栃木県道169号栗山日光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
栃木県道169号標識
栃木県道169号栗山日光線
路線延長 25.963 km
制定年 1972年栃木県認定
起点 栃木県日光市日陰字青柳
終点 栃木県日光市松原町
接続する
主な道路
記法
栃木県道23号川俣温泉川治線
Japanese National Route Sign 0119.svg国道119号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
霧降高原道路から望む女峰山(2010年8月)

栃木県道169号栗山日光線(とちぎけんどう169ごう くりやまにっこうせん)は、栃木県日光市栗山地区から日光地区に至る一般県道である。

概要[編集]

霧降高原を南北に縦断する道は霧降高原道路ともよばれ[1]、路線の一部16.26キロメートル (m)[要出典]は、かつては栃木県道路公社が管理する霧降高原有料道路という有料道路として供用されていたが、2006年平成18年)9月26日から無料開放された。日光市栗山地区(旧塩谷郡栗山村)と日光市日光地区市街を結ぶ生活道路として、また観光道路として建設された[2]

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

霧降高原道路の区間は、複合カーブが連続する山岳ワインディングロードで、もとは観光有料道路だったためルートは爽快に走れることから、ツーリングに訪れるライダーも多い[3]

旧霧降高原有料道路[編集]

霧降高原(きりふりこうげん)有料道路は、日光市の栃木県道245号栗山今市線交点から山麓に至る[4]かつての有料道路である。1976年昭和51年)9月26日に供用を開始[5]して栃木県道路公社が管理していたが、2006年平成18年)9月25日をもって30年の償還期間が終了[2]し、同年9月26日より無料開放された。

有料道路時代の通行料金[6]

  • 普通車:930円
  • 大型車(I):1,470円
  • 大型車(II):3,350円
  • 軽車両等:100円

道路施設[編集]

  • 六方沢橋(ろっぽうざわばし)
    日光市瀬尾地内の女峰山の中腹を流れる六方沢に架かる長さ320メートル (m) の逆ローゼアーチ橋。標高1434 mの位置にあり[7]、下の沢から橋桁までの高さは約130 mもある[1]。橋の両たもとには駐車場がある。

地理[編集]

日光連山にある女峰山の東斜面の高原地帯である霧降高原の中を走る観光道路で、高原の尾根伝いにワイディングロードが走る。高原頂部あたりにあるキスゲ平は、6月中旬から7月上旬ごろに高山植物のニッコウキスゲの花が咲き乱れる観光名所で知られる[1]。また春の新緑や、秋の紅葉の名所として知られる道路でもある[3]。六方沢橋から北部には大笹牧場があり、沿道には牧草地や白樺の林が広がる[1]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 須藤英一 2013, pp. 62–63.
  2. ^ a b 平成18年第284回(第1号)定例会-02月28日-02号:栃木県議会議事録
  3. ^ a b 中村淳一編 2018, p. 76.
  4. ^ 『スーパーマップル-関東道路地図』昭文社(2000年1月2版4刷)p. 171 ISBN 4-398-64121-1
  5. ^ 旧日光市歴史年表(昭和・平成)”. 日光市. 2012年10月27日閲覧。
  6. ^ 霧降高原有料道路”. 栃木県道路公社(インターネットアーカイブ2008年4月4日版)2012年10月27日閲覧。
  7. ^ 六方沢”. 日光旅ナビ(日光市観光協会公式サイト). 日光市観光協会. 2019年7月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 須藤英一『新・日本百名道』大泉書店、2013年。ISBN 978-4-278-04113-2
  • 『日本の絶景ロード100』中村淳一編、枻出版社、2018年4月20日。ISBN 978-4-7779-5088-1

関連項目[編集]