桧井保孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桧井 保孝
ひのい やすたか
生誕 (1969-05-11) 1969年5月11日(49歳)
日本の旗 日本広島県
職業 レーシングドライバー
自動車評論家
実業家
配偶者 あり

桧井 保孝(ひのい やすたか、1969年5月11日-)は日本レーシングドライバー実業家広島県出身。血液型はB型。「檜井保孝」名義でも参戦している。

プロフィール[編集]

FJ/F3[編集]

1988年FJ1600でレースデビューし、1990年には、バブル景気の真っただ中で40台近い参戦台数があった全日本F3選手権にステップアップし好成績を収めた。また同年には「インターナショナルF3リーグ」にも参戦した。

1991年にはフォーミュラ・ボクスホールイギリス選手権に参戦した。1992年には全日本F3選手権に戻り、復帰第1戦目でいきなり3位表彰台を獲得した他、フォーミュラ1日本グランプリの前座では2位を獲得した。また、「インターナショナルF3リーグ」にも再度参戦した。

F3000[編集]

1993年は、日本のトップカテゴリーの全日本F3000選手権にステップアップし、中嶋企画(ナカジマレーシング)から参戦した(レイナード93D/94D 無限)。1994年にかけての2シーズン参戦し、最高位4位を獲得した。2シーズンともにチームメイトは影山正彦であった。

JTCC[編集]

1995年以後は、フォーミュラレースからハコレース中心になる。この年は、全日本ツーリングカー選手権にUNICORSEアルファロメオ155で参戦したほか、N1耐久にも参戦した。

GT選手権/SUPER GT[編集]

1996年に全日本GT選手権(現SUPER GT)に参戦。1998年より毎年参戦をする。また2002年から2005年は、タツノコプロとのコラボレーションによってアニメ「マッハGoGoGo」の主人公である三船剛の名前で活動するようになった。マシンはモスラーMT900RとVEMAC RD320Rフェラーリ・360モデナで、もちろんこの間に乗った車は全てマッハ号カラーに彩られた。

ル・マン24時間レース参戦時(2007年)

2006年からは、占い師の鑑定で「本名に戻した方がいい」といわれ、再び本名でレース活動を行う事になった。そのおかげか開幕戦で優勝を飾る事ができた。

この勝利は桧井本人の初優勝だけでなく、所属チームのJLOCの初優勝、チームメイトであるマルコ・アピチェラのSUPER GT初優勝、ランボルギーニにおける、選手権がかかるカテゴリーにおける世界初優勝とまさにはじめて尽くしの優勝となった。

ル・マン/SUPER GT[編集]

2007年にはJLOCからル・マン24時間レースに参戦したほか、同チームからSUPER GTにもシーズン参戦した。その後もスーパー耐久をはじめとする国内外の数々のレースに参戦し、2017年現在は「グローバルMX-5カップ・ジャパン」などに参戦している。

自動車評論家[編集]

近年は自動車評論家として、多くの自動車雑誌において海外の最新のロードカーのテスト試乗やインプレッションの執筆を行う。さらにフェラーリの公式イベントでは、フェラーリ・チャレンジフェラーリ・FXXから、フェラーリのF1マシンのF2001まで乗りこなすことで、「日本一のフェラーリ乗り」と称される。 また、モータースポーツイベント企画会社「ファーストレスポンダー」を経営している。

なお、レース中の真剣な姿や自動車雑誌での的確なインプレッションとは違い、飄々としたとぼけたキャラクターから、「レース界きってのいじられキャラ」と言われている。

レース戦績[編集]

  • 1990年 - 全日本F3選手権(Daiichi Racing Team #34 Daiichi-RT33 トムス/ラルトRT33・トヨタ3S-G)
  • 1992年 - 全日本F3選手権(TEAM REGAL ACTIVE #90 リーガル RT35 無限/ラルトRT35・無限MF204)(シリーズ12位)
  • 1993年 - 全日本F3000選手権(NAKAJIMA PLANNING #15 PIAA REYNARD 93D/レイナード93D・無限MF308
  • 1994年
    • 全日本F3000選手権(NAKAJIMA PLANNING #15 PIAA REYNARD 94D/レイナード94D・無限MF308)
    • 鈴鹿1000km・GT-2クラス(NAKAJIMA PLANNING #99 POKKA NSX VTEC)
    • 十勝24時間レース・N1-2クラス(#24 フジテレビGO)(総合9位・クラス2位)
  • 1995年
  • 1996年
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TEAM BMB MINIJUKE #43 BMBミニジューク ポルシェ/ポルシェ911 カレラRS)(シリーズ23位)
    • N-1耐久・クラス3 <第6戦>(#36 フィールズツインカムインテグラ
    • N-1耐久・クラス4 <第1,3戦>(#67 ホンダプリモ海田withラムズ)→(#57 GIZA フアルケンシビック)<第4戦>
    • 鈴鹿1000km・S-GTクラス(#48 BMBミニジュークポルシェ)
  • 1997年
    • スーパー耐久・クラス3 <第2~3,7戦>(#7 とうようぐる〜ぷプレリュード
    • 鈴鹿1000km・GT1クラス(#39 サード MC897R)
    • 十勝24時間レース・N1-3クラス(#7 とうようぐる〜ぷプレリュード)(総合8位・クラス2位)
  • 1998年
    • 全日本GT選手権・GT500クラス <第1~3戦>(TEAM 5ZIGEN #5 5ZIGEN SUPRA/スープラ)(シリーズ13位)
    • スーパー耐久・クラス3(#7 とうようぐる〜ぷプレリュード)
    • 鈴鹿1000km・GT2クラス(#110 アビリティポルシェ993GT2)
    • 十勝24時間レース・SC3クラス(#7 とうようぐる〜ぷプレリュード)(総合10位・クラス3位)
  • 1999年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(#10 アビリティ・マリオポルシェ)(シリーズ31位)
    • スーパー耐久・クラス1(#1 日産アルティアGTRアドバン)
    • 鈴鹿1000km・GT500クラス(ABILITY #10 アビリティ・マリオMJポルシェ)
    • ル・マン富士1000km・LMGTSクラス(アビリティ・モータースポーツ #10 アビリティ・マリオポルシェ/ポルシェ911 GT2)
    • 十勝24時間レース・C-1クラス(#1 日産アルティアGTRアドバン)(総合19位・クラス4位)
  • 2000年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス (#10,#11 アビリティ・マリオポルシェ)(シリーズ10位)
    • スーパー耐久・クラス3(#7 アルゴラボプレリュード)
    • 鈴鹿1000km・GT300クラス(#10 アビリティ・マリオポルシェ)
  • 2001年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス <第5・6戦>(A&S RACING #901 K-STADIUM MT900R/モスラーMT900R)
    • スーパー耐久・クラス4(アルゴ研究所R.T #7 アルゴラボ.YH.S2000
    • 鈴鹿1000km・GT500クラス(JLOC #88 ノマドヒロトディアブロJGT1/ランボルギーニ ディアブロJGT-1
  • 2002年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(A&S RACING #5 BANPREST CAR倶楽部 マッハ号MT/モスラーMT900R)(シリーズ22位)
    • スーパー耐久・クラス4 <第6戦>(#8 ACID英進館YH S2000)(クラス2位)
    • 鈴鹿1000km・GT300クラス(#5 CAR倶楽部マッハ号MT900)
  • 2003年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(TEAM B-1 #5 BANPREST B-1 マッハ号GT320R/VEMAC RD320R)(シリーズ12位)
    • スーパー耐久・C-4クラス(#21 クムホ・エクスタ・S2000)
    • 鈴鹿1000km・GT500クラス(JLOC #88 ノマドディアブロJGT1)(総合8位・クラス5位)
  • 2004年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(TEAM マッハ #5 プロジェクトμB-1 マッハ号GT320R/VEMAC RD320R)(シリーズ10位)
    • スーパー耐久・C4クラス<第4,6戦>(#60 スクラロース S2000)
    • 十勝24時間レース・C3クラス(#27 FINA ADVAN M3(総合25位・クラス5位)
  • 2005年
    • SUPER GT・GT300クラス(JIM GAINER #10 マッハGO フェラーリダンロップ/フェラーリ・360モデナ)(シリーズ10位)
    • 鈴鹿1000km・GT500クラス(JLOC #88 JLOCムルシェRG-1)(総合19位・クラス3位)
  • 2006年
  • 2007年
    • SUPER GT・GT300クラス <第1~5,9戦>(JLOC #87 マルホン ムルシエRG-1/ランボルギーニ ムルシエラゴRG-1)(シリーズ19位)
    • ル・マン24時間レース・LM-GT1クラス(JLOC #53 JLOC Lamborghini MURCIELAGO RGT)
  • 2008年 - スーパー耐久・ST3クラス <第5戦>(#78 WW2 RX-7)(クラス7位)
  • 2009年 - スーパー耐久・ST3クラス <第6戦>(#78 WW2 RX-7)(クラス2位)
  • 2013年 - スーパー耐久・ST-4クラス(#49 ABARTH 695 ASSETTO CORSE)(シリーズ15位)
  • 2016年
    • スーパー耐久・ST-2クラス <第3-5戦>(#59 DAMD MOTUL ED WRX STI)(1勝)
    • インタープロトシリーズ・プロフェッショナルクラス (#50 人馬一体ドライビングアカデミー&KTS)(シリーズ8位)
  • 2017年 - グローバルMX-5カップ・ジャパン・グローバルクラス (HM RACERS #84 HIROSHIMA MAZDA MX-5)(シリーズ5位)
  • 2018年 - スーパー耐久・ST-3クラス(#15 岡部自動車 T-MAN Z34)

全日本F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1993年 NAKAJIMA PLANNING SUZ
Ret
FSW
14
MIN
10
SUZ
Ret
AUT
C
SUG
Ret
FSW
C
FSW
14
SUZ
13
FSW
15
SUZ
Ret
NC 0
1994年 SUZ
9
FSW
Ret
MIN
8
SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
11
SUZ
Ret
FSW
9
FSW
13
SUZ
Ret
NC 0

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1996年 TEAM BMB MINIJUKE ポルシェ・911 GT500 SUZ
Ret
FSW
12
SEN
13
MIN
8
SUG
13
MIN
Ret
 23位 3
1998年 TEAM 5ZIGEN トヨタ・スープラ GT500 SUZ
4
FSW
C
SEN
7
FSW TRM MIN SUG 13位 14
1999年 アビリティ・モータースポーツ ポルシェ・911 GT300 SUZ
DNS
FSW
10
SUG
9
MIN
Ret
FSW
15
TAI
12
TRM
10
28位 4
2000年 GT300 TRM
7
FSW
7
SUG
2
FSW
Ret
TAI
5
MIN
Ret
SUZ
8
10位 34
2001年 A&S RACING モスラー・MT900R GT300 TAI FSW SUG FSW TRM
Ret
SUZ
Ret
MIN NC 0
2002年 GT300 TAI
Ret
FSW
9
SUG
18
SEP
18
FSW
24
TRM
16
MIN
Ret
SUZ
13
22位 6
2003年 TEAM B1 ヴィーマック・320R GT300 TAI
9
FSW
9
SUG
2
FSW
19
FSW
7
TRM
Ret
AUT
6
SUZ
7
12位 34
2004年 TEAM MACH GT300 TAI
5
SUG
16
SEP
3
TOK
18
TRM
5
AUT
12
SUZ
12
10位 24
2005年 JIM GAINER フェラーリ・360モデナ GT300 OKA
13
FSW
17
SEP
Ret
SUG
10
TRM
5
FSW
Ret
AUT
19
SUZ
5
10位 14
2006年 JLOC ランボルギーニ・ムルシエラゴ RG-1 GT300 SUZ
1
OKA
6
FSW
Ret
SEP SUG
15
SUZ
Ret
TRM
Ret
AUT
8
FSW
5
11位 40
2007年 GT300 SUZ
12
OKA
4
FSW
9
SEP
7
SUG
DNS
SUZ TRM AUT FSW
15
19位 14

関連項目[編集]

外部リンク[編集]