急激な変容を見せている。生活市場だった商業区が土産物街へと変化し、そこに働く外部の人間が新たに流入したために人口密度が上昇した。そのために伝統形式から外れた店舗の改装や、住居の細分化が行われるようになり、ナシ族の人口比率は次第に低下しつつある[1]。また、森林資源の減少による建材不足や、景観保全ガイドラインの厳格な運用によって建物保全の経費負担が増大したため、本来の住民であるナシ族は安価に住める新市街へ移転したり、建物の修復を放棄してしまう例が見られ、麗江古城の伝統的住居の存続が危ぶまれている[1]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 山村 2005, pp. 64-65.
  2. ^ 2000年3月時点。

参考文献[編集]

  • 山村高淑、布野修司(編)、2005、「聯排式住居と三坊一照壁」、『世界住居誌』、昭和堂 ISBN 4812204437

関連項目[編集]

座標: 北緯26度52分27.83秒 東経100度14分07.66秒 / 北緯26.8743972度 東経100.2354611度 / 26.8743972; 100.2354611