ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 ラサのポタラ宮の
歴史的遺跡群
中華人民共和国
ポタラ宮全景
英名 Historic Ensemble of the Potala Palace, Lhasa
仏名 Ensemble historique du Palais du Potala, Lhassa
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (4), (6)
登録年 1994年
拡張年 2000年、2001年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群の位置
使用方法表示

ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群(らさ の ぽたらきゅう の れきしてきいせきぐん)は、中国、西蔵自治区ラサにあるポタラ宮とその周辺の建造物のユネスコ世界遺産(文化遺産)としての総称である。

概要[編集]

ラサは吐蕃の首都であり宗教・政治上の最高責任者ダライ・ラマの鎮座する場所であった。そのため、ラサはチベット文化の中心地として発達した。ラサにあるポタラ宮をはじめとする建造物群は周辺の文化にも影響を与えチベット様式を確立。ブータン北京、などにもその様式の影響が見られる建造物が存在する。

登録された建造物[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

関連項目[編集]

座標: 北緯29度39分28.5秒 東経91度07分01.8秒 / 北緯29.657917度 東経91.117167度 / 29.657917; 91.117167