根占献一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

根占 献一(ねじめ けんいち、1949年 - )は、日本ルネサンス文化史・思想史研究者。

学習院女子大学国際文化交流学部教授。熊本県立熊本高等学校早稲田大学第一文学部(西洋史)、早稲田大学大学院文学研究科修士課程を経て、同大学院同研究科博士課程満期退学。同大学、大学院では歴史家鈴木成高、ドイツ近代史家村岡晢、西欧中世史家野口洋二の指導を受ける。博士(文学。早稲田大学)。

江戸時代、系譜上、加治木島津家の配下にあった家門に属し、名字の本貫地が鹿児島県の史的地名(禰寝[根占] 旧根占町)に由来するため、その歴史にも取り組む。中世の豪族根占氏や根占氏直系で幕末・明治初頭の重要人物のひとり小松帯刀への関心はその一環である。

東西文化・思想交流の視点からイエズス会の布教活動に注目し、西欧のルネサンス概念を超える広がりをここに見ようとしている。[1]

受賞歴[編集]

業績[編集]

著作・論文執筆や翻訳などの学術中心の活動を展開。特に人文主義(ヒューマニズム)といわれるフマニタス研究に学問上の特色がある。[2]

主要著書[編集]

  • 『イタリア・ルネサンスの霊魂論』(編著・編訳 三元社
  • 『ロレンツォ・デ・メディチ - ルネサンス期フィレンツェ社会における個人の形成』(南窓社。マルコ・ポーロ賞受賞作品)
  • 『東西ルネサンスの邂逅 - 南蛮と禰寝氏の歴史的世界を求めて』(東信堂
  • 『フィレンツェ共和国のヒューマニスト - イタリア・ルネサンス研究(正)』(創文社
  • 『共和国のプラトン的世界 - イタリア・ルネサンス研究(続)』(創文社)
  • 『ルネサンス精神への旅』(創文社)
  • 『イタリアルネサンスとアジア日本 - ヒューマニズム・アリストテレス主義・プラトン主義』(知泉書館

翻訳(共訳)[編集]

  • クリステラー『イタリア・ルネサンスの哲学者』(伊藤博明らと共訳 みすず書房
  • カッシーラー『シンボルとスキエンティア』(根占献一序文 伊藤博明解説 ありな書房)
  • 『原典イタリア・ルネサンス人文主義』(池上俊一名古屋大学出版会
  • 『原典ルネサンス自然学』池上俊一編 名古屋大学出版会
  • ハービソン『キリスト教的学識者』(知泉書館

出典[編集]